ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

Phase3,4 運用・組織の強化

高度な監視運用/組織体策によるリスク低減

サイバーセキュリティ対策強化には、2つの悩みがあります。

1つは、セキュリティ品質を高いレベルで維持するための“運⽤”の継続。もう1つは、経営者から従業員まで、⼀体となってセキュリティ向上に努める組織力の強化です。万⼀、セキュリティ事故が起きたとしても、あらかじめ想定した復旧対応を迅速かつ適切に実施することで、被害を最小化することができます。

事故を100%防ぐことができなくなった今、企業の信頼を左右するのは“マネジメント”です。

イメージ図「運用・組織の強化」

サービスメニュー

迅速な解決と事業継続支援

統合SOC お客さまの多様化(IT,OT,IoT)した環境のセキュリティ課題やインシデントを解決し分析、そして現場対応型のサービスを提供します。
セキュリティ統合監視 お客さまのシステムを、グローバルに連携するセキュリティオペレーションセンター「SHIELD統合SOC」よりセキュリティアナリストが監視し、お客さまのシステムで発生したセキュリティインシデントの早期発見・対応により、被害の拡大を防ぐサービスです。

※SOC:Security Operation Center

プロによる遠隔支援

セキュリティデバイス監視 次世代ファイアウォールやサンドボックスシステムなど、⾼度化した脅威検知のシステムを当社SOCから24時間365⽇監視。セキュリティの専⾨家(アナリスト)が、お客さま⾃⾝では難しい脅威の判断や、遠隔での設定変更など対策⽀援を⾏います。

CSIRT運用支援

クラウドCSIRT 組織内における予防対策と、インシデント発生後の円滑な対応を取りまとめるCSIRT。日々膨大な量が発信される脅威動向・ぜい弱性の情報から、アナリストがお客さまに必要な情報を抽出し、専用ポータルサイトを介して提供します。また、インシデント発生時の相談にもお応えします。

もしもの時に

セキュリティインシデント応急対応 インシデントレスポンスにあたり、ヒアリング内容やログ調査の観点などについてアドバイスを行い、必要に応じてログやマルウェアの調査まで行います。攻撃者の意図も考慮し、被害範囲を明瞭にして、今後の対応に資する情報を早期に報告します。

組織のレベルUP

標的型攻撃メール訓練、従業員教育 従業員に対し、攻撃メールを模した訓練メールを発信。その結果報告を通じて警戒意識を醸成し、実際の被害に遭うリスクの低減を図ります。
標的型攻撃やインターネット経由での攻撃など、ITの利用における脅威をわかりやすい教育コンテンツ(eラーニング)で提供します。

詳しく知りたい方はこちら

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。