ページの本文へ

Hitachi

日立システムズ 対話型自動応答AIサービス CAIWA

対話型自動応答AIサービス
CAIWAとは

「CAIWAエンジン」は、言語学と人工知能の知見を取り入れた自然言語処理技術によって開発された、
言葉(自然言語)の意味を理解し、最適な返答をするためのエンジンです。
「CAIWA」は、Communication Agent with Intelligent Word Analyzerの頭文字から命名されました。

「CAIWA」の仕組み

CAIWAは自然文の意味を解析する「意味認識エンジン」、会話状態を制御する「会話制御エンジン」(併せてCAIWAエンジン)、そして知識の元であるナレッジベース(知識のデータベース)から構成されています。
ユーザーからの入力文の意味を解釈し、ナレッジベース内を検索します。
そして入力に対してふさわしい回答文をユーザーに返し、会話を成立させる仕組みとなっています。

「CAIWA」の仕組み

特長

単純なキーワードマッチングで入力文と知識の比較を行っているのではなく、入力文全体の意味をとらえます。そして、入力に対する適切な回答を返すことを特長としています。
意味解析の処理には次のような判定が可能であり、ユーザーの入力の意図をとらえたり、入力で発生する言葉の”ゆらぎ”の吸収などを実現しています。

  • 主部、述部などの構文解析
  • 「~したい」が願望、「~したくない」が願望の否定を表わすなど、入力文の意図や肯定否定の判定
  • 意味ネットワーク辞書における、単語の関係性(同義や上下など)判定など。
    さまざまなアルゴリズムで文章全体の意味をとらえます。
  • 「お腹が空いた」は「空腹」と同じ意味だという、成句判定を行います。

製品一覧

CAIWA Service Viii​

「探す」から「聞く」へ。
​AIがもたらす新しいコミュニケーションのカタチ​

CAIWA CoReDA​

更新頻度の高いビッグデータをAIが自動正規化。​チャット型での高精度な情報検索を実現!

CAIWA Service for Medical

「探す」から「聞く」へ。
AIがもたらす新しいコミュニケーションのカタチ

トピックス

2021年10月01日
新しいソリューションメニューを追加しました。
*
「CAIWA Service Viii」と「CAIWA Service CoReDA」は株式会社イクシーズラボの提供商品です。

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。