ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

Phase3,4 運用・組織の強化

高度な監視運用/組織体策によるリスク低減

サイバーセキュリティ対策強化には、2つの悩みがあります。

1つは、セキュリティ品質を高いレベルで維持するための“運⽤”の継続。もう1つは、経営者から従業員まで、⼀体となってセキュリティ向上に努める組織力の強化です。万⼀、セキュリティ事故が起きたとしても、あらかじめ想定した復旧対応を迅速かつ適切に実施することで、被害を最小化することができます。

事故を100%防ぐことができなくなった今、企業の信頼を左右するのは“マネジメント”です。

イメージ図「運用・組織の強化」

サービスメニュー

迅速な解決と事業継続支援

統合SOC お客さまの多様化(IT,OT,IoT)した環境のセキュリティ課題やインシデントを解決し分析、そして現場対応型のサービスを提供します。

プロによる遠隔支援

セキュリティデバイス監視 次世代ファイアウォールやサンドボックスシステムなど、⾼度化した脅威検知のシステムを当社SOCから24時間365⽇監視。セキュリティの専⾨家(アナリスト)が、お客さま⾃⾝では難しい脅威の判断や、遠隔での設定変更など対策⽀援を⾏います。

サーバーリスク可視化

セキュリティリスク管理 狙われやすい公開サーバー( Web、メール、DNSなど)のぜい弱性を当社SOCから遠隔で監視。さらに、SOCのアナリストが国内外の最新脅威情報と組み合わせた分析を⾏い、対策の必要度が⼀目で分かるリスクレベルを通知。⾼リスク状態の⾒落としや低リスク状態への無⽤な対応を無くし、効率的なセキュリティ運⽤を実現します。

CSIRT運用支援

クラウドCSIRT 組織内における予防対策と、インシデント発生後の円滑な対応を取りまとめるCSIRT。日々膨大な量が発信される脅威動向・ぜい弱性の情報から、アナリストがお客さまに必要な情報を抽出し、専用ポータルサイトを介して提供します。また、インシデント発生時の相談にもお応えします。

もしもの時に

リモートインシデント対応⽀援 マルウェアの検出やランサムウェアの感染が発生したとき、どのように対応したらよいかを相談できます。メールで送付いただいた問診票から事象を分析し、その結果と対応案を回答することで、迅速かつ適切な対応を支援します。オプションでオンサイトの対応も可能です。

組織のレベルUP

標的型攻撃メール訓練、従業員教育 従業員に対し、攻撃メールを模した訓練メールを発信。その結果報告を通じて警戒意識を醸成し、実際の被害に遭うリスクの低減を図ります。
標的型攻撃やインターネット経由での攻撃など、ITの利用における脅威をわかりやすい教育コンテンツ(eラーニング)で提供します。

詳しく知りたい方はこちら

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。