ページの本文へ

Hitachi
お問い合わせお問い合わせ

・公報から発明の課題の重要ポイントをAI技術を活用して重要度上位3件まで抽出(課題ファクト)
 この抽出結果を一覧画面(2行表示)と抄録画面に表示することによって
 調査効率を向上させます。
・概念検索の検索対象範囲として「課題ファクト」を対象にして検索することができます。
・ Excel/CSVダウンロードにて「課題ファクト」をダウンロードすることができます。

案件のAIサマリを一覧・抄録出力しスクリーニングを効率化!

1.一覧・抄録への課題出力

重要度上位3件まで抽出した(課題ファクト)を
一覧画面(2行表示)と抄録画面に表示することができます。
※抄録画面表示には「その他の環境設定」にて
「抄録画面のファクト表示」設定が必要です。

2.課題を対象とした概念検索

概念検索の際に「課題ファクト」を対象とすることができます。

3.課題ファクトのダウンロード

Excelダウンロードにて「課題ファクト」を取得できます。

国内版、国外版「SRPARTNER」を、
一ヶ月無料でお試しいただけます!

無料トライアルお申し込み

正式契約(新規契約・変更契約・ご解約)の
お申し込みはこちらから

正式契約お申し込み

お知らせ

2024/6/19
2024/4/15
2024/4/2
2024/3/14
2024/3/1
2024/2/20
2023/12/22
2023/9/20
2023/9/11
2023/8/11
2023/8/11
2023/7/11
2023/7/6
2023/6/14
2023/4/20
2023/3/22
2023/3/1
2023/2/28
2023/2/7
2023/1/31
2022/12/20
2022/11/8

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。