ページの本文へ

Hitachi

日立システムズ 統合会計・人事/給与パッケージ SuperStream

お役立ちコラム

経理部門の業務に役立つ情報を定期配信しています。

令和元年税制改正による電子帳簿保存法_②
ペーパーレス化推進における重要な論点や進め方のポイント

令和元年税制改正による電子帳簿保存法_②ペーパーレス化推進における重要な論点や進め方のポイント

2020/2/4日更新 [NEW]
前回の記事では、電子帳簿保存法の令和元年の改正内容について、特にその中でもスキャナ保存制度における重要な改正ポイントについて解説した。今回は、法対応運用の導入を成功に導くためのポイントについて解説する。

詳しくはこちら

令和元年税制改正による電子帳簿保存法_①重要な改正ポイント

令和元年税制改正による電子帳簿保存法_①重要な改正ポイント

2020/1/24日更新
近年働き方改革の一環として注目されているペーパーレス化だが、令和元年も電子帳簿保存法における規制緩和が実施されたことにより、ますます推進する企業の増加が予想されている。本稿では、電子帳簿保存法の令和元年の改正内容のうち、スキャナ保存制度について、2回にわたって解説する。

詳しくはこちら

経理部門におけるRPAの効果を出すポイント_②導入効果を出す成功のポイント

経理部門におけるRPAの効果を出すポイント②_導入効果を出す成功のポイント

2019/12/04日更新
前稿では、RPAの導入を行ったものの、組織・業務・メンバースキル等の要因により工数削減や業務の標準化等の当初想定した効果が得られない要因について説明した。本稿では、それらを踏まえ、導入の効果を出す成功のポイントについて解説する。

詳しくはこちら

経理部門におけるRPAの効果を出すポイント_①RPA導入効果を出せない要因

経理部門におけるRPAの効果を出すポイント_①RPA導入効果を出せない要因

2019/11/06日更新
特に近年の経理部門は、将来的な労働人口の減少、経理部門の業務の増加を背景にして組織の在り方や構造の見直しに迫られている。本稿では、経理部門におけるRPA化の現状について、導入による効果が出せていないケースと成功に導くためのポイントについて、2回にわたって解説する。

詳しくはこちら

経理部門シェアード化の進め方_②経理業務シェアード化の導入ステップ

経理部門シェアード化の進め方_②経理業務シェアード化の導入ステップ

2019年10月04日更新
前回のコラムでは、経理業務シェアード化の現在の動向とパターンついて解説したが、本コラムでは具体的に導入のためのステップについて解説する。

詳しくはこちら

経理部門シェアード化の進め方_①経理業務シェアード化の動向とパターン

経理部門シェアード化の進め方_①経理業務シェアード化の動向とパターン

2019年09月11日更新
経営手法としては一般化されたシェアードサービスの中でも経理業務の最近の動向について解説する。特に近年の経理部門は、将来的な労働人口の減少、経理部門の業務の増加を背景にして組織の在り方や構造の見直しに迫られている。

詳しくはこちら

領収書・請求書電子化のメリットと導入ステップ_②電子化にあたっての検討ステップ

領収書・請求書電子化のメリットと導入ステップ_②電子化にあたっての検討ステップ

2019年08月26日更新
前回のコラムでは、領収書・請求書の電子化にあたっての動向と企業の具体的なメリットについて解説したが、本コラムでは具体的に検討のためのステップについて解説する。領収書・請求書電子化にあたっては、主に「業務プロセスの見直し」、「規程の見直し」、「システム対応」、「申請書類の準備」が必要となる。

詳しくはこちら

領収書・請求書電子化のメリットと導入ステップ_①電子化の動向と企業のメリット

領収書・請求書電子化のメリットと導入ステップ_①電子化の動向と企業のメリット

2019年08月05日更新
世の中の働き方改革の流れや電子帳簿保存法の要件緩和に伴い、企業が紙での保管が求められる領収書・請求書の電子化がより一層進んでいくことが予想されている。このような背景の中、領収書・請求書電子化における動向と企業におけるメリット、実際の電子化していくにあたってのステップを2回にわたって解説する。

詳しくはこちら

経理業務効率化のための自社データ等の整備_④リスク管理

経理業務効率化のための自社データ等の整備_④リスク管理

2019年05月08日更新
RPA導入により、従来には起こらなかった新たなリスクも生じることになる。例えば、会計関連システム以外のシステムから情報取得している状況において、他システムの改修の影響が財務経理部門に情報共有されておらず、PRAの設定変更が行われず、・・・・・・

詳しくはこちら

経理業務効率化のための自社データ等の整備_③ステップ後半

経理業務効率化のための自社データ等の整備_③ステップ後半

2019年04月10日更新
本稿ではその後実際のRPA化対象業務を選定し、シナリオ作成からその後の体制整備について解説する。(1)RPA作成体制の検討 RPAのシナリオ作成を具体的に進める前段階として、RPA作成の体制について事前に決定しておく必要がある。・・・・・・

詳しくはこちら

経理業務効率化のための自社データ等の整備_②ステップ前半

経理業務効率化のための自社データ等の整備_②ステップ前半

2019年03月06日更新
RPAの導入においては、(1)目的の整理と(2)RPAの活用に適する条件の整理を行っておくことが重要であると考えられる。目的の整理は、システム導入などでよくみられる失敗例として、システムをカットオーバーさせることが目的化してしまい、本来の目的である部門の生産性向上という本題が置き去りになってしまう・・・・・・

詳しくはこちら

経理業務効率化のための自社データ等の整備_①総論

経理業務効率化のための自社データ等の整備_①総論

2019年02月08日更新
将来的な労働人口の減少、経理部門の業務の増加を背景に財務経理部門の労働生産性の向上に、ITを活用していくための方法について解説する。ITの中でも特に、RPA(Robotic Process Automation)を用いて業務の生産性向上を図るための進め方、重視すべきポイントなどの論点について触れていき、・・・・・・

詳しくはこちら

新収益認識基準における契約結合の管理の進め方(第三回)

新収益認識基準における契約結合の管理の進め方(第三回)

2018年12月05日更新
現行業務フローとあるべき業務フローとの差異を把握したうえで、販売管理システムや会計システムで納品・サービス提供単位と売上計上データを別の単位で持つことの可否、請求済み未売上・入金済み未売上の管理の可否を検討する必要がある。また、システムで対応できない場合に、・・・・・・

詳しくはこちら

新収益認識基準における契約結合の管理の進め方(第二回)

新収益認識基準における契約結合の管理の進め方(第二回)

2018年11月05日更新
新収益認識基準は2021年4月1日以後開始する連結会計年度及び事業年度の期首から強制適用となる。そのため、その半年前までに業務・システム対応まで含めて準備が完了し、一定のトライアル期間を設けることが理想といえる。このトライアル実施に向けて影響調査、・・・・・・

詳しくはこちら

新収益認識基準における契約結合の管理の進め方(第一回)

新収益認識基準における契約結合の管理の進め方(第一回)

2018年10月09日更新
企業会計基準第29号「収益認識に関する会計基準」の5つのステップにおけるステップ1では、一定の要件を満たす契約を結合して会計処理することが求められている。本コラムでは、契約の結合が行われた際に実務上起こると考えられる運用上の課題や、本番適用までの検討プロジェクトの進め方・・・・・・

詳しくはこちら

RPAが実現する経理部門の「働き方改革」

RPAが実現する経理部門の「働き方改革」

2017年12月21日更新
「働き方改革」を強力に推進する1つの方法として、AIやロボットの活用により業務を自動化する取り組みRPA(Robotic Process Automation)が大きな注目を集めています。中でも、定型業務を自動化するロボットプログラムは、経理部や人事部、総務部などバックオフィス部門での利用が進んでいます。RPAが導入されることによって、・・・・・・

詳しくはこちら

今こそ「守りの経理」から「攻めの経理」への変革を

今こそ「守りの経理」から「攻めの経理」への変革を

2017年11月10日更新
財務諸表の作成にとどまらず、財務データの分析を通じて経営判断に必要な材料を提供し、経営に貢献する──。このような「攻めの経理」への変革が経理部門に求められて久しいです。しかし、恒常的な人手不足や経理業務の複雑化により、多くの経理部門が「守りの経理」に専念せざるを得ない状況になっています。この状況を打破する一つの方法が、・・・・・・

詳しくはこちら

知っていますか?「不適切会計」(後編)

知っていますか?「不適切会計」(後編)

2017年10月10日更新
本コラム(前編・後編)では、「不適切会計」について、経理部門・財務部門のみなさまが最低限知っておくべきポイントに絞って解説しています。前回コラムでは、不適切会計とは何か?発生状況の推移は?なぜ起きるのか?といった点について説明をしました。今回は、意図的な不適切会計が具体的にどのような手法によって行われるのか?また、それを防ぐには・・・・・・

詳しくはこちら

知っていますか?「不適切会計」(前編)

知っていますか?「不適切会計」(前編)

2017年08月16日更新
本コラム(前編・後編)では、昨今メディアで目にする機会の多い「不適切会計」について解説していきます。そもそも、不適切会計とは何か?それはなぜ起きるのか?防止する手段はあるのか?など、経理部門・財務部門のみなさまが最低限知っておくべきポイントに絞ってご説明していきます。不適切会計という言葉が一気に注目を集めたのは・・・・・・

詳しくはこちら

広がるクラウド“財務会計”の実力

広がるクラウド“財務会計”の実力

2017年04月11日更新
企業が決算処理を行うために必要となる財務会計システム。多くの企業で採用が進んでおり、一般的な税務処理だけでなく企業独自のセグメントで今の経営状況を把握し、経営判断に役立てるための重要な指標を導き出すための仕組みとしても大いに役立っている。最近では、・・・・・・

詳しくはこちら

2016年度版改正電子帳簿保存法、何が変わった?

2016年度版改正電子帳簿保存法、何が変わった?

2017年02月16日更新
財務会計の話題で今旬なのが、電子帳簿保存法における施行規則の改正だ(電子帳簿保存法そのものの改正ではない)。昨年に引き続き今年も新たに法律施行規則の改正が行われ、従来よりも領収書など証憑の電子化に・・・・・・

詳しくはこちら

SuperStreamをご検討のお客さまはこちら

  • 資料請求・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ(フリーダイヤル)0120-346-401 受付時間9時から17時(土・日・祝日は除く)

  • 商品をご検討のお客さまはこちら
  • 資料請求・お問い合わせ
  • お電話でのお問い合わせ(フリーダイヤル)0120-346-401 受付時間9時から17時(土・日・祝日は除く)
  • デジタル化に関する資料
  • 電子帳簿保存法に関する資料
  • 経理・財務部門におけるテレワーク導入のポイント
  • 基幹システムリプレースのIT投資評価に関する資料ダウンロード
  • RPA導入の手引きに関する資料ダウンロード
  • 経理部門向けお役立ちコラム
  • 2019年度「Promotion Award」受賞
  • IFRS(国際会計基準)について

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。