ページの本文へ

Hitachi

日立システムズ 特許検索サービス「SRPARTNER」

質問 同じ検索項目の複数のキーワードを指定する場合、検索キーワードの指定を2行にし、検索論理式を作成するのでしょうか?
回答 同じ検索項目をキーワードとする場合、検索キーワードの指定欄に2つのキーワードを記入することで、一致検索(OR)が可能です。その場合、キーワードとキーワードの間にスペースを入れて検索してください。キーワードはスペースを含めて、1行に200 バイトまで入力できます。

質問 高度な書誌・全文検索画面のBASEとは何でしょうか?
回答 BASEとは検索履歴から絞り込み検索を可能とする機能です。BASEに履歴番号(S*)を記入いただき、掛け合わせる検索式を入力します。また、検索履歴同士の掛け合わせも可能です。)
(例:S1*S2)

質問 各IPC検索項目の違いについて教えてください。
回答 IPC関連の検索に関しましては、以下の仕様となっております。
(1) IPCは、公報記載のIPCとなります。
(2) IPC8は、公報記載のIPCのうち、IPC8版となります。
(3) 更新IPCは、公報記載のIPCに整理標準化データ(2006/1まで:~IPC7版)で更新、
もしくは、登録後のIPCで更新したものとなります。(※当項目は国内のみ)
(4) 更新IPC8は、蓄積初期は、公報記載のIPCが対象となりますが、EPO発行の
マスター分類(MCD)データにて過去分も含め(遡及して)上書きし、
おなじくDOCDBのデータにて毎週、更新を行っております。
従いまして、データ抜けは存在しますが、過去分も含め広くIPC8にて検索できる
仕様となっております。
(5) 更新IPC8につきましては、以下の優先度で検索します。
1)EPOのマスター分類(MCD)データ
2)公報記載のIPCのうちIPC8版のデータ

※各特許庁はPCT最小限資料について、最新版のIPCにより既発行公報の
再分類を実施しています。
※MCDとは「Master Classification Database」の略称で、特許文献の分類情報を
蓄積したデータベースのことです。
※各特許庁が再分類付与したIPCをEPO(ヨーロッパ特許庁)のMCDにて一元管理
しています。
※SRPARTNERでは、MCDデータをEPOから取得・格納し、それらを検索することが
可能です。
質問 検索項目に”現””更新”がつくものとつかないものがありますが、違いについて教えてください。
回答 出願人/権利者,IPC,FI,Fタームなどの”現””更新”がつく項目は整理標準化データから取り込んだ最新情報を検索します。”現””更新”がつかない項目は公報発行時の書誌情報を検索します。
質問 IPC同様のFタームの完全一致記号「$」の使用方法を教えてください。
回答 IPCでは例えば「A01G1/04$」で、以降の文字が存在しない「A01G1/04」に該当する案件がヒットします。Fタームでは、「4C083AC43$」と入力頂きますとテーマコードが「4C083」でタームコード「AC43」に完全一致する案件がヒットします。「4C083AC43」ではテーマコード「4C083」でタームコード「AC43」のものおよびその下位の階層の案件がヒットします。IPDLでは「$」を文字列の前に付与しますが、同様とお考えください。
質問 筆頭IPCの検索方法について教えてください。
回答 末尾に「@F」をつけて検索いただけます。(例)G02C5/00@F
質問 全文検索・概念検索の検索対象範囲を教えてください。
回答 1983年(昭和58年)以降が検索対象範囲となります。
質問 出願日を含む検索結果に分割案件が含まれません。
回答 検索で出願日を指定すると、遡及日(原出願日)が対象となります。 SRPARTNERでは特許庁公報ROMを蓄積しておりますが、DVD公報と従来のCD-ROM公報で、出願日の取り扱いが変更になっております。 DVD公報では、特許庁提出日(いわゆる出願日)ですが、CD-ROM公報では、遡及日(原出願日)です。このため、SRPARTNERでは、出願日の扱いを統一するため、従来のCD-ROM公報に合わせて、出願日を遡及日(原出願日)としています。
質問 近傍検索の使用方法を教えてください。
回答 国内の近傍検索は文字単位、国外はワード単位の距離を指定する検索となります。
carbon adj5 fiber はcarbonとfiber間が 5ワード以内の検索となります。

(1) adj検索
adj検索は近傍内(順)検索の事で、指定ワードの順番に記載され、
指定数字以内の位置関係にある公報を検索します。

例:(発明の名称) carbon adj1 fiber
→上記例は、「発明の名称」にて、「carbon」と「fiber」がその順番で、
1ワード以内の位置関係にある公報を検索します。

(2) near検索
near検索は近傍内(不)検索の事で、指定ワードの順番は関係なく、
指定数字以内の位置関係にある公報を検索します。

例:(発明の名称) carbon near1 fiber
→上記例は、「発明の名称」にて、「carbon」と「fiber」が
その順番は関係なく、1ワード以内の位置関係にある公報を検索します。

(3) 「-」(ハイフン)の扱い
「-」(ハイフン)は区切りと認識されます。
つまり、「carbon-fiber」と「carbon fiber」は同様の検索がなされます。

(4) 検索事例

1:(発明の名称) carbon near1 fiber
2:(発明の名称) carbon near0 fiber
検索論理式: 1#2

→上記事例は、検索式1の結果から検索式2の結果を取り除いた検索式です。
よって、「発明の名称」にて「carbon」と「fiber」の順番は関係なく、
1ワード挟んだ公報を検索します。

以下は、検索結果の「発明の名称」サンプルです。

"Carbon particle fiber assembly..."
"Activated carbon mesh fiber ma..."
"Carbon nanotube fiber-reinforc..."
"SINGLE FIBER CONTAINING CARBON..."

※(A + B) * (C + D)のような(複数語)*(複数語)のパターンをご使用の場合、
  一つの検索論理式で指定される式中、近傍検索行は3行までとなります。
※()内に指定できるキーワード数は日本語は5個、英語は10個までとなります。
※単純にAadjBまたはAnearBといったキーワード単独同士の場合、
 1回の検索で最大20個まで使用可能です。
 (A+B+C)adj(D+E+F)adj(G+H+I)のように複数の近傍検索記号を
 ご使用の場合、前後の関係性が定まらない関係上、nearはご使用になれません。
 ほか、オンラインマニュアルをご参照ください。

質問 英単語語尾表記展開について教えてください。
回答 例えば、「sing」の英単語語尾表記展開の例としては、以下となっております。

singer's、singers、singers'、singes、singing's、singings、singings'、sings、
sung's など

ちなみに、「sing」の英単語派生表記展開の例としては、以下となっております。

sing、singable、 singe、singer、singing、sung など

質問 検索結果一覧の審査・権利状況欄にある「拒絶査定」と「拒絶確定」は、拒絶査定がなされていると思われますが、違いについて教えてください。
回答 「拒絶査定」と「拒絶確定」では生死の扱いが異なっており、「拒絶査定」の段階では、査定不服審判請求を経て「勝つ」可能性があるため「生」の状態にあります。
「拒絶査定」が出てから「1年経過かつ拒絶査定不服審判なし」となった段階で「拒絶確定」となり、「死」の状態となります。
これは、無効審判請求や拒絶査定不服審判などにおいても同様で、審判の最終処分で「負け」とされても1年間は「死」とせず、一年経過後に「死」といたしております。
「死」となった案件は結果一覧のフィルタや検索項目「審査・権利状況」=0にて検索可能です。

質問 US権利者・出願人の調べ方について教えてください。
回答USに関しましてはUSPTOデータの都合上、他の国とデータの持ち方が異なります。
○出願人/権利者  ⇒公報記載の出願人(Applicant)と権利者(Assignee)の両方が対象
○日立標準化出願人/権利者(公報)  ⇒公開公報は公報記載の出願人(Applicant)、登録公報は公報記載の権利者(Assignee)
○日立標準化出願人/権利者(最新)  ⇒同上、最新の出願人・権利者

USではほとんどの場合発明時には権利が発明者に帰属し、その後所属企業への譲渡が行われます。そのため出願時の「出願人/権利者」としては発明者が出願人欄に記載されている案件が多数です。SRPARTNERではUSPTOより出願時以降の一連の権利者譲渡情報を入手し、譲渡事由とともに「US権利者(履歴)」として別項目に格納いたしております。

☆下記のように略号で検索可能です。
  譲渡事由      譲渡人(検索の値)  譲受人(検索の値)
  1 企業間譲渡          ASR11        ASN11
  2 ライセンス譲渡        ASR04        ASN04
  3 担保譲渡           ASR01        ASN01
  4 発明者譲渡          ASR02        ASN12
  5 名称・住所変更        ASR03        ASN13
  6 放棄             ASR05        ASN05
  7 補正・訂正          ASR06        ASN06

  ○発明者から企業への譲渡(社内発明)の場合発明者譲渡となり,A社の譲受人としての記載を
   [ASN12 adj A社]にて検索可能です。(adjは距離無指定で1が仮定されます。)
  ○他社からA社へ企業間譲渡が行われた場合、
 A社を譲渡人とした記載がございますので
   近傍検索にて
   [ASN11 adj A社]にて検索可能です。(adjは距離無指定で1が仮定されます。)

<US権利者(履歴)検索の例)>
  出願番号13/676340 公報番号 US2013/0132466の場合 ASN12 GOOGLEでヒット
  TRIMBLE NAVIGATION LTD (US);         ⇒公報記載値
  2012/01/10(ASSIGNOR 02)MILLER, TYLER;    ⇒発明者
  2012/01/10(ASSIGNOR 02)BACUS, JOHN M.;   ⇒発明者
  2012/01/10(ASSIGNEE 12)GOOGLE INC.;    ⇒発明者譲渡を受けた譲受人GOOGLE
  2012/06/01(ASSIGNOR 11)GOOGLE INC.;    ⇒企業譲渡を行った譲渡人GOOGLE
  2012/06/01(ASSIGNEE 11)TRIMBLE NAVIGATION LTD 企業譲渡された譲受人
なお最新のデータのみを検索することはできません。ご容赦ください。

質問 単独、共願案件の調べ方について教えてください。
回答共願検索の例を示します。
 検索論理式 1#2           ⇒○○株式会社を含む案件を検索します。
 1 出願人/権利者 ○○株式会社    ⇒○○株式会社様を含む公報
 2 出願人/権利者 |○○株式会社|   ⇒○○株式会社様単独出願の公報
(「|」は文字列先頭もしくは末尾を検索する場合に指定します。)

質問 検索項目「出願人/権利者」「現出願人/権利者」「現出願人」の違いについて教えてください。
回答以下となります。
 「出願人/権利者」  ⇒公報記載の出願人もしくは権利者(公開公報の場合出願人、登録公報では権利者がヒット)
 「現出願人/権利者」 ⇒最新の権利者(公開公報記載の出願人を、順次登録公報および整理標準化データにて最新の権利者に更新)
 「現出願人」     ⇒出願人(公開公報記載の出願人を整理標準化データ(変更届などの場合)で更新したもの

質問 案件の生死状況を調べるにはどうすればよいでしょうか。
回答検索項目「審査・権利状況」がございます。審査中案件の場合は「審査最終処分種別」、
権利化した案件の場合は「本権利抹消識別」などにより3ケタの値が設定され、
先頭1桁「0」(死亡)もしくは「1」(生存)にて検索が可能です。

○以下の値に関しましては特許庁による通知がございませんため
 一年経過で自動設定を行っております。
 (法的には通常3か月程度で決定いたしますがタイムラグを含めております。ご留意ください。)

 ・拒絶確定(0L2)        拒絶査定から一年経過かつ査定不服審判なし
 ・拒査審(拒絶確定)(0M2)   拒絶査定不服審判から変動なく一年経過
 ・無効審決(全無効確定)(0S2) 「無効審判(0S2)」から変動なく一年経過
 ・出願後25年経過(0Z2)    出願から特許は25年、実用は15年が経過しても、
                   審査・権利状況に変更がない場合
 ・登録無効(0O5)       登録査定がおりてから、1年が経過しても登録の意思表示をしなかった
                   (登録番号がない)場合

○基本的に「審査・権利状況」に死亡コード「0」が設定された案件は
 ほとんど覆ることがありませんが、
 平成26年特許法等の一部改正(平成26年法律第36号)の施行に伴い、
 「未審査請求(0I1)」が設定された案件につき
 「正当な理由がある場合」はその理由が無くなってから審査請求期間後一年以内で
 あれば救済が認められることとなりました。
 出願審査の請求の回復申請状況表
 ※救済が認められるかどうかは案件に依存いたします。
 このような場合、例外的ですが審査最終処分種別が削除され、
 再度生存状態「1」となります。

「本権利抹消識別」  「審査・権利状況」  「審査最終処分種別」 の値の詳細につきましては
 各オンラインマニュアルをご参照ください。

質問 日付で範囲指定して検索するにはどうしたらよいでしょうか。
回答○検索項目「公開日」では国際公開(WO,PCT(JP))の案件は検索できません。
「国際公開日」をご使用ください。
○検索項目「公報発行日」ではそれぞれの公報の発行日を検索致します。
○検索項目「優先日」では優先権指定されている複数の案件の発行日を検索致します。
優先権親が存在しない場合、空白となります。
(その出願のかならずしも最古の公知日とは限りません。)
 1.公開公報がヒットしているときでも(早期審査で)登録日が設定されていればそちらが先の可能性
 2.公表の場合 公表日より国際公開日が先
 「公報発行日」で検索対象になる日付は以下の通りです。
 ※検索項目「発行日」は登録、再公表、PCTJPのみの公報項目です。
  公開特許公報  :公開日
  公表特許公報  :公表日
  再公表特許   :国際公開日
  PCT(JP)特許   :国際公開日
  特許公報    :発行日
  公告特許公報  :公告日
  登録実用新案公報:発行日
  公開実用新案公報:公開日
  公表実用新案公報:公表日
  実用新案登録公報:発行日
  公告実用新案公報:公告日


国内版、国外版「SRPARTNER」を、
2週間無料でお試しいただけます!

無料トライアルお申し込み

正式契約(新規契約・変更契約)の
お申し込みはこちらから

正式契約お申し込み

お知らせ

2021/7/13
2021/6/14
2021/4/23
2021/4/12
2021/4/1
2021/3/29
2021/3/16
2020/12/23
2020/11/26
2020/10/13
2020/10/13
2020/7/14
2020/6/10
2020/4/22
2020/03/30
2020/03/30
2019/12/17
2019/12/17
2019/11/05
2019/10/08

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。