ページの本文へ

Hitachi

日立システムズ 日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション FutureStage

用語 最終仕入原価法
読み方 さいしゅうしいれげんかほう
分野 在庫管理
最終仕入原価法とは、棚卸資産の評価方法(法人税法施行令第28条)の1つ。
評価の時点ごとに直前に仕入れた単価を使用して、原価の計算や棚卸資産の評価を行う方法。
最終仕入原価法は、会計上(企業会計原則)では正しい在庫評価方法として認められていないため、上場企業においては有価証券報告書上で最終仕入原価法を適用することはできない。
ただし、上述のとおり、税法上では、この最終仕入原価法の適用が認められているため、上場していない多くの中小企業で採用されている。

日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション FutureStageに関する資料請求・お問い合わせは・・・

  • 資料請求・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ(フリーダイヤル)0120-346-401 受付時間9時から17時(土・日・祝日は除く)

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。