ページの本文へ

Hitachi

日立システムズ ニューノーマルをともに歩む

ニューノーマルをともに歩む

私たち日立システムズは
お客さま、パートナーさまとともに
ニューノーマルをどう歩むか
私たちも悩みながら制度やインフラを整え、進みはじめています
人とITのチカラで私たちがいま何ができるか まずは日立システムズの取り組みとサービスの情報を
課題に合わせてご紹介することで、
みなさまのお役に立てるのではないかと考えました
私たちの持つ、人とITのチカラが
一人でも多くの人の安心を作れますように
日立システムズグループ約18,000人の従業員は
お客さまやパートナーさまと
ともに考え、歩んでいきます

日立システムズの取り組み

日々変わる状況の中、
当社は働き方を柔軟に変更してきました。
その過程で直面した課題について振り返ると
以下の4つのカテゴリに分類できました。
そしてそれら課題の解決のヒントは
「人」にあると気づきました。

日立システムズが直面した課題

  • テレワーク
  • 業務効率化
  • 健康管理
  • 感染対策
  • テレワーク
  • 健康管理

テレワークでの孤独軽減を実現するために

当社では部署内のコミュニケーション活性化のため、全社施策として部単位での情報共有と相談・雑談のミーティングを定期的に開催していましたが、コロナ禍で一時的に中止しておりました。

そんな中、若手従業員から在宅勤務での孤独感を感じるという声が上がり始めました。

そこでオンラインでのミーティングを再開。相談・雑談を改めて奨励するとともに、在宅勤務を余儀なくされたいまだからこそ、自分の仕事や会社のことを見つめ直すきっかけづくりもサポートしています。

オフィスでの勤務であれば、何気なくしていた相談や雑談が実は同僚との関係を良好に保ったり、部下から上司への簡単な相談ができたりしていたことに私たちは気づかされました。
在宅勤務でも気軽に相談・雑談ができる機会や風土を会社が奨励し、従業員の心身の健康状態を部署内で把握できるようにすることが大切だと考えます。

私たちは、離れていても人と人とのつながりが大切だと気づきました。

  • テレワーク
  • 業務効率化

オンラインを活用してワークライフバランスも実現に

当社では、コロナ禍の影響で多くの従業員が在宅勤務でテレワークを行っており、社内外の打合せもオンラインが増えています。

在宅勤務開始から2か月後のアンケートでは、当初不慣れだったオンラインミーティングにも慣れ、出社していた時と比べ会議室の予約状況や執務場所にとらわれない打合せができることで業務効率が上がったという声も聞こえてきました。

また、通勤時間や出張の時間が削減できたことで、以前に比べ、家族との時間や自己研さんの時間が取れるようになったと多くの従業員が在宅勤務を好意的に捉えています。

テレワークは業務の効率を上げ、ワークライフバランスを実現することにもつながります。

私たちはどのような環境下でも、人がいきいきと働ける環境を作ることが大切であると改めて気づきました。

  • 感染対策

職場での安心・安全のために

当社はコロナ禍の影響で多くの従業員が在宅勤務でテレワークを行っておりますが、出社する場合には、各自が感染対策を十分に行っています。

感染の不安を抱えながらも来訪してくださるお客さまやパートナーさま、従業員が少しでも安心できるよう、入口には消毒液や体温測定システムを設置しています。

体温測定システムは入口を通過する人の体温をカメラで計測。瞬時に体温を見える化することで、安心感が生まれるとともに感染リスク対策への意識が醸成できます。

私たちは、人が安心できる環境作りこそが、いま最も大切だと気づきました。

お問い合わせはこちら
当社の取り組みやサービスに関して
お気軽にお問い合わせください。
オンラインでのお打合せも承ります。

詳しく知りたい方はこちら

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。