ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

【Webセミナー】スマートファクトリー実現への製造現場デジタル化

工場安定稼働に向けた生産リソース(モノ、ヒト、コト)デジタル革新

本イベントは終了しました。ご来場まことに有難うございました。

製造現場のIoT化、DX化が急激に求められる中、みなさんの生産リソースは既にデジタル化(DX)されていますか?
システム化が先行してますが、製造現場では、手書き、個人最適化されたデータ等が多く、正しく、リアルな製造データ共有が難しいのではと感じます。
本Webセミナーでは、如何に短期間に製造現場のデジタル化を実施し、作業効率を上げる手法などを紹介します。

本イベントは終了しました。

製造現場のデジタル化に向けての課題とその解決策

短期間で製造現場のデジタル化を実施し、さらに、現場業務の効率化と技術継承の実現を可能にする手法などを紹介します。

対象者

  • 工場長や生産ライン長など現場の責任者さま
  • 製造現場の責任者さま
  • 設計部署の責任者さま
  • 製造・設計等の業務に携わっている関係者のみなさま

開催概要

開催概要
日程 2021年9月15日(水曜日)
11時~11時50分
参加費 無料(事前登録制)
定員 500名
主催 株式会社日立システムズ
  • ※定員に達し次第、受付を終了いたしますので、あらかじめご了承ください。
  • ※SIer、同業他社などはお断りさせていただく場合がございます。

プログラム

プログラム
11時~11時50分
【Session1】
工場安定稼働に向けた生産リソースのデジタル革新
製造現場リソースである“モノ”“ヒト”“コト”それぞれの現状の棚卸しから始まり、「あるべき姿への改革」をみなさんと導きだし、生産効率化と製造KPI貢献をめざします。
【Session2】
現場業務の効率化と技術継承実現“組立ナビゲーション”
特に多品種生産では、さまざまな作業手順書作成があり増大な工数が掛かる。
本システムでは、3Dデータを取り込み、日立独自アルゴリズムにより、分解動作分析、干渉判定を行い、組立順序を自動的に生成することで、「手順書の品質向上、作成工数を削減、技術継承の実現などに寄与する」方法を紹介します。

※プログラムは変更が生じることがありますので、あらかじめご了承ください。

本セミナーの参加形態

お客さま所有のPC(OS:Widnows10)もしくは、iPhone/iPadから、インターネット経由でリアルタイム配信 (オンライン)のセミナーに参加いただけます。
(通信費用は、お客さま負担となります)

オンラインでの参加までの流れ

Webサイトで参加申し込みをいただきますと、画面に「参加用URL」が表示されます。
その後、株式会社日立システムズ 関西セミナー事務局 no-reply@zoom.usより、申し込み確認メールにて、「参加用URL」を連絡させていただきます。
また、リマインダーメールにて、開催1日前および、1時間前に、「参加用URL」を連絡させていただきます。

オンラインでの参加の事前準備について

PC(OS:Widnows10)、iPad/iPhoneで、参加いただけます。
事前に「Zoom」アプリケーションのインストール(無料)が必要となります。
※Zoomのサインアップ(ユーザ登録)は不要です。インストールのみで、本ウェビナーに参加いただけます。
「参加用URL」をクリックいただくことで、参加が可能となります。

~アプリケーションのインストール(無料)はこちらから~ ※最新バージョンをご利用ください。

※「ミーティング用Zoomクライアント」をダウンロード、インストールください。

※Windows 10 PCについてのシステム要件の欄を確認ください。

※iOSについてのシステム要件の欄を確認ください。

お客さまのネットワークセキュリティの設定などにより、参加いただけない場合があります。
また、ネットワークの接続状況により、正常なリアルタイム配信ができない場合があります。

案内された「参加用URL(このURLをクリックして参加してください。)」は、参加申し込みされたお客さまごとに個別で発行されます。
また、1つの「参加用URL」につき、接続端末(PC(OS:Widnows10) or iPad/iPhoneは1台でお願いします。

出展商品・関連製品

デジタライゼーションサービス
日立システムズは、全国約300か所のサービス拠点を活用してお客さまの現場に足を運び、潜在的な課題やニーズを把握。
多彩な「人財」と先進の情報技術、強みであるサービスインフラを駆使した独自のサービスにより、現場のデジタライゼーションを支援。
製造や流通の現場、社会インフラの維持管理などさまざまなシーンで、お客さまの間接業務や現場作業の効率化、新たな価値創造に貢献します。
統合資産管理サービス
資産や設備を見える化し、資産管理の効率化を実現。
「統合資産管理サービス」は、現場の資産や設備の所在を明確にし、管理体制を整えて見える化するサービスです。
全国約300拠点からエンジニアがお客さまの現場へ赴き、各種資産の現物確認や管理ラベルの貼り付け、台帳整備など、煩雑で面倒な資産管理の「前工程」からデータ維持・管理まで、トータルで支援します。
統合資産管理サービス 金型管理モデル(製造業など)
資産管理の徹底、最適化(デジタル化)で経営効率化を実現!
工場や倉庫など各拠点に散在する、数万点規模の金型などの固定資産。システムで一元管理することで企業全体の資産を正確に把握でき、設備・資産の適正活用や、管理工数低減につながります。
「統合資産管理サービス」では、全国約300か所の経験豊富なカスタマーエンジニアが、お客さまの現場で各種資産に対する現物確認や管理ラベル貼り付け、資産台帳の整備などといった、デジタル化にいたるまでの一連の作業を代行、その後のデータ維持・管理までを サポートいたします。
統合資産管理サービス 工場付帯設備管理モデル(製造業など)
工場付帯設備の徹底管理と予防保全で、稼働率を向上!
工場の生産ラインの稼働率を上げるためには、付帯設備も含めた生産設備の適切な管理・保全と、故障時に迅速な復旧を行い、生産停止期間を極力短くする必要があります。
「統合資産管理サービス 工場付帯設備管理モデル」は、設備の保全業務に関する作業代行やサポートを中心に、資産台帳の精度向上や棚卸し工数の削減もトータルサポートします。
統合資産管理サービス 設備部品・予備品管理モデル(製造業など)
保全情報、予備品情報の管理体制を改善し、コスト低減と保全業務効率化へ! 生産設備に関連する、保全情報や設備部品・予備品を適切に管理することで、予防保全業務の効率化や廃棄ロスによる無駄なコストの低減につながります。
「統合資産管理サービス 設備部品・予備品管理モデル」は、各社の既存業務の運用フローやシステムに合わせた管理体制の整備をはじめ、運用改善に伴う作業をトータルサポートします。
組立ナビゲーションシステム(多品種少量生産の組立製造業など
3D作業手順書を自動生成し、手順書の品質向上、作成工数を削減
3D CADから作業手順書を自動生成することで、手順書作成工数を削減し、生産能率を高めます。
また、要素作業単位の手順をコマ送りで画面に表示するため、作業者が手順を理解しやすくなり、作業効率・品質が向上します。

セミナー・イベントに関するお問い合わせ・お申し込み

株式会社日立システムズ セミナー事務局
担当:桃沢(ももざわ)、甲斐(かい)
TEL:06-6147-2190

個人情報お取り扱いご同意の確認について

「個人情報のお取り扱いについて」をお読みいただき、同意していただける場合のみ「お申込み込みはこちら」のボタンを押してください。

本イベントは終了しました。

日立システムズではお客さまに、最新のセミナー・イベント情報や商品情報など、お役立ち情報をご紹介するメールマガジンをお送りしております。

メルマガ登録

メールマガジン

最新のイベント情報、商品情報など、お役立ち情報をご紹介するメールマガジンをお送りしております。

メールマガジン登録

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。