ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

工場付帯設備の徹底管理と予防保全で、稼働率を向上!

工場の生産ラインの稼働率を上げるためには、付帯設備も含めた生産設備の適切な管理・保全と、故障時に迅速な復旧を行い、生産停止期間を極力短くする必要があります。
「統合資産管理サービス 工場付帯設備管理モデル」は、設備の保全業務に関する作業代行やサポートを中心に、資産台帳の精度向上や棚卸し工数の削減もトータルサポートします。

工場付帯設備に関して、こんなお悩みはありませんか?

  • 稼働率向上のために予防保全に取り組みたいが、付帯設備を正確に把握できていない。
  • 付帯設備や契約情報、修理記録などがさまざまな各拠点に散在していて、棚卸しに膨大な手間と時間がかかる。
  • 故障時に各メーカー、ベンダーに修理を依頼しており、迅速な対応ができない。

全国約300か所の経験豊富なエンジニアが、デジタル化を代行・サポート!

棚卸し業務から各メーカー・ベンダーとの連携まで、工場付帯設備の保全に関する業務を代行・サポート。工場をIoT化するための下地作りを支援します。

棚卸し運用改善、設備管理の一元化、保全運用改善制御・IoT

棚卸し運用改善

現状を確認、整備し、現場作業を代行。棚卸しにかかる間接コスト削減と、資産台帳の精度向上によるコストを最適化します。

現状把握

  • 現状の棚卸し運用での問題点の洗い出し

棚卸し作業代行

  • 各種資産の現物確認や管理ラベル貼り付け、棚卸し作業や資産台帳の整備を代行
  • 保全計画管理などの業務を支援

設備管理の一元化

資産情報の見える化と保全記録履歴の適正管理で、コストを最適化します。

資産管理プロセスの見直し

  • 現場担当者の知見や経験に頼らない資産管理方法をお客さまとともに策定
    (資産管理ラベルの貼り付け位置の統一、手順など)
  • 資産管理体系の見直し
  • 代行にあたり、IT技術で複数資産の一括読み取りを実現
  • データと現物の照合やデータ更新を自動化し業務を効率化

工場付帯設備の棚卸し業務にかかる作業時間を大幅削減
イメージ図

保全運用改善

障害発生時の受け付け窓口を一本化してスピーディーな復旧をサポート。受け付け、一次切り分け、障害機器の対応についてベンダーや設備、機器メーカーに依頼し、業務停止による機会損失などの削減につなげます。

  • 設備故障の前兆把握
  • 保全業務の迅速対応
  • 契約代行

制御・IoT

さまざまなビジネスサービスと組み合わせて、資産管理の効率化に向けた提案・改善を行います。

  • データ分析
  • レポーティング
  • 資産や契約、予備品の最適化 など

「工場付帯設備モデル」の主なサービス内容
イメージ図

工場付帯設備管理、予防保全に関する業務の
工数削減、効率化により、生産性向上!

  • 付帯設備に関する情報を正確に把握でき、予防保全の業務効率化が実現
  • 棚卸し作業にかかる工数を削減
  • 設備保全に関する業務の一元化により、迅速な対応が可能に

まずはお問い合わせください

詳しく知りたい方はこちら

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。