ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

専門家コラム

職場のポジティブメンタルヘルス~健康増進と生産性向上の両立に向けて~
わが国では、「働き方改革」の名のもと、働き方の見直しが進められています。こうした変化の中でいきいきと働き続けるための鍵として、私たちのこころとからだの健康がこれまで以上に注目されるようになりました。
このコラムでは、働く人のメンタルヘルスをポジティブな側面からとらえ、健康の増進と生産性の向上に向けて、どのような工夫ができるのかを考えていきたいと思います。

働くモチベーションアップに繋がる職場コミュニケーションのポイント
職場におけるストレスの原因に人間関係があります。毎日顔を合わせる人とコミュニケーションがうまくとれず、誤解や摩擦を起こしてしまうと、仕事にも大きく影響することは言うまでもありません。職場でのコミュニケーションが円滑になれば、明るい気持ちで意欲的に仕事に取り組む環境が整い、働くモチベーションをアップすることに繋がります。本コラムでは6回にわたって、職場コミュニケーションのポイントについて、お伝えしていきます。

海外での実践的危機管理
今シリーズでは、世界有数の治安の良い国である、日本で育った私たちが、海外で遭遇する具体的なギャップを中心に、海外での安全な過ごし方を説明いたします。

伸びる企業は一味ちがう。目からウロコの「働き方改革」の旅
皆さん、こんにちは。場活師西村です。私はさまざまな企業現場を取材していますが、「生産性の高い企業には、ある一定の原則・要素がある」ように感じています。そこで今回のコラムでは「働き方改革」について、特に経営者や組織リーダーの皆さんに役立つ「働き方改革」のヒントをお届けできればと思っています。「働き方改革」が叫ばれて久しいですが、皆さんの職場ではどうでしょうか?一緒に考えてみませんか?

お伽の国、日本からの旅立ち
日本企業を取り巻く環境が、非常に厳しいと言われ始めて、かなりの年月が経過しました。大手企業だけでなく、中小零細企業も含めた多くの日本企業が、活路を見出すべく、海外進出に余念がありません。それに伴って、海外で邦人が犯罪、感染症、事故、テロ、誘拐など、の危険に遭遇する事案が増えています。本コラムでは、私が経験した事例などを踏まえ、皆さまに平易な解説で、分かり易く海外危機管理の考え方や実践的な対応を説明させていただきます。

人を活かす心理学ページへ

人を活かす心理学
昔は、心理学を勉強していると言うと「ほう、じゃあ私の心を読んでもらおうか」などと、からかわれたものです。心理学が普及してきた現在では、さすがにそうしたことはなくなるとともに、モチベーションや集団の心理、対人コミュニケーションなど、心理学的な問題に深い関心を寄せる人が、以前よりもずっと多くなっています。
心は目に見えないものですから、心理学では目に見える行動を通じてその働きに迫っていきます。本コラムでは、私たちが日常で体験する出来事を取り上げ、その背景にある心の働きを解き明かすことで、人を活かすヒントを探っていきたいと思います。

人とロボットの<楽しい>共生社会に向けて
ソフトバンクロボティクス社のPepperをはじめとしたコミュニケーションロボットの活躍の場が広がっています。しかし、人とロボットが共生するためには、まだ多くの課題があり、研究が続けられています。本コラムでは、雑談の研究を通じた、人とロボットの楽しいコミュニケーションについてご紹介します。

ロボティクスとIT業界の未来
産業分野に始まり、今後サービス分野において成長が見込まれるロボット。既にさまざまなロボットが出現し始めているが、将来的にIoTやAI分野と連携することで、本来以上の活躍が期待される。本コラムでは、ロボティクス産業の進化とIT業界の役割、双方の今後の可能性を語っていく。

非常識な人材育成の旅ページへ

非常識な人材育成の旅
皆さん、こんにちは。「場活師」西村です。私は、企業の人事部に所属しながら、職場や現場の活性化を実現する「場活師」としてさまざまな取り組みを行っています。本コラムでは、「非常識」な「現場事例」「意見」「視点」を切り口に、変化著しい環境下での人材育成のあり方に問題を提起したいと思っています。

ユーザーエクスペリエンスのトビラ3ページへ

ユーザーエクスペリエンスのトビラ3
UX(ユーザーエクスペリエンス)を黎明期から追いかけ続けてきた筆者は、昨年度の成長期を経て、いよいよ今年度は成熟期に入ろうとするUXの姿を再び追いかけることにした。
第3章では、UXの成熟期を見据え「より現場に即したUX」とは何か、もしくは「UXを通じて何が日頃の業務や事業全体に貢献するのか」といったことに焦点を絞り、言及してみたい。

ソーシャルメディアから読む消費者動向ページへ

ソーシャルメディアから読む消費者動向
本コラムでは、毎回テーマを設定し、ソーシャルメディアから消費者の方々の動向を調査・分析し、その結果から分かったことを簡易レポートとして皆さまにお届けいたします。
* 分析には当社のツール「ソーシャルデータ活用・分析サービス」を利用しています。

ユーザーエクスペリエンスのトビラ2ページへ

ユーザーエクスペリエンスのトビラ2
UXは、企業経営者や事業戦略立案者、マーケターにとっての重要なファクトにとどまらず、今やすべてのビジネスマンがこれを意識し、仕事に取り組む時代へと変化を遂げています。
本コラムでは、第二章として、UXの第二波を支える‘ES’を取り上げ、次の時代に向けたUXの方向性を論じていきます。

ビジネス健康放談ページへ

ビジネス健康放談 ~良食への道
「あなたはあなたが食べたもの以外からは何一つ創れない」
世界的に有名な栄養学者であるロジャー・ウィリアムス博士の言葉です。この「自分は食べたもので出来ている」との原則に立ち返り、食べるもの、食べ方、調理法を工夫することで、長く太く健康的なビジネスライフを過ごすことができるようなアイデアや情報などを、健康食について探究した著者自身の体験談をもとにお伝えしていきます。

組織力が蘇る、LEGO® SERIOUS PLAY という手法ページへ

組織力が蘇る、LEGO® SERIOUS PLAY という手法
「LEGO® SERIOUS PLAY とは、レゴ®ブロックを道具としてワークショップ形式で実施する、会議技法、コミュニケーション技法、問題解決技法です。参加者同士が、自らが創った三次元のモデルを通して、グループ討議や知識の共有、問題解決と意思決定を図ります。

椎川忍氏と行くページへ

椎川忍氏と行く
今回から「椎川忍氏と行く~ICTによる地域活性化の現場インタビュー~」を4回にわたりお届けします。地域活性化の第一人者である椎川忍氏と、地域づくりにおける課題やICT活用のポイントなどを取材しました。

リード・ナーチャリングがBtoB営業を進化させる!!ページへ

リード・ナーチャリングがBtoB営業を進化させる!!
リード・ナーチャリング(見込み顧客の育成・醸成)とは、インターネットや情報システムの仕組みを最大限に活用する営業手段です。国内市場が縮小していく中、既存の営業やマーケティング方法を見直し、Webサイトと顧客情報を有効活用した「営業イノベーション」を提案していきます。

東南アジアへの企業進出における問題点ページへ

東南アジアへの企業進出における問題点
日本国内の消費の縮小、および為替リスク回避のため、製造業が消費地、あるいは中間製造国に転出していく傾向が続いています。それに伴い、部品産業である中小企業もやむなく海外進出に踏み切ります。元々海外生活の経験が少なく、語学もおぼつかない善良なる中小企業がこうむるトラブル事例を何件か、筆者がJETROアドバイザーとして駐在したタイを例にして説明します。

ユーザーエクスペリエンスのトビラページへ

ユーザーエクスペリエンスのトビラ
UXは、経営者や事業企画者、マーケターなどもその価値を理解し発想を生かすべき領域です。
本コラムは、UXをさまざまな視点から掘り下げ、専門領域としてではなく、企業活動全般に必要な要素として捉えなおしていきます。

地方公共団体におけるICT部門業務継続計画(BCP)策定を考えるページへ

地方公共団体におけるICT部門業務継続計画(BCP)策定を考える
東日本大震災のあと、民間企業はもとより、地方公共団体においても業務継続の必要性が強く求められるようになりました。住民のため、そして行政のために、情報システムが常に役立ち続けるためには、一つでも多くの地方公共団体が早期にBCPを策定する必要があります。

BtoBインタラクティブマーケティングへのいざないページへ

BtoBインタラクティブマーケティングへのいざない
BtoB企業サイトは、従来の単なる情報提供から、最近は、いかにWebサイトを事業に活用し、売上に貢献できるかという議論に移行してきています。当社でWebマーケティングのコンサルティングを担当してきた鹿島泰介より、これからの企業サイト構築のポイントについてご紹介します。

インタラクティブマーケティング時代のWebとユーザビリティページへ

インタラクティブマーケティング時代のWebとユーザビリティ
インタラクティブマーケティングにおいて、ユーザーとインターネットの関係は良好ですが、企業とインターネットの関係は改善すべき課題が多いようです。本コラムでは、企業のマーケティングおよびインターネットの担当者に向けて、インタラクティブマーケティング時代に必要なユーザビリティなどの情報を、当社のWebマーケティング推進センタがご紹介します。

失敗事例から学ぶ基幹システム構築講座ページへ

失敗事例から学ぶ基幹システム構築講座
製造業や卸売業によくある失敗事例と、そこから学ぶ具体的な解決策を紹介します。情報システム部門や現場部門のユーザが知っておくべき基礎について、システムの企画から計画・調達、開発・運用まで、段階別にわかりやすく解説します。

飲食に関するホットな話題「フードビジネス短信」ページへ

飲食に関するホットな話題「フードビジネス短信」
フードビジネスコンサルタントの清水均氏による、飲食店・外食産業に関する話題をご紹介しています。
2011年度は、引き続き「フードサービスに関する役立つ話題・最新動向の短信」と、「今すぐ実践できる攻めの計数管理に関する短信」をお届けします!

IFRS適用の取り組みに関する最新情報ページへ

IFRS適用の取り組みに関する最新情報(2011年5月連載終了)
2010年3月期、日本でもIFRSが任意適用されました。現在も2012年の強制適用判断を待ち、情報収集を継続している企業も多いのではないでしょうか。今、企業に必要な情報は、あるべき姿や一般論ではなく、IFRS適用の取り組みに役に立つ情報です。本コラムでは、2011年から強制適用される韓国の先行状況や、IFRS制度対応とTCO最適化を同時に実現するための最新情報をご紹介します。

進化する企業サイト~お客さま視点に立ったWebサイトへの取り組み~ページへ

進化する企業サイト~お客さま視点に立ったWebサイトへの取り組み~(2011年1月連載終了)
BtoB企業サイトは、従来の単なる情報提供から、最近はいかにWebサイトを事業に活用し、売上に貢献できるかという議論に移行してきています。本コラムでは6回にわたり、当社でWebマーケティングのコンサルティングを担当してきた鹿島泰介より、これからの企業サイト構築のポイントについてご紹介します。

中堅・中小規模企業のBPMによる業務改革・改善ページへ

中堅・中小規模企業のBPMによる業務改革・改善(2010年12月連載終了)
中堅・中小規模企業の幹部の方々は、外部から「業務改革・改善」と言われ続けて意識はしているけれども、どこから手をつけてよいのかわからないのが実態です。そこで、過去20年間のお客さまの動向について、3回にわたり、ERPなどの導入の成功と失敗の話を交えながら、本来重要である「自ら考えなければならない着眼・始動」と、そこから、今後重要となる業務プロセスの可視化とモデリングの必要性についてご紹介します。

経営戦略としてのアウトソーシングページへ

経営戦略としてのアウトソーシング
ユーザー視点でシステム構築、運用を根本から変革する
(2008年8月連載終了)
最新ICT(※)環境でのアウトソーシングの必然性について、株式会社流通戦略総合研究所 代表取締役社長の岡積氏のコラムを掲載しています。
※ ICT:情報通信技術

ネット対談 最新Webマーケティングを探るページへ

ネット対談 最新Webマーケティングを探る
日立情報システムズの2008Webマーケティング
(2008年6月連載終了)
マーケティングコンサルタントの波多野氏が3回に渡り、Webマーケティングをテーマにネット対談を行います。

日立システムズではお客さまに、最新のセミナー・イベント情報や商品情報など、お役立ち情報をご紹介するメールマガジンをお送りしております。

メールマガジン登録

 

メールマガジン

最新のイベント情報、商品情報など、お役立ち情報をご紹介するメールマガジンをお送りしております。

メールマガジン登録

  • 日立システムズFacebook 公式アカウント
  • Webから直接、クラウドサービスの注文・導入ができるオープンクラウドマーケットプレース

データセンター紹介ページへ

データセンター紹介
ゆるぎない信頼のパートナー 日立のデータセンター

ハイパーダイヤの専用サイトを別ウィンドウで表示します。

交通のことならハイパーダイヤ
乗換案内・路線情報検索サイト。英語・中国語にも対応。

日立システムズの
Microsoftソリューション
Microsoftとの力強い協力体制で、お客さまのソリューションを支えます。

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。