ページの本文へ

Hitachi

日立システムズ 福祉の森

介護予防プランを始めとする、地域包括支援センターの全ての業務を一つのシステムでサポート!

「地域包括ケアシステム」は平成18年4月の介護保険法の改正に伴い創設された地域包括支援センターの業務を支援するシステムです。
介護予防プランを始め、総合相談、特定高齢者把握、ケアマネージャー支援など、ほぼすべての業務を一元管理できるのはもちろん、分散した各センターを広域ネットワークで結んで情報共有する運用も可能です。
また、自治体システムと利用者情報を連動したり※1、委託先居宅介護支援事業者と情報連動する※2ことにより、業務効率をアップすることができます。

商品の特長

便利な利用者選択表示をご用意

どの画面でも利用者選択表示画面を呼び出せます。同じ業務を利用者を変えて行いたいとき、メインメニューに戻らなくても、他の利用者の画面に切り替えることができますので便利です。

細かいセキュリティ設定で安心

センターごと、職員ごと、画面ごとに編集可能・参照のみ・不可などの権限を設定できます。
また、臨時職員には一時的に特定の利用者情報を参照可能にします。

幅広い業務の省力化

利用者情報管理、総合相談管理、ケアマネージャー支援など、一連の事務処理の省力化が図れます。

他システムとの連携機能

標準連動:基本チェックリストデータ取込(25項目の健診結果・医師の診断結果情報)※1
連動A:自治体介護保険システムからのデータ取込(被保険者証台帳・受給者証台帳・NCI251)※1
連動B:当社システムの介護予防サービス計画書情報・請求情報取込(介護予防サービス計画書・給付管理票・レセプト)※2

便利&豊富な機能

  1. コンピュータに不慣れな方でも、画面を見ながらマウスで項目を選択することにより、アセスメントからケアプランまで作成することができます。
  2. 利用者情報管理、介護予防プラン作成(A3版/A4版※3)、サービス提供票作成、給付管理・介護予防報酬請求書の作成が可能な「介護予防ケアマネジメントシステム」をご提案できます。

※1 連動には当社提示の指定のフォーマットでデータをご用意いただくことが条件となります。
※2 介護予防プランを連動するためには Microsoft ® Excel 2007 以上が必要です。
※3 A3版(厚生労働省書式準拠)、A4版(東京都版準拠)を併用する場合、別途費用がかかります。

システムの流れ

利用者管理

  • 利用者情報登録
  • 実態把握票登録
  • 基本チェックリスト
  • 利用状況登録

総合相談管理

  • 相談受付(主訴登録)
  • 相談内容登録
  • サービスつなぎ先登録
  • 相談事例登録

介護予防・特定高齢者プラン

  • アセスメント
  • 介護予防プラン作成
  • サービス提供票作成
  • 給付管理・レセプト作成

その他の機能

  • 自治体システムとの連動
  • 委託先管理(居宅の管理)
  • ケアマネージャー支援
  • 各種統計

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。