ページの本文へ

Hitachi

日立システムズ 福祉の森

予定と実績を一覧で入力できますので、利用者様の出欠状況がひと目でわかります。バイタル記録や対応記録、業務日誌などの記録業務も充実しています。

こんなことでお悩みではありませんか?

その悩み、日立システムズが解決します!

モニタリング機能がありませんでした。

モニタリング機能を搭載しています。作成済みの個別援助計画を参照しながら、簡単にモニタリングを記録することができます。

利用者さんのデイサービスでの様子をスタッフ全員で共有したい。

日々のサービス内容から利用者さんの今日の様子などをフリーに入力することができる記録表をご用意いたします。また、訪問介護や居宅介護支援事業所で入力された記録を参照できる機能を使って、他のサービスでの利用者さんの様子も正確に把握でき、次回の担当者会議等に役立てることができるようになります。

ご家族へは手書き作成した連絡表を使って報告していました。

連絡表をシステムに入力すると、記録表にも同じ内容が反映されます。これにより、無駄な二重入力がなくなり時間を軽減することができます。

ケアマネージャーとの情報連携をスムーズに行いたい。

サービスの予定・実績のデータ連動は今や当たり前。ケアマネージャーが作成した居宅サービス計画書の情報を活用して通所介護計画書を簡単に作成することができます。また、居宅介護支援経過を参照できることができるので、日々変更となる利用者さんのニーズ、ケアマネージャーの方針をリアルタイムに把握することができます。

利用者さんへの請求を自動引落にしたいと考えています。

「福祉の森」には従来の“全銀交換ファイル作成システム”が標準搭載されますので、「福祉の森」にお入れ替えいただいた全てのお客さまで自動引落ができるようになります。

その悩み、日立システムズが解決します!

商品の特長

簡単な日々の業務

サービスの予定状況をボタン一つで切り替えることにより、実績に変更することができ、集計が簡単にできます。連絡票の入力した内容を対応記録、業務日誌への連携する機能もあり、入力した情報を無駄にしません。

Excel出力による情報の再編集

通所介護/通所リハビリシステムで入力した情報をExcelで出力し、再編集できる機能をご用意しています。CSV出力と違い、あらかじめ用意した雛型に欲しい情報を出力できますので、使い勝手がよい帳票を作ることができます。

※Excel出力で作成されたデータを編集するためには、クライアントパソコン側にMicrosoft Excelがインストールされていることが前提となります。

居宅支援事業者や他のサービス事業者との様々な連携

居宅サービス計画書1、2の情報を個別援助計画書に取り込む機能や、居宅介護支援経過と対応記録(サービス事業者用の記録)の情報共有により、最新の情報を連携できます。また、統合請求の標準対応により、複数事業所を経営されている大規模法人さまでも事務処理負担が軽減されます。

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。