ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

専門家コラム:グローバル最新AI事情

国連や米国競争力協議会などにおける政索提言で、AI、IoT、デジタライゼーション分野エバンジェリストとして活躍するマーク・ミネビッチ氏が、最新のAI事情として、定期レポートをお届けします。

テーマ

【第1回】責任あるAI

第1回ページへ

AIにはとてつもなく大きな可能性がありますが、最近の企業経営者たちは責任を議題にすることにメリットがあると考えています。現在のAIにはグローバルな問題を解決する能力があります。変化の激しいグローバルな課題への取り組みは、まさに、計り知れないAIの可能性を生かすチャンスであると言えます。私たちは、AIとデータの管理が5年後、10年後に影響を及ぼすという点を認識しておく必要があります。

続きを読む

筆者のご紹介

Mark D. Minevich

国連や米国競争力協議会などにおける政策提言アドバイザーとして、
テクノロジー、イノベーション分野で米国シンクタンクをリード。

現職

Going Global Ventures Inc. Founder and President (2014~)
米国競争力協議会(US Council on Competitiveness)シニアフェロー(2015~)
UN Office of Project Services (国連プロジェクトサービス機関)シニアアドバイザー(2016~)
B20(G20の諮問評議会)米国メンバー(2017~)

経歴

モントクレア州立大学1992卒(Computer Science)
スティーブンス工科大学 1997卒(MBA in Information Management)
IBM CTO/エグゼクティブ・コンサルタント/テクノロジーストラテジスト (1998-2004)
Deutsche Bank CTO向けアナリスト (2007)
Research Board, Gartner Company 戦略的コンサルタントアドバイザー (2009-2010)
Comtrade Group エグゼクティブボード (2011-2017)
ほか

* コラムは筆者の個人的見解であり、日立システムズの公式見解を示すものではありません。

 

メールマガジン

最新のイベント情報、商品情報など、お役立ち情報をご紹介するメールマガジンをお送りしております。

メールマガジン登録

  • 日立システムズFacebook 公式アカウント
  • Webから直接、クラウドサービスの注文・導入ができるオープンクラウドマーケットプレース

データセンター紹介ページへ

データセンター紹介
ゆるぎない信頼のパートナー 日立のデータセンター

ハイパーダイヤの専用サイトを別ウィンドウで表示します。

交通のことならハイパーダイヤ
乗換案内・路線情報検索サイト。英語・中国語にも対応。

日立システムズの
Microsoftソリューション
Microsoftとの力強い協力体制で、お客さまのソリューションを支えます。

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。