ページの本文へ

Hitachi
お問い合わせお問い合わせ

小売業の皆さま こんなお悩みを抱えていませんか?

人手不足だけど、特売品、シーズン品、惣菜などは自動発注出来ていない
「欠品防止」「在庫削減」のバランスが難しい
商品改廃や物流も見直したい
  • 在庫管理の改善

    欠品を減らして売り上げ増加、廃棄/返品を抑えコスト削減したい

  • 店舗の発注業務

    発注時間や回数を減らし、品出し・売場に専念したい

  • 店舗売り場づくり

    「売れる数」を把握し、売場の演出を改善したい

そのお悩み、日立システムズが解決します!

需要予測型自動発注システムは、小売業における悩みの種であるMD業務・発注業務の改善・在庫最適化を実現するためのソリューションです。

小売業中心となりますが、卸売業・製造業へも導入可能

DX(デジタルトランスフォーメーション)が潮流となり、企業収益を左右するのはいかに精度の高いAIを使いこなせるかに かかっています。
本ソリューションでは、スーパー・ドラッグストア・ホームセンターなどの流通業・小売量販店に特化した精度の高い販売予測モデルと在庫管理パラメーターを用いています。
天候や特売(売価変動)、ポイントなどの様々な変動要素を加味した精度の高い需要予測が可能になります。
日配品や惣菜など足の短い商品、特売の他、シーズン品の売り出しや終売時についても自動発注化が可能であり、「販売期間(賞味期限等)により処分する」廃棄ロスと、「売切れたけどもっと販売出来た」欠品時の機会損失の トレードオフを解消いたします。

自動発注化しながら、
在庫削減と機械損失抑制を実現

需要予測型自動発注システムで解決!

  • 最適発注量が自動生成され、発注業務の負担が軽くなる!
  • 『欠品防止』と『在庫削減』を両立する!
  • シーズン品、特売品、総菜まで対象となり、自動発注率UP!

また、日々メンテナンスが必要なパラメーターも少ないため、店舗での発注業務の自動化だけでなく、本部でのシステム運用の負担も軽減します。

需要予測・自動発注を起点として、店舗や本部の意思入れを行うシーンはアイデアを働かせ、統計やシステムが得意な分野はAIを活用する、デジタル型のMDへの転換を支援いたします。

導入期待効果-店舗全体の業務負荷軽減-

幅広いカテゴリや非定番品も含めた自動発注化により発注業務負荷が低減し、店舗業務にて売場づくり・来店客へのコミュニケーション等に注力できるようになります。

導入期待効果-店舗全体の業務負荷軽減-

主要機能

  • 日別店別単品別の最適在庫数の算出
  • 新商品も含めた需要予測機能の構築
  • 陳列数の拡大/縮小の最適化を起案
  • シーズン商品の売り減らしを自動化
  • 見切り予測を考慮した基準在庫計算

ご利用イメージ

ご利用イメージ
最適な在庫数量を実現することでMD業務のDXを実現していきます。

将来の活用 ー物流効率の改善ー

需要予測データは店舗バックヤードやDC(在庫センタ)の効率改善にも活用できます。
曜日で納品量が変動する商品を前倒し納品することで、店舗の負担軽減および人員配置の平準化が可能となります。
発注や店舗在庫管理を始めとするMD業務に加え、サプライチェーンでの在庫最適化や「物流DX」にも貢献します。

小売業向けソリューションをご検討のお客さまはこちら

お問い合わせ・資料請求フリーダイアル 0120-346-401 9:00~17:00(土・日・祝日は除く)

記載されている会社名、製品名はそれぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。