ページの本文へ

Hitachi

日立システムズ 統合会計・人事/給与パッケージ SuperStream

経理部門向けお役立ちコラム

経理部門の業務に役立つ情報を定期配信しています。

新収益認識基準における契約結合の管理の進め方(第一回)

新収益認識基準における契約結合の管理の進め方(第一回)

2018年10月09日更新 [NEW]
企業会計基準第29号「収益認識に関する会計基準」の5つのステップにおけるステップ1では、一定の要件を満たす契約を結合して会計処理することが求められている。本コラムでは、契約の結合が行われた際に実務上起こると考えられる運用上の課題や、本番適用までの検討プロジェクトの進め方・・・・・・

詳しくはこちら

効率的かつ効果的に「企業グループの経営管理」を行うには?

効率的かつ効果的に「企業グループの経営管理」を行うには?

2018年07月17日更新
企業グループの多角化や多国籍化が進展するに従い、親会社はグループ企業の管理により多くの時間と労力を割くことになります。効率的かつ効果的にグループ管理を行うにはどうしたらよいのでしょうか?本コラムでは、グループ経営管理を行う上での基本スタンスや手法について・・・・・・

詳しくはこちら

RPAは「経理・会計業務」をどう変えるのか?─経理・会計部門のRPA導入事例

RPAは「経理・会計業務」をどう変えるのか?─経理・会計部門のRPA導入事例

2018年06月13日更新
「自分の分身がいてくれたら」——忙しくてどうしようもない時や、気分が乗らないけれど締め切りが迫っている時、代わりにこの業務をやってくれる人がいたらどんなにラクだろうか……。誰もが一度は思うことを既に現実のものとしてくれるのが、ロボットによる業務自動化・・・・・・

詳しくはこちら

日米のRPAスタートアップCEOに聞く!「RPAの最新トレンド」

日米のRPAスタートアップCEOに聞く!「RPAの最新トレンド」

2018年05月16日更新
PCを利用した定型業務を自動化する「RPA(Robotic Process Automation)」の急速な普及が進んでいます。筆者が代表を務める株式会社アドライトは、この新たなイノベーションにいち早く注目し、RPA領域で活躍する起業家や技術者の方々との交流を深め、RPAの普及・啓蒙を目的とした・・・・・・

詳しくはこちら

グループ内経理規程・勘定科目の見直しのポイント(後編)

グループ内経理規程・勘定科目の見直しのポイント(後編)

2018年04月20日更新
前回(前編)は、グループ内の勘定科目や会計方針の統一化を目的としたグループ経理規程の策定・見直しのプロジェクトを進める上での、ポイントとして挙げた4つの事項のうち、「1. プロジェクトチームの結成と意識合わせ」の段階について述べました。今回(後編)は、その続きの「2. 策定・見直し時」と・・・・・・

詳しくはこちら

グループ内経理規程・勘定科目の見直しのポイント(前編)

グループ内経理規程・勘定科目の見直しのポイント(前編)

2018年03月08日更新
企業グループの多角化や多国籍化、また、企業を取り巻く経営環境も目まぐるしく変化し複雑化する中で、親会社が全てのグループ企業を管理することは時間や労力がかかり限界もあります。こうした背景から、グループ経理規程の策定・見直しを進める動きが注目されています。本コラム(前編・後編)では、・・・・・・

詳しくはこちら

RPAが実現する経理部門の「働き方改革」

RPAが実現する経理部門の「働き方改革」

2017年12月21日更新
「働き方改革」を強力に推進する1つの方法として、AIやロボットの活用により業務を自動化する取り組みRPA(Robotic Process Automation)が大きな注目を集めています。中でも、定型業務を自動化するロボットプログラムは、経理部や人事部、総務部などバックオフィス部門での利用が進んでいます。RPAが導入されることによって、・・・・・・

詳しくはこちら

今こそ「守りの経理」から「攻めの経理」への変革を

今こそ「守りの経理」から「攻めの経理」への変革を

2017年11月10日更新
財務諸表の作成にとどまらず、財務データの分析を通じて経営判断に必要な材料を提供し、経営に貢献する──。このような「攻めの経理」への変革が経理部門に求められて久しいです。しかし、恒常的な人手不足や経理業務の複雑化により、多くの経理部門が「守りの経理」に専念せざるを得ない状況になっています。この状況を打破する一つの方法が、・・・・・・

詳しくはこちら

知っていますか?「不適切会計」(後編)

知っていますか?「不適切会計」(後編)

2017年10月10日更新
本コラム(前編・後編)では、「不適切会計」について、経理部門・財務部門のみなさまが最低限知っておくべきポイントに絞って解説しています。前回コラムでは、不適切会計とは何か?発生状況の推移は?なぜ起きるのか?といった点について説明をしました。今回は、意図的な不適切会計が具体的にどのような手法によって行われるのか?また、それを防ぐには・・・・・・

詳しくはこちら

知っていますか?「不適切会計」(前編)

知っていますか?「不適切会計」(前編)

2017年08月16日更新
本コラム(前編・後編)では、昨今メディアで目にする機会の多い「不適切会計」について解説していきます。そもそも、不適切会計とは何か?それはなぜ起きるのか?防止する手段はあるのか?など、経理部門・財務部門のみなさまが最低限知っておくべきポイントに絞ってご説明していきます。不適切会計という言葉が一気に注目を集めたのは・・・・・・

詳しくはこちら

経理部門も知っておくべき「プロジェクトの経済的評価手法」(後編)

経理部門も知っておくべき「プロジェクトの経済的評価手法」(後編)

2017年06月15日更新
本コラムでは、経理部門や財務部門の皆さまが知っておくべきプロジェクトの基礎から上級まで解説しています。前回(前編)ではプロジェクトの基礎について解説をしました。今回(後編)は本題である「プロジェクトの収益性判断の方法」についてご紹介をします。前回コラムで、プロジェクトの成功と失敗は・・・・・・

詳しくはこちら

経理部門も知っておくべき「プロジェクトの経済的評価手法」(前編)

経理部門も知っておくべき「プロジェクトの経済的評価手法」(前編)

2017年05月22日更新
本コラム(前編・後編)では、経理部門や財務部門の皆さまが知っておくべきプロジェクトの基礎から上級まで解説していきます。プロジェクトは、その推進主体となる事業部門から提示される見通しをもとに、経営層だけの判断で進められることも多いですが、経理部門・財務部門からの・・・・・・

詳しくはこちら

広がるクラウド“財務会計”の実力

広がるクラウド“財務会計”の実力

2017年04月11日更新
企業が決算処理を行うために必要となる財務会計システム。多くの企業で採用が進んでおり、一般的な税務処理だけでなく企業独自のセグメントで今の経営状況を把握し、経営判断に役立てるための重要な指標を導き出すための仕組みとしても大いに役立っている。最近では、・・・・・・

詳しくはこちら

2016年度版改正電子帳簿保存法、何が変わった?

2016年度版改正電子帳簿保存法、何が変わった?

2017年02月16日更新
財務会計の話題で今旬なのが、電子帳簿保存法における施行規則の改正だ(電子帳簿保存法そのものの改正ではない)。昨年に引き続き今年も新たに法律施行規則の改正が行われ、従来よりも領収書など証憑の電子化に・・・・・・

詳しくはこちら

予算実績管理と会計システム(求められる運用体制)

予算実績管理と会計システム(求められる運用体制)

2017年01月11日更新
今回は、会社における予算実績比較の手法の概要と、会計システムを含む運用のための体制についてです。まず、予算実績比較とは、当初立てた予算に対して実績値と比較を行う、管理会計上の手法になります。大きく見ると、・・・・・・

詳しくはこちら

経営に活かす計数管理とは(管理会計導入のポイント)

経営に活かす計数管理とは(管理会計導入のポイント)

2016年12月09日更新
本コラムでは、今回は経営に活かす計数管理というテーマで、どのような仕組みを社内に導入・運用すべきかを考えてみます。企業経営を数字を使って把握・管理する際に用いられる会計の考え方として、目的によって例えば財務会計と管理会計という二種類に大別することができます。・・・・・・

詳しくはこちら

会計システム導入前になすべき4つのこと (後編)

会計システム導入前になすべき4つのこと (後編)

2016年11月02日更新
本コラム(後編)では、会計システムを刷新する前になすべき4つの事項の第三ステップ、第四ステップについて述べていきます。第三ステップでは、次期会計システムに求める仕様、すなわち要求事項をとりまとめます。とりまとめた要求事項を提案依頼書としてシステム提供会社に提示し、見積もりを含む提案を依頼する流れになります。ここでは、要求事項がいかに自社の“要望”を・・・・・・

詳しくはこちら

会計システム導入前になすべき4つのこと (前編)

会計システム導入前になすべき4つのこと (前編)

2016年10月07日更新
本コラム(前編・後編)では、会計システムの刷新を予定している皆さまに向けて、会計システムを刷新する前になすべき4つの事項について述べていきます。何から手をつけようか悩まれている方、あるいは既にプロジェクトを立上げられた方も、本コラムを参考に今後のプロジェクトを円滑に進めていただけたら幸いです。
会計システムを導入する前になすべきことは次の4点です。「プロジェクトを立上げ、コンセプトを決める」「自社の状況を整理する」「・・・・・・

詳しくはこちら

SuperStreamをご検討のお客さまはこちら

  • 資料請求・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ(フリーダイヤル)0120-346-401 受付時間9時から17時(土・日・祝日は除く)

SuperStream-NX移行サービス

お役立ち資料ダウンロード

経理部門向けお役立ちコラム

2017年度「Product Award」受賞

IFRS(国際会計基準)について

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。