ページの本文へ

Hitachi

日立システムズ 日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション FutureStage

Question:質問

在庫引き当て状況の確認は可能ですか?

Answer:回答

トータルの在庫状況は総合在庫問合せで、日別の詳細は在庫日別問合せで、手配状況は在庫問合せで、それぞれ確認することが可能です。

Question:質問

未来の在庫予測は可能ですか?

Answer:回答

在庫「予測」はできませんが、予定在庫の管理は可能です。入庫予定数、出庫予定数を日別に管理できるため、未来の在庫数を日単位で管理することが可能です。

Question:質問

在庫評価法は何を採用していますか?

Answer:回答

在庫評価法としては、総平均法/標準原価法/最終仕入原価法/低価法をサポートしています。個別原価法は採用していません。

Question:質問

1商品1倉庫に1棚番が基本ですが、物によっては保管場所が複数倉庫に分かれています。サポート可能ですか?

Answer:回答

ロット・ロケーション管理を使用することで運用可能です。1棚複数品目、複数棚1品目の在庫を管理することができます。

Question:質問

得意先ごとに商品をキープさせることは可能ですか?

Answer:回答

可能です。仮受注という形で伝票を入力することにより、在庫の予約をすることが可能です。

Question:質問

製品の組立加工業務を請け負っているので、それらの加工費用も販売や原価に組み入れたいのですが?

Answer:回答

加工管理で対応できます。これは、セット品の組み入れ・組み戻し機能をさらに強化したもので、親・子・孫の3階層までの組み付けを行うことができ、加工作業中の部品を仕掛け状態として管理することができます。しかも、上位品目の完成入庫時に加工費用を在庫原価に組み入れることができますので、実態に合った在庫管理、原価管理を行うことができます。

日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション FutureStageに関する資料請求・お問い合わせは・・・

  • 資料請求・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ(フリーダイヤル)0120-346-401 受付時間9時から17時(土・日・祝日は除く)

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。