ページの本文へ

Hitachi

日立システムズ 銀行・信金・信組向けポータルサイト -Finnova for Bank-

RPAによる業務効率化

  • 融資・保証

ロボットやAIをはじめITが目覚しく進歩し、今まで従業員が行っていたオペレーション作業は自動化できる時代。 金融機関においても「働き方改革」につながると注目され、導入が進んでいます。

「RPAによる業務効率化」の特長

オペレーション業務を自動化することで、本来業務に集中でき、公私ともに時間の有効活用を実現

メリット

経営部門

職場環境の改善
24時間365日稼働し、夜間に必要な作業を実行することも可能。
業務効率化や残業時間の削減など、職場環境の改善に貢献。
コストを抑えつつ、金融機関全体の業務効率化
部店問わず作業を自動化でき、活用範囲を広げても費用の変更なし。一部の業務から必要に応じて、効率的な業務改革が可能。

各部店担当者

本来業務に集中でき、業務品質が向上
単純でもミスは許されない大事な作業が、より速く正確に実行され、負担が解消。本来業務に集中でき、新しい業務への取り組みも実現。
ワークライフバランスが実現
時間の有効活用が可能になることで、ワークライフバランスが実現でき、公私ともにモチベーションアップ。

システム担当部門

既存の業務フローやシステムの変更不要
従来の操作手順をロボットアプリケーションが再現するだけ。既存システムをそのまま利用して自動化できるので、業務改革におけるコストや手間が軽減。
導入前から導入後まで、トータルサポート
日立システムズが導入前の検証段階からサポート。
導入時や運用中のトラブル・不安を解消。

自動化できる作業例

経営部門

メールの転送・送信

  • メーリングリストで受け付けたメールを担当者へ転送(部門共通)
  • プロジェクトなどの期日フォローメールの送信(情報システム部門)

経営部門

大量なデータ入力・登録

  • 投信システムにおける約定データの入力(証券国際部門・事務集中部門)

経営部門

煩雑なデータ集計・加工

  • 営業成績情報の集計とまとめ(営業推進部門・企画部門)
  • 決算資料の作成(管財部門や各部門と主計部門)

経営部門

既存サービスの参照・活用

  • 他サービス連携作業やテスト作業(情報システム部門)

経営部門

手間のかかるインターネットでの情報検索・抽出

  • 他社のニュースリリース情報/ SNS記事(広報部門)
  • 担保物件の評価/他行のローン金利情報(融資部門)
  • TOB情報(証券国際部門)
  • 市区町村などの反社会的勢力の処分情報(総合企画部門)
  • 取引調査(照会依頼情報のオペレーション)(営業店)

導入効果

与信業務の案件進捗チェックとフォローを自動化

《自社独自調査による想定効果》

  • 進捗管理1件あたりの作業時間:15分→5分(1/3に短縮)
  • 入力代行:26時間/日→ 16時間/日
    (10時間/日※1:40万円/月削減※2)
  • 入力ミス・代行遅延:0件

(※1)1日50件、ミス係数(1.05%)で試算
(※2)時給2,000円×月20日で試算

バックオフィスでの伝票入力作業を自動化

  • 受注入力1件あたりの作業時間:15分→5分(1/3に短縮)
  • 入力ミス・ワークフローの承認依頼指定誤り:0件

導入までのプロセス

※1:検証プログラム

内容

  • 3カ月限定利用のライセンスを提供
  • お客さま先での技術説明会開催
    (半日、4時間程度)
    ロボット作成の初歩的なトレーニング実施
  • 業務に即した簡易的なロボットを1個作成

価格:ご相談ください

※2:月額利用プラン

提供形態:ライセンス使用権を月額利用
(1年契約)

ロボット管理・稼働環境:お客さま環境

オプション:イントラ監視・運用、ロボット作成

価格:(初期費用・月額費用)ご相談ください

  • 資料請求・お問い合わせ
  • 商品に関するお問い合わせ(フリーダイヤル)0120-346-401 受付時間9時から17時(土・日・祝日は除く)

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。