ページの本文へ

Hitachi
お問い合わせお問い合わせ
株式会社 日立システムズ

ビジネスの未来を拓く 生成AIグローバルトレンド

本コラムではAI専門家であるマーク・ミネビッチ氏が、企業が生成AIを導入してこれまでにない水準の効率性、創造性、成長を実現するための、現実的かつ倫理的な方法を解説していきます。

テーマ

第3回:中堅・中小企業のための生成AI導入ガイド [前編:試験導入におけるユースケース選定のポイント]

第3回ページへ

「中堅・中小企業のための生成AI導入ガイド」と題して、中堅・中小企業が生成AIの導入を実現し、その真価を引き出すための手順について、前編・後編にわたり解説します。
前編の第3回では、試験導入を進めるにあたり最初の生成AIのユースケースをどのように選定すべきかについて解説します。

続きを読む

第2回:企業における生成AI導入ガイド

第2回ページへ

生成AIの最適なモデルの選定、成果の測定など、このテクノロジーの戦略的な導入に関して考慮すべき重要な点について詳しく説明します。

続きを読む

第1回:生成AIトレンドレポート ~生成AI急成長の理由と活用事例を探る~

第1回ページへ

イントロダクションとして、驚くべきスピードで進化と拡大を続ける生成AIの現状と将来性を概観したうえで、革新的な能力の発揮により、さまざま業界にイノベーションを起こしつつある生成AIの使用事例を紹介します。

筆者のご紹介

Mark D. Minevich

Going Global Venturesの社長兼創業パートナーであるマーク・ミネビッチ氏は、デジタルコグニティブAIストラテジスト、AI専門家、投資家、国連顧問でAIの提唱者です。また、国連機関と共にAI for Planet Allianceの執行委員会議長を務め、BootstrapLabsベンチャーキャピタルのシニアアドバイザーかつ、Artefactのエグゼクティブアドバイザーでもあります。氏は、米国、EU、南米、日本、湾岸諸国の公共部門、大手グローバル企業、ブランドに助言を提供しています。AI for Good Foundationの執行委員会委員長であり、「仕事の未来」に焦点を当てた先駆的な国家組織であるWorkingNationの執行委員会のメンバーでもあります。さらに、彼はワシントンDCの米国競争力評議会のシニアフェローも務めており、イノベーションの取り組みとAIの知識を、能力を増幅し、気候変動と社会的イノベーションのアジェンダにポジティブな影響を与えるために捧げており、その影響額は20億ドル以上に上ります。

* コラムは筆者の個人的見解であり、日立システムズの公式見解を示すものではありません。

 

メールマガジン

最新のイベント情報、商品情報など、お役立ち情報をご紹介するメールマガジンをお送りしております。

メールマガジン登録

  • 日立システムズFacebook 公式アカウント

データセンター紹介ページへ

データセンター紹介
ゆるぎない信頼のパートナー 日立のデータセンター

日立システムズの
Microsoftソリューション
Microsoftとの力強い協力体制で、お客さまのソリューションを支えます。

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。