ページの本文へ

Hitachi

日立システムズ 日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション FutureStage

不良在庫・滞留在庫を一掃!

産業用機構部品卸売業A社様

  • 業種産業用機構部品卸売業
  • 年商規模50億~100億
  • 特長在庫管理

FutureStageの導入により、お客さまを悩ませていた膨大な量の不良在庫と滞留在庫が一掃された事例。

その他の特長

不良在庫の削減、入出荷作業の効率化、不良債権の回避

導入前の
課題1
正確な在庫データと過去の販売実績を把握できず、多量の不良在庫、滞留在庫が生じていた。
導入後の
効果1
在庫数と過去の実績データに基づいた販売計画を立案できるようになった。ある商品においては1億5,000万の不良在庫がすべて解消できた。

導入前の
課題2
受注締めから出庫作業開始までに時間がかかっていた。特に物流センターでは出庫請求書を手作業で種別・型番順に並べ換えていたため、相当な時間がかかっていた。

導入後の
効果2
受付締め時間を8時間延長することができ、顧客サービスの品質が向上。さらに約20%の人件費削減にもつながった。
導入前の
課題3
検品業務の負荷が大きくなっていた。
導入後の
効果3
少ない労力で品質の高い検査を実現できるようになった。またメーカーごとの不良率・不良理由の管理が可能になった。

担当営業・担当設計よりひとこと

ピッキングリストをA社様の業務ルールに基づき、ソート順変更も対応できるようにカスタマイズしました。現在は日別、品目別などの角度からリアルタイムで在庫数を照会できる在庫管理機能や、便利な返品管理機能などを特にご活用いただいています。また、在庫管理の重要度によって商品のランク分けを行い、検品の程度を調節しているとお聞きしています。

システムイメージ

システム概要図

お客さま概要

取扱商品 通信機器機構部品製造販売
出荷形態 取寄出荷主体型 ※特注品あり(メーカ発注)

システム概要

導入システム FutureStage 卸売業向け販売管理システム
クライアント数 165ライセンス
特長
  • 販売実績をベースに商品ランクごと(粗利額など)の在庫管理や指定期間売上のない在庫品(滞留品、死蔵品)管理を実施。
  • 検品を行う商品は、数量確認のみ/数量と商品確認を行うものに区分。またピッキングミスの管理を実施。
  • 全社売上返品データを統合し、返品実績管理を実施。

本事例に記載の情報は初掲載時のものであり、閲覧される時点では変更されている可能性があることをご了承ください。

日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション FutureStageに関する資料請求・お問い合わせは・・・

  • 資料請求・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ(フリーダイヤル)0120-346-401 受付時間9時から17時(土・日・祝日は除く)

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。