ページの本文へ

Hitachi

日立システムズ 日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション FutureStage

標準機能

輸入管理 PO管理、PO発行、輸入仕入管理、輸入買掛管理、LC管理、諸掛管理、業務進捗管理

諸掛経費を自動計算、面倒な関連書類も自動発行
国内外業務のデータ一括管理も大幅効率アップ

オーダー処理から輸入諸掛、輸入仕入および輸入支払処理まで、一連の輸入関連業務を行うことができます。

輸入管理 機能特長

  • オーダー登録から輸入諸掛計上・輸入仕入計上、外貨ベースでの支払処理、輸入諸掛の原価計上など、輸入管理にかかわる一連の機能をサポートしています。
  • 海外発注時、国内・海外受注データの引用が可能です。
  • 輸入諸掛の按分機能により、諸掛費用を含めた原価、在庫単価を自動で算出できます。
    (仮金額ベースでの諸掛計上と按分処理により、月次の締に合わせた運用が可能)
  • オーダーレートと計上レートの2種類が個別に登録でき、業務段階に応じたレート管理が可能です。
  • 複数の支払方法に対応しています(LC決済、送金、前払い)。
  • 輸出入業務データの分析、レポーティングが可能です。

輸入管理 機能詳細(利用イメージ)


[PO入力]

建値、通貨、レートなどを設定。複数のコンテナ区分のまとめ入力や国内外の受注データの引用が可能です。


[輸入仕入入力]

インボイス単位に仕入計上。POデータのインボイス単位でのまとめ計上にも対応します。


[輸入諸掛入力(予定額)]

BL単位に諸掛を計上。仮金額で登録しておき、月次締時の在庫評価に反映させることができます。

輸入管理システム 機能一覧はこちらをご覧ください。

日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション FutureStageに関する資料請求・お問い合わせは・・・

  • 資料請求・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ(フリーダイヤル)0120-346-401 受付時間9時から17時(土・日・祝日は除く)

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。