ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

アーカイブ

ユーザーエクスペリエンスのトビラ3ページへ

ユーザーエクスペリエンスのトビラ3
UX(ユーザーエクスペリエンス)を黎明期から追いかけ続けてきた筆者は、昨年度の成長期を経て、いよいよ今年度は成熟期に入ろうとするUXの姿を再び追いかけることにした。
第3章では、UXの成熟期を見据え「より現場に即したUX」とは何か、もしくは「UXを通じて何が日頃の業務や事業全体に貢献するのか」といったことに焦点を絞り、言及してみたい。

ユーザーエクスペリエンスのトビラ2ページへ

ユーザーエクスペリエンスのトビラ2
UXは、企業経営者や事業戦略立案者、マーケターにとっての重要なファクトにとどまらず、今やすべてのビジネスマンがこれを意識し、仕事に取り組む時代へと変化を遂げています。
本コラムでは、第二章として、UXの第二波を支える‘ES’を取り上げ、次の時代に向けたUXの方向性を論じていきます。

組織力が蘇る、LEGO® SERIOUS PLAY という手法ページへ

組織力が蘇る、LEGO® SERIOUS PLAY という手法
「LEGO® SERIOUS PLAY とは、レゴ®ブロックを道具としてワークショップ形式で実施する、会議技法、コミュニケーション技法、問題解決技法です。参加者同士が、自らが創った三次元のモデルを通して、グループ討議や知識の共有、問題解決と意思決定を図ります。

椎川忍氏と行くページへ

椎川忍氏と行く
今回から「椎川忍氏と行く~ICTによる地域活性化の現場インタビュー~」を4回にわたりお届けします。地域活性化の第一人者である椎川忍氏と、地域づくりにおける課題やICT活用のポイントなどを取材しました。

リード・ナーチャリングがBtoB営業を進化させる!!ページへ

リード・ナーチャリングがBtoB営業を進化させる!!
リード・ナーチャリング(見込み顧客の育成・醸成)とは、インターネットや情報システムの仕組みを最大限に活用する営業手段です。国内市場が縮小していく中、既存の営業やマーケティング方法を見直し、Webサイトと顧客情報を有効活用した「営業イノベーション」を提案していきます。

東南アジアへの企業進出における問題点ページへ

東南アジアへの企業進出における問題点
日本国内の消費の縮小、および為替リスク回避のため、製造業が消費地、あるいは中間製造国に転出していく傾向が続いています。それに伴い、部品産業である中小企業もやむなく海外進出に踏み切ります。元々海外生活の経験が少なく、語学もおぼつかない善良なる中小企業がこうむるトラブル事例を何件か、筆者がJETROアドバイザーとして駐在したタイを例にして説明します。

ユーザーエクスペリエンスのトビラページへ

ユーザーエクスペリエンスのトビラ
UXは、経営者や事業企画者、マーケターなどもその価値を理解し発想を生かすべき領域です。
本コラムは、UXをさまざまな視点から掘り下げ、専門領域としてではなく、企業活動全般に必要な要素として捉えなおしていきます。

地方公共団体におけるICT部門業務継続計画(BCP)策定を考えるページへ

地方公共団体におけるICT部門業務継続計画(BCP)策定を考える
東日本大震災のあと、民間企業はもとより、地方公共団体においても業務継続の必要性が強く求められるようになりました。住民のため、そして行政のために、情報システムが常に役立ち続けるためには、一つでも多くの地方公共団体が早期にBCPを策定する必要があります。

BtoBインタラクティブマーケティングへのいざないページへ

BtoBインタラクティブマーケティングへのいざない
BtoB企業サイトは、従来の単なる情報提供から、最近は、いかにWebサイトを事業に活用し、売上に貢献できるかという議論に移行してきています。当社でWebマーケティングのコンサルティングを担当してきた鹿島泰介より、これからの企業サイト構築のポイントについてご紹介します。

進化する企業サイト~お客さま視点に立ったWebサイトへの取り組み~ページへ

進化する企業サイト~お客さま視点に立ったWebサイトへの取り組み~(2011年1月連載終了)
BtoB企業サイトは、従来の単なる情報提供から、最近はいかにWebサイトを事業に活用し、売上に貢献できるかという議論に移行してきています。本コラムでは6回にわたり、当社でWebマーケティングのコンサルティングを担当してきた鹿島泰介より、これからの企業サイト構築のポイントについてご紹介します。

中堅・中小規模企業のBPMによる業務改革・改善ページへ

中堅・中小規模企業のBPMによる業務改革・改善(2010年12月連載終了)
中堅・中小規模企業の幹部の方々は、外部から「業務改革・改善」と言われ続けて意識はしているけれども、どこから手をつけてよいのかわからないのが実態です。そこで、過去20年間のお客さまの動向について、3回にわたり、ERPなどの導入の成功と失敗の話を交えながら、本来重要である「自ら考えなければならない着眼・始動」と、そこから、今後重要となる業務プロセスの可視化とモデリングの必要性についてご紹介します。

経営戦略としてのアウトソーシングページへ

経営戦略としてのアウトソーシング
ユーザー視点でシステム構築、運用を根本から変革する
(2008年8月連載終了)
最新ICT(※)環境でのアウトソーシングの必然性について、株式会社流通戦略総合研究所 代表取締役社長の岡積氏のコラムを掲載しています。
※ ICT:情報通信技術

建設業向け工事原価管理システム「Workspro」コラムページへ

建設業向け工事原価管理システム「Workspro」コラム
本コラムでは建設業界の抱える課題とその打開策について考えます。建設業界の動向を分析し、そこからみえてくる課題は何か?また、突破口となる対策案はあるのか?

ITの活用で働き方を変えるページへ

ITの活用で働き方を変える 総務部門主導で変革に取り組む
生産性向上や人材確保のための「ワークスタイル変革」の推進役として期待されている製品・サービスを重点的に拡充している。とりわけ人材の不足感が強いSMB向けの変革支援に力を入れているのだ。

花盛りの業種クラウド 規制や業種ニーズを取り込むページへ

花盛りの業種クラウド 規制や業種ニーズを取り込む
大手SIerなど、IT関連ベンダーが「業種クラウド」の深掘りに力を入れている。「自治体クラウド」や「金融クラウド」がその代表例だが、対象となる業種をさらに絞り込んだ製薬業向けに特化したクラウドサービスを開発するベンダーも出てきた。この背景には、汎用的なクラウドサービスになじまない業種のユーザーが、クラウド化の潮流から取り残されていることが挙げられる。

あらゆるERPは、ワンストップであるべき。日立システムズが、進化を追求する理由です。ページへ

クラウドに、体温を。 顧客を支える、日立システムズの情熱(2)
あらゆるERPは、ワンストップであるべき。日立システムズが、進化を追求する理由です。
絶対に失敗が許されないERPだからこそ、きめ細やかな対応を重視し、導入から運用、保守まで、ワンストップサービスでの提供にこだわってきたのが、日立システムズだ。ERPに携わり始めて以来、顧客のより幅広いニーズに応える姿勢を貫くことで、今ではAWS(Amazon Web Services)を使ったパブリッククラウドにも対応している。
日立システムズならではの「ERP on クラウド」、その進化をひも解く。

小売業向け「FutureStage 」の導入広がるページへ

小売業向け「FutureStage 」の導入広がる 
日立システムズの小売業向けシステム「FutureStage」は、量販店や専門店の本部業務から店舗・販売業務までの基幹業務をサポートし、日々の店舗情報の「見える化」も可能にする基幹業務システム。システムの立ち上げが早期に可能なため、導入の動きが広がっている。業務効率の向上や機会損失の防止など、現場と本部とを結ぶ大きな戦力になりそうだ。

お客さまと一緒に成長できるクラウドの提案こそが、日立システムズの使命です。ページへ

クラウドに、体温を。 顧客を支える、日立システムズの情熱(1)
お客さまと一緒に成長できるクラウドの提案こそが、日立システムズの使命です。
 
日立システムズは50年以上に及ぶITの経験、ノウハウを生かし、「お客さま視点」のクラウドサービスの提供をめざしている。それは単に課題を解決するだけでなく、顧客の変化に合わせてともに成長できるソリューション。
日立システムズならではのクラウドサービス、その魅力に迫る。

複雑な体系にも対応可能 中堅・中小規模企業向け基幹業務システムページへ

複雑な体系にも対応可能 中堅・中小規模企業向け基幹業務システム
~日立グループ3社のERPを統一、その狙いと目指すべき姿とは~
製造業や卸売業、商社などのさまざまな課題やニーズに応える機能を備え、業務の効率化を支援する基幹業務システム「FutureStage」。
日立グループ3社がERPを「FutureStage」として統合した背景には、中堅・中小規模企業のERPの導入手法が変化してきたことが挙げられる

ユーザーエクスペリエンスのチカラページへ

[連載]ユーザーエクスペリエンスのチカラ
最近よく目にするUX(ユーザーエクスペリエンス)というキーワード。技術的な用語として使われていたり、ユーザビリティと関連して用いられたり、はたまた顧客満足の文脈で語られたりと、今ひとつ正体がつかみきれない。そこで本企画では、UXに造詣の深い人物やUXを実践している担当者へのインタビューを通じ、さまざまな視点からUXのヒントを探っていく。

多様化するニーズに応えるコンタクトセンターサービスページへ

多様化するニーズに応えるコンタクトセンターサービス
~製品サポートから業務代行に至るまで、幅広く業務を支援~
企業のさまざまな業務をサポートするコンタクトセンターへのニーズは年々、多様化している。日立システムズでは長年培った経験を生かし、技術的な問い合わせへの対応を中心に、製品サポートから業務代行に至るまで、幅広く業務を支援する体制を整える。
また徹底した品質管理を行い、拡大・多様化するニーズにきめ細かく対応している。

在庫“起因”コストの見える化で最大の成果を出す法ページへ

在庫管理を制するものが市場を制す
在庫“起因”コストの見える化で最大の成果を出す法
製造業を取り巻く環境変化が激しさを増す中、競争力を強化するうえで、生産プロセスの“見える化”は喫緊の課題である。そこで、真っ先に着手すべきは、在庫の最適化とリードタイムの短縮化だ。生産管理システムの性能は日進月歩で向上しており、大きく変動する受注の波、短納期化、少量多品種化といった動きに対応したプロセス改革は効果が出やすい。

ここが知りたい! アジア進出事情ページへ

[連載]ここが知りたい! アジア進出事情
中国やアジアに進出にあたり検討すべき点とは?すでに海外進出を果たした企業の抱える悩みとは?企業が直面する課題と解決策についてご紹介します。

日立システムズとMicrosoft®の協業の取り組み 特別対談ページへ

[連載]日立システムズとMicrosoft®の協業の取り組み 特別対談
日立システムズとMicrosoft®の協業の取り組みについて、各製品分野担当者の特別対談でご紹介いたします。

オープンイノベーションサービスSmart Business Gatewayを本格展開ページへ

オープンイノベーションサービスSmart Business Gatewayを本格展開
日立システムズは、ビッグデータを活用したオープンイノベーションサービスを本格的に立ち上げる。ユーザー企業が保有するデータやソーシャルメディアなどを組み合わせたデータ活用・分析サービスなどを提供し、市場動向の把握や新商品、新サービスの創出、ビジネスマッチングを支援する。

スマホ・タブレットの大規模運用を失敗させない5つのポイントページへ

スマホ・タブレットの大規模運用を失敗させない5つのポイント
スマートデバイスの導入を本格化させる企業が増えている。一方、導入規模が大きくなると、運用時の課題も複雑になる。
ユーザー企業の導入現場から見えてきた、運用時のポイントを探る。

スマホ・タブレットの本格導入を失敗させない5つのチェックポイントページへ

スマートフォン・タブレットの本格導入を失敗させない5つのチェックポイント
スマートフォンやタブレットを本格導入する際に検討すべき課題とは何か。具体的な解決策とは。
ユーザー企業の生の声を基に、導入時に押さえておきたいポイントをまとめた。

<IT資産管理>端末環境の変化で新たなチャンス スマートデバイスやOS更新に対応ページへ

<IT資産管理>端末環境の変化で新たなチャンス スマートデバイスやOS更新に対応
当社は、「ビジネスサービス」と「ITサービス」を融合した新サービスの拡大を図っていく。第一弾として投入したのは「Make IT Simple(メイク アイティ シンプル) IT資産管理BPOサービス」で、今後も当社が開発する業務・業種アプリケーションにビジネスサービスを連動した商材づくりに力を入れる。

<スマートデバイス>SIビジネスに異変あり 「ビジネスサービス」の強化が不可欠にページへ

<スマートデバイス>SIビジネスに異変あり 「ビジネスサービス」の強化が不可欠に
当社は、スマートデバイスのキッティングサービス対応可能台数を、従来の5倍に相当する月1万台まで拡充した。今回の体制強化により、スマートデバイスのキッティング処理能力では国内ベンダーで有数の規模となり、業務にスマートデバイスを活用したいという企業のニーズに応える。

マンガで見る「中小企業のお悩み解決!」 ページへ

マンガで見る「中小企業のお悩み解決!」
中小企業のお悩みを、IT活用でずばっと解決!マンガでわかりやすくご紹介します。

世界のインダストリアルデザイナーページへ

世界のインダストリアルデザイナー
今回から3回にわたってマーケティング本部の鹿島が、日立製作所のデザイン本部在籍時にお付き合いした世界のトップレベルのインダストリアルデザイナーについて、業務直結というより、その人となりやデザイナーとしての心構えなどを中心に述べてみたい。

日立システムズではお客さまに、最新のセミナー・イベント情報や商品情報など、お役立ち情報をご紹介するメールマガジンをお送りしております。

メールマガジン登録

メールマガジン

最新のイベント情報、商品情報など、お役立ち情報をご紹介するメールマガジンをお送りしております。

メールマガジン登録

  • 日立システムズFacebook 公式アカウント
  • Webから直接、クラウドサービスの注文・導入ができるオープンクラウドマーケットプレース

データセンター紹介ページへ

データセンター紹介
ゆるぎない信頼のパートナー 日立のデータセンター

ハイパーダイヤの専用サイトを別ウィンドウで表示します。

交通のことならハイパーダイヤ
乗換案内・路線情報検索サイト。英語・中国語にも対応。

日立システムズの
Microsoftソリューション
Microsoftとの力強い協力体制で、お客さまのソリューションを支えます。

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。