ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

資産管理の徹底、最適化(デジタル化)で経営効率化を実現!

工場や倉庫など各拠点に散在する、数万点規模の金型などの固定資産。システムで一元管理することで企業全体の資産を正確に把握でき、設備・資産の適正活用や、管理工数低減につながります。
「統合資産管理サービス」では、全国約300か所の経験豊富なカスタマーエンジニアが、お客さまの現場で各種資産に対する現物確認や管理ラベル貼り付け、資産台帳の整備などといった、デジタル化にいたるまでの一連の作業を代行、その後のデータ維持・管理までをサポートいたします。

多種・多様な金型を、手書き台帳や表計算管理ソフトで管理すると…

  • 台帳に記載されている情報と、実際の資産が一致しない
  • 不要設備、遊休設備を正確に把握できない
  • 台帳管理や棚卸しに膨大な手間と時間がかかる

全国約300か所の経験豊富なエンジニアが、デジタル化をトータルサポート!

現状把握、資産管理プロセスの見直し、棚卸し作業代行、システムの導入や運用・保守

現状把握

  • 現状の棚卸し手順での問題点の洗い出し

資産管理プロセスの見直し

  • 現場担当者の知見や経験に頼らない資産管理方法をお客さまとともに策定
    (資産管理ラベルの貼り付け位置の統一、手順など)
  • 資産管理体系の見直し
  • 代行にあたり、IT技術で複数資産の一括読み取りを実現
  • データと現物の照合やデータ更新を自動化し業務を効率化


タブレット端末をかざし、画像認識コードを読み取り、棚卸しリストを自動で消し込み

棚卸し作業代行

  • 各種資産の現物確認や管理ラベル貼り付け、棚卸し作業や資産台帳の整備を代行
  • 棚卸し作業と同時に、操業に必要な設備と不要な設備に分類
  • 保全計画管理などの業務を支援

台帳管理のデジタル化の流れ

システムの導入や運用・保守

  • 設備資産管理システムや遠隔監視システムの導入・運用・保守、データ分析、レポーティング

資産の適正管理と従業員の生産性向上により、経営効率化を実現!

  • 資産台帳の精度が向上し、資産を正確に把握、維持
  • 不要設備や遊休設備を適切に管理し、無駄なく活用。固定資産税の最適化や新たな投資を抑制
  • 台帳の手書き、入力作業などの時間と手間が軽減。従業員は本来業務に集中し、生産性が向上

資料請求等、お気軽にお問い合わせください

詳しく知りたい方はこちら

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。