ページの本文へ

Hitachi

日立システムズ 日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション FutureStage

日立システムズの「FutureStage 製造業向け生産管理システム」と
RPAテクノロジーズの「BizRobo! mini」を連携

中堅・中小規模の製造業向けに、製造現場の働き方改革や生産性向上を支援するサービスを販売開始

2020年2月27日
RPAテクノロジーズ株式会社
株式会社日立システムズ

 株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:北野 昌宏、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)は、中堅・中小規模の製造業向けに提供している基幹業務パッケージ「FutureStage 製造業向け生産管理システム」のオプションサービスとして、RPAホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:高橋 知道、以下、RPAホールディングス)子会社で、RPA*1のベーステクノロジーを提供するRPAテクノロジーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:大角 暢之、以下、RPAテクノロジーズ)のRPAソリューション「BizRobo! mini」を活用した製造現場の生産性向上を支援するサービスを本日から販売開始します。

 近年、企業はグローバル化の進展による競争の激化や少子高齢化による労働人口の減少、生産性の低さなど、多くの課題に直面しています。そのため、多くの製造業では統合型基幹システム導入による業務効率化を図っていますが、紙帳票からシステムへの入力・チェック作業、表計算ソフトウェアからシステムへの転記作業など、いまだに人手を介する業務が存在しており、生産性向上に向けた課題となっています。
 こうした課題に対し、RPAテクノロジーズは、業務の自動化をスモールスタートしたい中小企業やRPA導入を部署単位で検討したい大企業などを対象にRPAソリューション「BizRobo! mini」の提供を2018年11月から開始しています。また、日立システムズは昨年4月に販売開始した企業の業務効率化や生産性向上を支援する「業務効率化支援サービス」でも、RPA 製品の一つとして「BizRobo! mini」を活用しています。

 こうした背景を踏まえ、日立システムズは、「FutureStage 製造業向け生産管理システム」とRPAテクノロジーズの「BizRobo! mini」を連携させ、RPAによる製造現場の生産性向上を支援するサービスを「FutureStage 製造業向け生産管理システム」のオプションサービスとして販売開始します。
 日立システムズの基幹業務システム「FutureStage」は、主に中堅・中小規模企業の製造業や流通業などに向けて、生産管理や販売管理などの機能を提供しており、これまで累積4,000システム以上の導入実績があります。
 今回、販売開始するオプションサービスでは、例えば、「FutureStage」に新たな製品情報を登録する際に、「BizRobo! mini」を活用することで、品目マスタ、単価マスタ、構成マスタなど複数のマスタ情報の整合性をとった状態で紙帳票や表計算ソフトウェアから自動的に登録することが可能となります。そのほかにも、受注時に必要な注文データなどを「FutureStage」へ自動登録することや、出荷や生産が遅れている品目、欠品が発生しそうなリストを自動で作成し、担当者にプッシュ型のアラートとして送信することが可能になります。
 これまで統合型基幹システムではカバーすることが難しかった人手を介したシステムへの入力・転記作業が自動化され、省力化および人為的ミスを防止することにより、製造現場の生産性向上を支援します。
 なお、今回自動化される部分はテンプレートとして部品化されており、「FutureStage 製造業向け生産管理システム」に簡単に導入することが可能です。

 今後、日立システムズは、機能強化した「FutureStage 製造業向け生産管理システム」を中堅・中小規模の製造業向けに拡販し、2020年度末までに累計約30億円の販売をめざします。
 さらに、「FutureStage 製造業向け生産管理システム」と、「業務効率化支援サービス」のRPA、OCR*2、AI-OCR製品や業務分析・可視化サービス、BPO*3サービスなどを連携させたサービスの提供を検討し、製造現場のさらなる働き方改革や生産性向上を支援していく予定です。

*
1 RPA(Robotic Process Automation):ソフトウェアロボットを活用した業務の自動化手法。
*
2 OCR(Optical Character Recognition/Reader):手書きや印刷された文字を、スキャナやカメラによって読みとり、データと照らし合わせ文字を判断し、電子テキストに変換する技術や装置。
  
*
3 BPO(Business Process Outsourcing):業務の外部委託。
 

今回、販売を開始する「FutureStage 製造業向け生産管理システム」のオプションサービス一覧

業務(機能)名称 業務(自動化)内容 効果
品目情報登録 新製品登録時に、品目マスタ、単価マスタ、構成マスタなど複数マスタの情報を各マスタの整合性をチェックしながらFutureStageへ自動登録 情報入力の省力化および人為的ミスの防止
単価情報設定 一定の条件を含む品目を抽出し、単価を自動的に改訂しFutureStageに自動反映
受注業務 取引先から送付される注文データをFutureStageに自動登録
生産計画作成 Excelで作成管理している生産計画をFutureStageに自動反映
作業日報入力 Excelで作成管理している作業日報をFutureStageに自動登録
他システム情報連携 会計データなど他システムで管理している情報をFutureStageに自動登録
アラート(遅れ、欠品) 出荷や生産が遅れている品目、欠品が発生しそうなリストを自動で作成し、担当者にプッシュ型でアラートを送信 業務の見える化による問題の早期発見
管理資料作成 Excelで管理されている情報とFutureStageに蓄積されている情報から管理レポートを自動作成 情報作成作業自動化

価格(税抜)

個別見積もり

今回、販売を開始する「FutureStage 製造業向け生産管理システム」のオプションサービスのWebサイト

https://www.hitachi-systems.com/ind/fs/fabrication/function/bizrobo/

受注業務における自動化の例

原価管理機能のイメージ図

RPA ソリューション「BizRobo! mini」について

 「BizRobo! mini」は、全画面表示される直観的なインターフェースで「BizRobo!」をよりお手頃な価格でご利用いただけるサービスです。RPA テクノロジーズのサーバーと認証するだけで、デスクトップ実行型として利用出来るため、短期間での導入が可能です。また、クライアント型RPA のため、費用を抑えた最小構成での利用が出来るため、全国あらゆる規模の企業でスモールスタートが実現出来ます。

 詳細は https://rpa-technologies.com/lp/bizrobominiをご覧ください。

日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション「FutureStage」について

 「FutureStage」は、株式会社日立製作所、株式会社日立ソリューションズ、日立システムズ、株式会社日立ソリューションズ西日本の4 社が開発・販売してきた中堅・中小規模企業向けの基幹業務パッケージを統合し、業種・業務別に体系化して2013 年4 月より販売している製造・流通業向け基幹業務ソリューションのブランドです。

日立システムズが提供する日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション「FutureStage」について

 日立システムズが販売する「FutureStage」は、製造業や流通業などの生産管理や販売管理などを行う基幹業務システムのシリーズ製品で、主に中堅・中小規模企業のお客さまを対象に累積4,000 システム以上の導入実績があります。特に、各業界特有の業務要件を満たした機能を標準で備えた特定業種向けシステムは、カスタマイズをせずに導入できるモデルとして多くのお客さまに採用されています。

 詳細は https://www.hitachi-systems.com/ind/fs/をご覧ください。

日立システムズの中小企業に対する取り組みについて

 日立システムズは、2018 年から経済産業省が中小企業・小規模事業者の生産性向上を目的に実施している「IT 導入補助金」のIT 導入支援事業者として登録され、「FutureStage クラウド型製造業向け生産管理システム」をはじめとした、各種IT ツールを提供しています。
 また、中小企業のIT 活用を支援するIT ベンダー等を情報処理支援機関として認定する制度に申請し、2018年10月にスマートSMEサポーターとしても認定されるなど、中小企業が抱える経営課題の解決を多様なデジタルサービスを通じて支援する取り組みに注力しています。

RPAテクノロジーズについて

 RPAテクノロジーズ株式会社は、クライアント企業の新規事業に対する投資及びコンサルティングサービスを手掛けるオープンアソシエイツ株式会社(現:RPA ホールディングス株式会社、東証マザーズ証券コード6572)より、会社分割により100%子会社として2013 年7 月に設立しました。主に、コンピュータ、その周辺機器およびそのソフトウェアの開発、設計、製造、販売ならびに輸出入業務/情報処理サービス業およびコンサルタント業務/情報提供サービス業/マーケティングリサーチおよび各種情報の収集分析などを手掛けています。

 詳細は http://rpa-technologies.com/をご覧ください。

日立システムズについて

 株式会社日立システムズは、幅広い規模・業種システムの構築と、データセンター、ネットワークやセキュリティの運用・監視センター、コンタクトセンター、全国約300 か所のサービス拠点などの多彩なサービスインフラを生かしたシステム運用・監視・保守が強みのIT サービス企業です。多彩な「人財」と先進の情報技術を組み合わせた独自のサービスによってお客さまのデジタライゼーションに貢献し、新たな価値創造に共に取り組み、お客さまからすべてを任せていただけるグローバルサービスカンパニーをめざします。

 詳細は https://www.hitachi-systems.com/をご覧ください。

お問い合わせ先

お客さまからのお問い合わせ先

株式会社日立システムズ
商品お問い合わせ窓口:TEL 0120-346-401(受付時間:9時~17時/土・日・祝日は除く)
お問い合わせWebフォーム:https://www.hitachi-systems.com/form/contactus.html

*
記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe Readerが必要です。

日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション FutureStageに関する資料請求・お問い合わせは・・・

  • 資料請求・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ(フリーダイヤル)0120-346-401 受付時間9時から17時(土・日・祝日は除く)

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。