ページの本文へ

Hitachi
お問い合わせお問い合わせ

正確な在庫管理と需要を見越した
発注が在庫最適化のカギ

欠品による機会損失を防ぐためには在庫をリアルタイムで把握し、必要な商品を発注するコトが大切です。一方で、売上、顧客データを分析することで、店舗特性、季節変動による需要変化を予測し、過剰在庫や欠品を防ぎ、コストの低減、売上拡大を図っていく必要があります。
「必要なものを必要なときに必要な数だけ」が小売業における在庫管理の基本であり、最大の課題だと考えます。

煩雑な在庫管理

煩雑な在庫管理

発注遅れによる
欠品で機会損失

発注遅れによる欠品で機会損失

需要変動が予測できず
在庫の増大、欠品が発生

需要変動が予測できず在庫の増大、欠品が発生

発注自動化と高度な需要予測で
過剰在庫・欠品を減少

在庫データとの連携による自動発注システムにより、発注漏れ、遅れによる欠品のリスクを低減します。発注業務に関しても大幅な省力化が期待できます。また、多変量系列相関モデルより需要予測の精度を高め、過剰在庫によるコスト増や欠品による機会損失を回避します。

日立システムズに
「在庫最適化」をご相談ください!

  • 在庫データとの連携による自動発注システムで欠品のリスクを低減
  • 発注業務の省力化
  • POSデータや来店者の分析による販売商品戦略の立案

課題解決のためのソリューション

需要予測型自動発注システム

  • 発注作業の省力化、在庫圧縮効果により、利益拡大
  • 導入を容易にするスモールスタートプラン
  • 需要予測
  • 自動発注

需要予測型自動発注システム

流通BMS対応EDIソリューション
REDISuite (レディースイート)

  • お取引先さまに合わせたEDIシステムをクラウドで構築
  • クラウド型への切り替えによるシステム運用負荷の低減
  • 日立システムズの豊富な実績で、システム移行も安心
  • 流通BMS
  • EDI

流通BMS対応EDIソリューション REDISuite (レディースイート)

関連ソリューション

ID-POSデータ分析サービス

  • 大量に蓄積されたID-POSデータやPOSデータから、顧客の購買傾向を正しく把握
  • 商品開発や店舗ごとの在庫管理に分析データを活用
  • ビッグデータ
  • 購買分析
  • 商品開発

ID-POSデータ分析サービス

小売業向けソリューションをご検討のお客さまはこちら

お問い合わせ・資料請求フリーダイアル 0120-346-401 9:00~17:00(土・日・祝日は除く)

記載されている会社名、製品名はそれぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。