ページの本文へ

Hitachi

日立システムズ 福祉の森

居宅介護支援事業者様の業務を効率化

実際の業務・運用を踏まえて、ケアマネージャ様が効率よく業務を行える機能をご提供します。

こんなことでお悩みではありませんか?

その悩み、日立システムズが解決します!

アセスメントの入力を省略してサービス計画書をつくりたい。

サービス利用者やご家族に対して早急に提示/説明が必要となるケアプラン(サービス計画書)がアセスメントを省略しても作成できます。ケアプランの内容は、ほとんどの項目が選択方式で簡単にすばやく作成可能です

サービス利用者の継続的なケアで重要となる、支援経過の情報を効率良く管理したい。

支援経過の情報をサービス利用者ごとに一元管理し、居宅介護支援事業者で作成した支援経過の情報は居宅サービス事業者と連携が可能です。また、居宅サービス事業者で登録した情報は、開示有と設定されたものは参照することが可能です。

ケアプランの情報(課題や目標、サービス内容など)を、紙に印刷して居宅サービス事業者に渡しているが、手間がかかるのでもっと効率良く連携したい。

居宅介護支援事業者で作成したケアプラン(サービス計画書)の情報が、居宅サービス事業者の個別援助計画書の情報に連携できます。

サービス利用者宅をどのケアマネジャーがいつ何の件で訪問したかを管理したい。

サービス利用者宅の訪問情報(訪問日、時間帯、訪問者、状況、概要、詳細内容、備考)を管理できます。作成時には前回情報のコピーが可能です。訪問情報は画面上で利用者単位に訪問日、訪問者、状況などで並び替えができます。

要支援者が区分変更により要介護者になった場合、システムへの登録が大変でした。

福祉の森は、予防支援のシステムもひとつの製品に統合されています。操作性も統一されており、要介護度の変更などにも柔軟に対応できるようになります。

担当するサービス利用者が多いため、ケアプランの作成状況(進捗)を把握するのが大変でした。

担当利用者単位に、アセスメント、居宅訪問情報、利用票などの登録状態を参照することが可能です。また、サービス利用者の検索機能も充実しました。

居宅サービス計画の同意書をWordやExcelで作成しています。

居宅サービス計画の同意書をシステムで登録/管理が可能です。もちろん印刷も可能です。

その悩み、日立システムズが解決します!

商品の特長

作業状態のステータス管理が容易

サービス利用者毎に各業務の作成日やデータの状況を管理することにより、サービス利用者を「サービス計画を○月○日以前に作成したサービス利用者」などで検索する事ができます。

行いたい業務をすぐに実行可能

アセスメントを行わなくても、サービス計画や利用票が作成できるなど、柔軟な運用を行えるシステムになっています。

複数のアセスメントを選択可能

お客さまの運用に合わせて、居宅サービス計画ガイドライン(星座理論分析機能つき)、居宅サービス計画ガイドライン、MDS-HC、包括的自立支援プログラムからアセスメントを選択できます。

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。