ページの本文へ

Hitachi

日立システムズ ADWORLD

介護保険制度における、審査会のための準備と会の運営をサポートします。

このような課題を解決できます

課題 解決
審査会準備に手間がかかる。 さまざまな条件で審査会への一括割り当て、審査会資料の一括印刷が可能であり事務作業の軽減が図れます。
審査会運営を簡単に行いたい。 審査データを一元管理するので、資料管理にかかる手間が不要です。
審査会終了後の情報提供をスムーズに行いたい。 資料提供、各種統計資料の作成が容易なので時間や手間がかかりません。

概要

介護保険認定審査会の効率的かつ、円滑的な運用を簡単に実現する介護保険審査会支援システムです。介護認定審査会に必要な書類をイメージデータ化して保存しておくことにより、従来手間のかかっていた資料印刷・運搬・管理を簡単に実現。また、審査時に必要となる矛盾チェック、状態像比較をサポートすることで、さらに効率の良い認定審査会の運用を行うことが可能です。そのほかにも操作を容易とするため、押しやすい大きなボタンを表示するなど、初心者の方にも使い易いシステムをご提供します。

特長

  • OCRスキャナーを活用し、訪問調査票・主治医意見書など帳票種別を意識することなく登録ができます。
  • システムにあるデータはすべて活用することができ、審査会開催後の情報提供の資料作成が容易です。
  • 「分かりやすい」「使い勝手のよい」システムを基本として、運用の流れに沿ったメニュー構成で設計しています。
  • ペーパレス審査会をサポートしており、審査会資料を印刷することなく審査会を実施することができます。
  • 帳票ごとに色々な固定のマスクパターンを準備できます。また、簡単なマウス操作でもマスキングが可能です。

機能

申請登録

申請者の現在~過去の申請履歴情報を参照することができます。

審査会割当機能

審査対象の被保険者を合議体(審査会)に割り当てします。

審査会資料印刷

OCRで取り込んだイメージを参考資料として審査会資料を作成します。A3用紙の見開き形式で印刷することで、審査会会場で審査しやすい資料を作成することができます。

情報提供の印刷

審査会資料と同様の形式で資料を印刷することができます。複数人まとめて入力・印刷ができます。

進捗状況照会

訪問調査の実施状況や主治医意見書の取り込み状況など各種条件により対象者を検索できるため、進捗状況の管理を行うことができます。

システムイメージ図

[イメージ]システム概要
システム概要

日立 自治体ソリューション ADWORLDをご検討のお客さまはこちら

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。