ページの本文へ

Hitachi

日立システムズ 統合会計・人事/給与パッケージ SuperStream

お役立ち資料

経理部門・人事部門の業務に役立つ資料を無料でダウンロードできます。

※お申し込み返信メールにてダウンロードページをご案内します。

電子帳簿保存法に関する資料②

タイトル 電子帳簿保存法の令和4年1月改正の解説
対象 経理・財務部門の方で、電子帳簿保存法に課題・興味をお持ちの方
概要 電帳法の施行当初は企業が導入するための要件が厳しい等の障害がありましたが、電帳法は年々企業の実態に即し、改正がなされているため、徐々にその要件としてのハードルが低くなりつつあります。今回は、令和4年1月の改正で電帳法の要件が大幅に緩和されるため、要件の変更ポイントを中心に解説していきます。
掲載 2021年11月

デジタル化に関する資料

タイトル 経理・財務部門のデジタル化にどう取り組むか
対象 経理・財務部門の方で、経理・財務部門のデジタル化に興味をお持ちの方
概要 経理・財務部門のDX とはどういった姿であるべきか、経理・財務部門が企業価値の向上にどのように関与していくべきか、経理・財務部門のデジタル化に取り組むうえで、経理・財務部門が日ごろから抱える業務効率化・標準化という課題に対して、どのようなアプローチで着手し、進めていくべきかのステップと各場面における方法を解説します。
掲載 2021年3月

電子帳簿保存法に関する資料

タイトル 令和4年度改正後の電子帳簿保存法対応の姿と実務上の論点
対象 経理・財務部門の方で、電子帳簿保存法に課題・興味をお持ちの方
概要 電帳法の施行当初は企業が導入するには要件が厳しい等の障害があったが、年々企業の実態に即し、改正がなされているため、徐々にその要件のハードルが低くなりつつある。本稿では、電帳法を導入する際に企業や担当者が具体的に何をすべきなのか、どのような点に注意すべきなのかといった実務上の論点を解説します。
掲載 2021年3月

テレワーク導入に関する資料

タイトル 経理・財務部門におけるテレワーク導入のポイント
対象 経理・財務部門の方で、テレワーク実施に課題をお持ちの方
概要 経理・財務部門では業務の性質上、在宅勤務を中心としたテレワークの実施が困難といわれています。本稿では、経理・財務部門におけるテレワーク実施の課題と対策のポイントについて解説しています。
掲載 2020年11月

IT投資評価に関する資料

タイトル 基幹システムリプレースのIT投資評価について
対象 基幹システムのリプレースを検討されている方
IT投資の評価に興味をお持ちの方
概要 基幹システムのリプレースは企業にとって多額のIT投資を伴います。そのため、IT投資に対する効果の検討やマネジメントへの説明が重要になってきます。本書では、基幹システムのリプレースの際のIT投資の評価のポイントについて解説しています。
掲載 2020年9月

SuperStreamをご検討のお客さまはこちら

  • 資料請求・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ(フリーダイヤル)0120-346-401 受付時間9時から17時(土・日・祝日は除く)

  • 商品をご検討のお客さまはこちら
  • 資料請求・お問い合わせ
  • お電話でのお問い合わせ(フリーダイヤル)0120-346-401 受付時間9時から17時(土・日・祝日は除く)
  • 電子帳簿保存法に関する資料2
  • デジタル化に関する資料
  • 電子帳簿保存法に関する資料
  • 経理・財務部門におけるテレワーク導入のポイント
  • 基幹システムリプレースのIT投資評価に関する資料ダウンロード
  • 経理部門向けお役立ちコラム
  • 2019年度「Promotion Award」受賞

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。