ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

保全情報、予備品情報の管理体制を改善し、コスト低減と保全業務効率化へ!

生産設備に関連する、保全情報や設備部品・予備品を適切に管理することで、予防保全業務の効率化や廃棄ロスによる無駄なコストの低減につながります。
「統合資産管理サービス 設備部品・予備品管理モデル」は、各社の既存業務の運用フローやシステムに合わせた管理体制の整備をはじめ、運用改善に伴う作業をトータルサポートします。

保全情報、予備品の管理に関して、こんなお悩みありませんか?

  • 各工場にある予備品の在庫状況を正確に把握、共有できず、膨大な廃棄ロスが出ている
  • 保全情報を活用できておらず、予防保全業務に無駄な時間とコストがかかっている
  • 新しい管理体制やシステムを導入しても、その後の運用に不安がある

全国約300か所の経験豊富なエンジニアが、デジタル化を代行・サポート!

現状確認から運用フロー改善、マニュアル作成まで、設備部品・予備品管理に関する業務をサポート。
予備品の正確な管理から保全業務の効率化まで、工場をIoT化するための下地作りを支援します。

棚卸し運用改善、設備管理の一元化、保全運用改善制御・IoT

棚卸し運用改善

現状を確認、整備し、現場作業を代行。棚卸しにかかる間接コスト削減と、資産台帳の精度向上によるコストを最適化します。

現状把握

  • 現状の棚卸し運用での問題点の洗い出し
  • 設備部品や予備品の種類(共通在庫など)の洗い出し

棚卸し作業代行

  • 各種資産の現物確認や管理ラベル貼り付け、棚卸し作業や資産台帳の整備を代行

設備管理の一元化

資産情報の見える化と保全記録履歴の適正管理で、コストを最適化します。

予備品管理プロセスの見直し

  • 現場担当者の知見や経験に頼らない資産管理方法をお客さまとともに策定
    (資産管理ラベルの貼り付け位置の統一、手順など)
  • 資産管理体系の見直し
  • 設備・予備品情報の電子化や登録代行など、手間のかかる初期導入をサポート
  • データと現物の照合やデータ更新を自動化し業務を効率化

保全運用改善

設備の点検記録や保全状況など、蓄積された情報を元に、修理時間の短縮、予防保全による故障低減をサポート。適切な保全契約への見直しなどを行う事により、適切な保全運用を支援いたします。

効率的な運用支援

  • お客さまの業務に合わせた形で手順を整理し、適切な運用マニュアル策定を支援いたします。

保全運用の見直し支援

  • 適切な予防保全情報により、メーカー呼び出しによる修理時間を低減
  • 機器メーカーへの契約代行
  • 保全、点検運用の改善を支援

制御・IoT

さまざまなビジネスサービスと組み合わせて、資産管理の効率化に向けた提案・改善を行います。

  • データ分析
  • レポーティング
  • 設備情報と保全情報を連携し、設備リプレース計画に活用
  • 工場間の設備・予備品の移設をサポート

「設備部品・予備品管理モデル」の主なサービス内容
イメージ図

保全情報・部品・予備品の適正管理で
コストの低減、業務効率化が実現!

  • 全拠点の予備品状況を把握、共有する事で廃棄ロスが低減し、管理コストの削減や節税が実現
  • 蓄積された保全情報を活用して適切な予防保全が可能となり、修理回数や修理時間を低減
  • 業務プロセスに沿ったシステム操作方法を含む業務運用手順書作成によりスムーズな運用が可能に

コスト低減/費用圧縮例

保全情報を活用することによる効果

イメージ図

適切な予備品運用を行うことによる効果

(1)購入可能予備品

イメージ図

(2)購入不可能な予備品(メーカー保証終了後など)

イメージ図

まずはお問い合わせください

詳しく知りたい方はこちら

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。