ページの本文へ

Hitachi

日立システムズ ADWORLD

豊富なラインアップと使いやすさで電子自治体の実現に導きます。

住民基本では電子自治体に対応した、総合窓口、住民記録、選挙などの豊富なラインアップを準備しています。
システム間の連携をシームレスに行い、ユーザビリティ、アクセシビリティにも配慮した初心者にも優しいシステムです。
利便性の高いシステムのため、業務の最適化、TCOの削減につながり、職員の皆さまが住民の方々へより一層のきめ細かいサービスを提供できる環境作りを支援いたします。

システムの一覧

のアイコンが付いているリンクは新規ウィンドウで開きます。

システムの特長

1. 利用者に優しいインターフェース

ユニバーサルデザインを意識した画面、配色、デザインを採用しています。
項目名称の色分けや必須入力項目の判別、次の操作を促すガイド機能、見やすい一覧表など、視覚的に判断しやすい設計により、初心者でも利用しやすい画面となっております。
また、必要な機能や処理はユーザー(担当者)ごとに差異があるため、担当者によるパーソナライズ化を実現する【My Menu】を設けるなど、より使いやすいシステムをめざしています。

2. 総合窓口機能でワンストップサービスを実現

総合窓口機能として「総合異動、総合発行、総合照会、総合案内、総合申請」を用意。
マイナンバーカードを利用した申請など貴庁舎総合窓口のワンストップサービスを実現いたします。
窓口での処理状況を各担当課側へ即時にデータ連携することにより、 現行運用を変えず事務業務の効率化および住民サービスの向上も図れます。
また総合窓口サービスの導入にあたっては、お客さまの運用スタイルや体制、ハード面、また、ご要望をきめ細かくお聞きし、適した総合窓口の形態を柔軟に提案・提供いたします。

3. 充実のアウトソーシングサービスで、更なるTCO削減を実現

自庁処理型による導入に限らず、包括アウトソーシング・サーバーアウトソーシング・大量出力アウトソーシング・バックアップサービスなど充実したアウトソーシングサービスを準備しています。システム運用の負担を軽減し、TCOの削減を実現。貴庁が本業務に専念できる環境を支えます。

※ 地域情報プラットフォーム*1への対応

『ADWORLD』は総務省の地域情報プラットフォームに対応しており、地域情報プラットフォームの準拠登録・相互接続確認製品として、APPLICに多数の業務で登録されています。

*1
地域情報プラットフォーム:
自治体が持つ情報システムをはじめとした地域内外の情報システムを連携させるための共通基盤のこと。
総務省が推進しており、一般財団法人全国地域情報化推進協会で標準仕様の作成・管理が行われている。

 

日立 自治体ソリューション ADWORLDをご検討のお客さまはこちら

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。