ページの本文へ

Hitachi

日立システムズ 日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション FutureStage

輸出入業務のシステム化により経営効率アップに成功

産業用機械部品卸売業Z社

  • 業種産業用機械部品卸売業
  • 年商規模10億~30億
  • 特長輸出入システムの導入

商品のほとんどを輸入仕入し、輸出も行っているZ社様。輸出入業務と国内販売業務が連携できていないため、的確な分析ができず、営業戦略を策定できないことが課題でした。

導入前の
課題1
手作業で行っている輸出入業務をシステム化し、貿易事務作業を軽減したい。
導入後の
効果1
輸入管理・輸出管理システムの導入により、海外受注を含む受注データ引用による発注業務や、諸掛配賦機能による原価計算が可能となり、貿易事務作業の負担を軽減できた。

導入前の
課題2
国内外の販売・仕入情報を一元管理し、分析を行うことで経営判断を迅速化したい。

導入後の
効果2
FutureStageは輸入実績、輸出実績データを邦貨に換算し、国内実績データとの統合管理が可能。国内外を統合した実績データをもとに分析を行い、スピーディな経営判断ができるようになった。
導入前の
課題3
物流センターにシステムが入っておらず、本社で伝票発行するなど、モノとデータの動きが一致していないため非効率が生じている。
導入後の
効果3
物流センターから本社サーバにWeb接続し、物流センターでの出荷状況を即時にシステムに反映することが可能となった。これによりモノとデータの流れが一致し、倉庫業務の効率化が図れた。
導入前の
課題4
サポート終了などで将来性が見込めないオフィスコンピュータの運用から脱却したい。
導入後の
効果4
Webによる集中管理システム導入により、保守性、拡張性を確保。オフィスコンピュータの運用から脱却し、将来性豊かなWebシステムに進展させることができた。

導入前・導入後イメージ

担当営業・担当設計よりひとこと

今回Z社様では、国内の受発注業務と輸出入業務を1システム1データベースで管理できる販売管理システムの構築というご要望のもと、FutureStageをご採用いただきました。また、業績把握による迅速な経営判断や、問い合わせ業務の簡素化をご要望であったことから、FutureStageの豊富な分析機能を評価いただきました。導入にあたっては、在庫や加工管理の旧システムでの運用ロジックがFutureStageでは標準機能でカバーされており、また標準機能でカバーできない特殊業務についても、豊富なアドオンでカバーできたため、導入コストを低減できました。今後も輸出入業務や経営判断のスピード化を図っていただけるよう、全力でサポートしてまいります。

システムイメージ

システム概要図

お客さま概要

取扱商品 クラッチブレーキなどの産業用機械部品材
出荷形態 在庫出荷、直送
特徴的な業務 輸入販売、輸出販売、三国間貿易、加工処理

システム概要

導入システム FutureStage 卸売業向け販売管理システム
クライアント数 20ライセンス
特長
  • 輸入管理
  • 輸出管理
  • 貸出管理
  • セット品管理による組み付け
  • 加工管理

本事例に記載の情報は初掲載時のものであり、閲覧される時点では変更されている可能性があることをご了承ください。

日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション FutureStageに関する資料請求・お問い合わせは・・・

  • 資料請求・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ(フリーダイヤル)0120-346-401 受付時間9時から17時(土・日・祝日は除く)

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。