ページの本文へ

Hitachi
お問い合わせお問い合わせ

福祉の森とは

介護・福祉スタッフの事務処理など生産性向上を支援するシステムです。

コンセプトCONCEPT

「福祉の森」は高齢者や障がい者をはじめ、さまざまな人々の生活を支えている介護施設・障がい者支援施設事業者さまの事務処理や介護・福祉スタッフの作業を支援する業務管理システムです。
ケアプラン作成や請求業務など、膨大な業務を簡単操作で軽減し、また、担当者間の引き継ぎ業務などリアルタイムに情報共有できるなど作業を効率化できます。さらに日立システムズの持つ介護施設、障がい者支援施設向けの関連サービスと連携することで入居者のケアとサービス向上により一層力を注ぐことができます。

「福祉の森」ご紹介動画MOVIE

特長FEATURES

1. 入居者のケアとサービス向上に貢献する豊富な連携システム

ケアプラン作成やベッド管理、ケース記録や支援費請求などのスタッフ向けの業務支援システムから、IoTセンサーで入居者の安全を守る「見守りシステム」、介助ロボットの提供、地域包括ケアシステムなど40を超える関連サービスから、お客さまの幅広いニーズにお応えすることが可能です。

入居者のケアとサービス向上に貢献する豊富な連携システム

2. 入居者情報の管理や共有がスムーズ

各居室の情報などは、スタッフルーム備え付けのPCやタブレット端末、スマートフォンなどにリアルタイムに表示されます。担当者間の引き継ぎ業務などがスムーズに行えます。IoTセンサーで入居者の安全を守る「見守りシステム」と連携することで、入居者の異常を即時キャッチすることも可能です。

3. 福祉の森タブレット

持ち運びに便利なタブレット端末に対応しています。現場で画面にタッチしながら、看護介護記録やサービス内容の確認が行えます。電子化は、記録忘れの低減、記録の申し送りの簡略化、確認時間の効率化や記録用紙からの転記時間の省力化を促進します。

4. 専門スタッフが親切にわかりやすく対応

お客さまがシステムを導入した後のアフターフォローについて介護・福祉スタッフに安心いただくために、ヘルプデスクサービス、リモート保守サービス、現地対応サービスなど豊富なサポートプランをご用意しております。(なお、各種サポートサービスは保守契約を結んでいただく必要があります。)

サポート体制

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。