ページの本文へ

Hitachi

日立システムズ 日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション FutureStage

関連ソリューション

サービス連携

労働生産性の見える化や生産性低下要因の発見

統計ツールやAI・機械学習を利用して製造実績データを分析し、労働生産性の見える化や生産性低下要因の発見をサポート。

①継続的、定期的に必要になる生産性低下要因分析を半自動化します。
②分析テンプレートにより、人・モノなど様々な観点での分析を網羅します。
③収集したまま活用方法に悩んでいるデータをより効果的に活用します。

労働生産性分析サービス for FutureStage 利用イメージ

労働生産性分析サービス for FutureStageイメージ

労働生産性分析サービス for FutureStage 機能特長

製造現場で収集されたOTデータにFutureStageが保持するデータを連携・集約して分析することで、製造現場に留まらない幅広い観点での改善サポートが可能となります。

労働生産性分析サービス for FutureStageイメージ

労働生産性分析サービス for FutureStage 連携イメージ

製造業で収集されたOTデータ(設備、工程、作業員等のデータ)にFutureStageが保持するデータを連携・集約して、統計ツール、AI・機械学習を活用して加工することにより、より効果的なサポートが可能となります。

労働生産性分析サービス for FutureStage連携イメージ

労働生産性分析サービス for FutureStage 見える化活用例

次のようなグラフをスケジュールに基づき自動生成できます。IT、OTデータを様々な組合せで見える化することで生産性低下要因の抽出や対策につなげることができます。

労働生産性分析サービス for FutureStage見える化活用例

日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション FutureStageに関する資料請求・お問い合わせは・・・

  • 資料請求・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ(フリーダイヤル)0120-346-401 受付時間9時から17時(土・日・祝日は除く)

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。