ページの本文へ

Hitachi

日立システムズ 日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション FutureStage

関連ソリューション

サービス連携

BIダッシュボードの分析テンプレートにより生産管理システムの製造実績データを分析し、労働生産性の見える化や生産性低下要因の発見をサポート。
工場設備や人の実績のデータ収集を行う、JTEKT社「稼働アップNavi」とのデータ連携を予定。

①継続的、定期的に必要になる生産性低下要因分析を半自動化
②分析テンプレートにより、人・モノなど、さまざまな観点による網羅的な分析を支援
③収集したまま活用方法に悩んでいるデータをより効果的に活用

労働生産性分析サービス with FutureStage 利用イメージ

労働生産性分析サービス for FutureStageイメージ

労働生産性分析サービス with FutureStage 生産性向上の5つのポイント

労働生産性分析サービス for FutureStageイメージ

労働生産性分析サービス with FutureStage 連携イメージ

DTS社製BIダッシュボード製品「GalleriaSolo(サブスクリプション版)」に当社が開発した分析テンプレートをバンドルし、低価格かつ短期間での導入を実現します。
FutureStageの作業実績などのデータを取り込み、製造リードタイムをさまざまな切り口で可視化することで、生産性低下の要因分析をサポートします。
お客さまのニーズに合わせた分析テンプレートの開発も可能です。
(FutureStageのデータを利用した製品標準機能の範囲での対応となります。)

労働生産性分析サービス for FutureStage連携イメージ

※「GalleriaSolo」は株式会社DTSの登録商標です。

工場設備や人の作業実績を収集するJTEKT社「稼働アップNavi」との連携イメージ(予定)

■工場の管理業務において、次のような課題を抱えていませんか?

  1. 設備状態や実績を収集したいが、作業者によるデータ入力は負担が大きい
  2. 様々なメーカの設備が存在し、それぞれの規格が異なるため機器情報の収集が困難
  3. 設備の異常状態の把握に時間を要する
  4. ボトルネックとなっている工程や作業者、設備の特定が困難

■労働生産性分析サービス+JTEKT社「稼働アップNavi」により、工場の管理業務における課題を解決!

労働生産性分析サービス+JTEKT社「稼働アップNavi」により、工場の管理業務における課題を解決!

*1)SignalHop送信機・・設備の状態ランプの点灯/点滅を識別するための照度センサーやカラーセンサーと、収集したデータの送信機能を備えたIoT機器。

*2)「稼働アップNavi」は株式会社ジェイテクトの登録商標です。

労働生産性分析サービス with FutureStage 画面イメージ

①全製造数量推移/製品選択

労働生産性分析サービス for FutureStage見える化活用例

②工程リードタイム分析

労働生産性分析サービス for FutureStage見える化活用例

労働生産性分析サービス with FutureStage 価格

※詳細な費用につきましては、お問い合わせください。

日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション FutureStageに関する資料請求・お問い合わせは・・・

  • 資料請求・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ(フリーダイヤル)0120-346-401 受付時間9時から17時(土・日・祝日は除く)

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。