ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

概要・特長

PassLogicロゴ

トークンを持ち歩くことなくSSL-VPN*1*2へアクセス。安全で使いやすいワンタイムパスワードです。

*1
SSL(Secure Sockets Layer):インターネット上で情報を暗号化して送受信するプロトコル。WWWやFTPなどのデータを暗号化し、プライバシーに関わる情報などを安全に送信することが可能。
*2
VPN(Vertual Private Network):インターネット上に仮想的に専用線のような空間を作り、拠点間での安全なデータ通信を可能とする技術、またはそれを用いたネットワークのこと。

トークンレスならではの高い利便性!

配布工数や紛失の心配など、管理が手間だったトークンの課題を解決。安心のセキュリティと使い勝手にも妥協しない納得のソリューションです。

アクセス頻度が高いシステムにも対応!

高速な認証処理に定評あり。アクセス頻度の高い大規模システムでも軽快な動作が実現します。

PassLogicに必要なのはブラウザーだけ!

マルチデバイスに対応するBIG-IP APMとの相性抜群。クライアント端末の選択肢が豊富なので、在宅勤務やBYOD(Bring Your Own Device)でも活用できます。

機能詳細

認証方法

【マス目の位置】と【順番】(シークレットパターン)がパスワードになります。

ログイン時は登録した【マス目の位置】の数字を【順番】どおりに抽出し、パスワードとして使用します。ログインごとに乱数表が刷新されるため、毎回新しいパスワードが使用できます。

シークレットパターンはユーザーごとに設定が可能です。

システム利用イメージ

PC版EdgeClientの場合

1.EdgeClientを立ち上げ、「接続」をクリック

2.ユーザーIDを入力

3.ワンタイムパスワードを入力

4.ログイン完了

ブラウザーから利用する場合

1.ブラウザーを立ち上げ、BIG-IP APMへアクセス

2.ユーザーIDを入力

3.ワンタイムパスワードを入力

4.ログイン完了

EdgeClient(専用クライアント)/ブラウザー、どちらのログインにも対応

F5 BIG-IP APM連携イメージ

  • ※PassLogicは、パスロジ株式会社の商標です。

詳しく知りたい方はこちら

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。