ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

海外での実践的危機管理~海外進出企業編

【第2回】パスポートを盗られた!

海外人事担当者の愚痴

いつのことだったか定かではありませんが、ある会社の海外人事担当者Aさんと居酒屋でお酒を飲んでいるときの会話です。

Aさん:「山本さんって、海外駐在員がパスポートを盗まれたっていうのを経験したことありますか?」
私 :「実際には盗まれた人がいるかも知れませんが、そういう報告を受けて対処したことはありません」
Aさん:「まあ、聞いてくださいよ。当社にはB君っていう、うっかり者がいるんですよ!」

Aさんの会社の米国事業所に、南米のある国に納入した機械設備について、現地のお客さまから技術支援の強い要請がありました。米国事業所のローカルスタッフには、その設備に詳しい者がおらず、技術支援ができるのは「うっかり者の駐在員」B君しかいなかったため、急遽、B君を派遣することにしました。
ところが出発当日、B君が空港に行く途中に立ち寄ったコンビニエンスストアで買い物をしている僅かの隙に、路上駐車していた車が昼間にもかかわらず車上狙いに遭い、パスポートを入れていたバッグを盗まれてしまったというのです。結局、パスポートが無いために派遣を中止せざるを得なくなり、急遽、日本本社から、代わりの技術者を送り込む羽目になってしまったのです。

Aさん:「パスポート再発行とか米国ビザの処置とか、こっちは余計な仕事が増えて大変だったんですよ!」
私 :「それは、腹が立ちますよね」
Aさん:「でもね、問題はそれだけではなかったんです!もっと大変な事態になったんです!」

激怒したお客さま

日本本社から技術者を派遣するのに、準備に数日かかってしまったのだそうです。お客さまは対応の遅れに激怒し、「あんたのとこから買った機械が、ちゃんと動かないから、こんなことになるんだ!こっちは納期に追われてるんだぞ!場合によっては損害賠償ものだ!」と、取り引きを見直す気配さえ感じられる事態に陥ったのだそうです。
幸いにも、代わりに派遣した技術者が優秀ですぐに設備は稼動し、火消しのために営業担当役員がお客さまに謝罪に行ったことで、なんとか事態は収束したそうです。

Aさん:「車の中に鞄を置きっぱなしするなんて、非常識にも程がありますよね。山本さん、どう思います?」
私 :「そうですよね。でも、B君は米国では車上狙いを警戒しなきゃいけないってことと、車の中に持ち物を置きっ放しにしないという対応について知っていたのでしょうかね?」
Aさん:「あー、B君はまだ若いし、赴任してから半年しか経ってないから、経験不足だったかも知れないなあ」
私 :「御社では、海外赴任前に危機管理研修をやってますか?」
Aさん:「うちは海外事業の歴史が長いですから、そんな常識的なことの研修はやってないですなあ」

知らぬが仏

海外で活動する駐在員は、現地に「どんな恐いことがあるのか?」、「それは、どこで起こるのか?」、「いつ、それが起きやすいのか?」を知っておく必要があります。なぜなら、知らないことには危険認識ができずに無防備になってしまうからです。

一方で、駐在員を派遣する企業側では、B君のように「丸腰」で海外駐在させていることが、「会社にとって、どういうリスクがあるのか?」を知っておく必要があります。
Aさんの会社で発生したケースでは、「会社側」「B君」双方が「知らぬが仏」状態だったことに気が付くべきです。

企業危機管理は、「リスク・脅威」を知ることから始まります。そして、「そうなったら嫌だな」「そうならないためには、どうすれば良いかな?」「もし、そうなってしまったら、どうすれば良いのかな?」ということを考えて、あらかじめ対応を準備しておくことが重要です。
企業は海外に派遣する従業員に、渡航前にしっかりと現地の治安情勢を知らせて、安全対策を指導・指示しておかなければなりません。それは、企業として従業員への安全配慮と事業継続の両方を確保するための、重要な経営管理事項といえるでしょう。

Aさん:「言われてみれば、確かにそうですよね。B君以外にも、常識的なことを分かっていない駐在員がいるかも知れないと思うと不安になってきましたよ」
私 :「何となく、落ち着かない気分になってきたでしょ?今この時点で、御社の海外事業所には、B君のように丸腰で派遣された人たちが沢山いるでしょうな。
御社の駐在員の皆さん、実に気の毒だなあ。もしも駐在員が強盗やテロに遭われたら、Aさんが謝りに行くのですか?」
Aさん:「山本さんって、嫌なこといいますね」

「海外危機管理」に関するクイズにチャレンジしてみませんか?

※ コラムは筆者の個人的見解であり、日立システムズの公式見解を示すものではありません。

関連ページ

Traveler'sWAN

NETFORWARD国際ネットワークサービス
企業の海外進出・国際化が進み、日本と各拠点を結ぶICTネットワークの必要性が増しています。日立システムズは、お客さまが海外でも安心して業務に取り組んでいただけるよう、グローバルICT全体の設計・構築から運用までワンストップサービスにて支援します。

メールマガジン

最新のイベント情報、商品情報など、お役立ち情報をご紹介するメールマガジンをお送りしております。

メールマガジン登録

  • 日立システムズFacebook 公式アカウント
  • Webから直接、クラウドサービスの注文・導入ができるオープンクラウドマーケットプレース

データセンター紹介ページへ

データセンター紹介
ゆるぎない信頼のパートナー 日立のデータセンター

ハイパーダイヤの専用サイトを別ウィンドウで表示します。

交通のことならハイパーダイヤ
乗換案内・路線情報検索サイト。英語・中国語にも対応。

日立システムズの
Microsoftソリューション
Microsoftとの力強い協力体制で、お客さまのソリューションを支えます。

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。