ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

専門家コラム:海外での実践的危機管理

日本企業を取り巻く環境が、非常に厳しいと言われ始めて、かなりの年月が経過しました。大手企業だけでなく、中小企業も含めた多くの日本企業が、活路を見出すべく、海外進出に余念がありません。それに伴って、海外で邦人が犯罪、感染症、事故、テロ、誘拐などの危険に遭遇する事案が増えています。
前シリーズ「お伽の国、日本からの旅立ち」では、私が経験した事例などを踏まえ、皆さまに平易な解説で、分かりやすく海外危機管理の考え方や実践的な対応を説明させていただきました。

今シリーズでは、世界有数の治安の良い国である、日本で育った私たちが、海外で遭遇する具体的なギャップを中心に、海外での安全な過ごし方を説明いたします。

本コラムが、読者の皆様の海外危機対応の一助になれば幸いです。

テーマ

【第11回】銃が在る風景(アメリカ)

第10回ページへ

日本では、街中で銃撃戦を目撃することは、殆どありません。たとえ酒場で喧嘩になっても、相手が拳銃を持っている確率は極めて低いため、射殺されるリスクを恐れずに対応することが可能です。しかし、海外には、銃器が市民社会に広く浸透している国があることを、常に意識しなければなりません。

続きを読む

【第10回】体育会系の駐在員(アメリカ)

第10回ページへ

最近は日本でも、職場でのパワハラが取り沙汰されるようになりました。仕事のミッション完遂に邁進するために部下にハッパをかけることは、日本ではよく見かける光景です。しかし、海外では大きな労務管理上の問題になることがあるので、十分な注意が必要です。

続きを読む

【第9回】詐欺師は演技派(オーストラリア)

第9回ページへ

日本で街を歩く際、あからさまなインチキ芝居に出くわすことは殆どありません。しかし、海外の経験豊かな犯罪者は一流俳優並みの演技で、私たちはすっかり騙されてしまいます。騙されないためにも、思慮深い思考を習慣付ける必要があります。

続きを読む

【第8回】強盗レストラン(ブラジル他)

第8回ページへ

日本のレストランで強盗被害に遭うことは殆どありませんが、治安の悪い国でプロの犯罪者からすれば、私たち日本人はよい「カモ」にしか見えないのです。突然のできごとにパニックになると、危険な状態に陥ることになりますので、警戒を怠ってはいけないのです。

続きを読む

【第7回】親は身近なボディガード(フィリピン他)

第7回ページへ

海外駐在生活は、帯同する家族にとっても生活の変化をもたらし、時には大きなストレスを与えることがあります。小さいお子様がいる家庭では、安全上の理由から常に親と一緒に行動せざるを得ない状況になりますが、実はそれはとても重要な安全行動なのです。

続きを読む

【第6回】路頭に迷った出張者(アフリカ)

第6回ページへ

日本の交通機関は、世界的にも信頼性が高く、職員の対応も親切です。しかしながら、海外では、空港でのロストバッケージや列車の運行遅延は付き物で、そうした時に路頭に迷うことがないように、不測の事態に備えて十分な準備と冷静な対処が必要です。

続きを読む

【第5回】親切な警告、暗殺予告(フィリピン他)

第5回ページへ

日本の会社員は、自ら部下を解雇することは殆どありません。それは、人事の専門分野です。しかし、途上国の事業所では、やむを得ず部下を解雇しなければならない場面に遭遇することがあります。また、部下が犯罪行為をする事案を経験することは、めったに無いため、対応を誤って危険なことになる場合があります。実際の事例を紹介し、適切な対応を解説します。

続きを読む

【第4回】自動車事故の二次災害(インド)

第4回ページへ

私たち日本人は、自動車事故を起こしてしまったら、警察・救急に通報し、然るべき誠実な対応をすべきだと思っています。しかし、その誠実さが裏目に出る国もあるということを解説します。

続きを読む

【第3回】価値観の尊重が大事(タイ ほか)

第3回ページへ

私たちが海外に渡航する際、現地の人々の文化的・宗教的な価値観の正しい理解・尊重は、危機管理上、非常に重要です。価値観の否定は、大きなトラブルになることがあり、「知らなかった」では済まされない事態になることがあります。異文化理解の重要性を、事例を挙げて解説します。

続きを読む

【第2回】食事に誘うのも一苦労(アメリカ)

第2回ページへ

日本では、近年、セクハラ・パワハラが問題になるケースが散見されるようになりました。人権意識が進んでいるアメリカでは、現地従業員との関係にも、注意しなければなりません。日本人の感覚では、まったく問題ないと感じることでも、とんでもない労務管理上のリスクが潜んでいることを解説します。

続きを読む

【第1回】私たちが暮らす日本は、どんな国?(日本)

第1回ページへ

海外渡航する前に知っておくべきことは、「自分自身」の安全に対する感覚です。日本は、他国比べて、どの程度の治安水準なのかを、客観的データなどを用いて解説します。また、水準の高い治安情勢で培われた日本人特有の誠実さが、海外では仇になる場合があることを示唆し、後続のコラムにつなげます。

続きを読む

筆者のご紹介

海外生活株式会社
山本 優

海外危機管理コンサルタント

関西の自動車部品メーカーで、メキシコおよびカナダ駐在を通じて、海外工場立上・運営と海外支店経営を経験。帰任後は海外人事で人事制度改善に従事した後、海外危機管理担当者として、海外危機管理の仕組み構築や特命事項に携わった。
現在は、海外危機管理コンサルタントとして活動すると同時に、中小企業の海外人事の相談に対応している。経理、生産計画、海外工場運営、海外営業、海外販売支店経営、人事・海外人事、海外危機管理という企業のさまざまな経営管理の経験に基づき、独自の視点でコンサルティングを行っている。

* コラムは筆者の個人的見解であり、日立システムズの公式見解を示すものではありません。

 

メールマガジン

最新のイベント情報、商品情報など、お役立ち情報をご紹介するメールマガジンをお送りしております。

メールマガジン登録

  • 日立システムズFacebook 公式アカウント
  • Webから直接、クラウドサービスの注文・導入ができるオープンクラウドマーケットプレース

データセンター紹介ページへ

データセンター紹介
ゆるぎない信頼のパートナー 日立のデータセンター

ハイパーダイヤの専用サイトを別ウィンドウで表示します。

交通のことならハイパーダイヤ
乗換案内・路線情報検索サイト。英語・中国語にも対応。

日立システムズの
Microsoftソリューション
Microsoftとの力強い協力体制で、お客さまのソリューションを支えます。

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。