ページの本文へ

Hitachi

日立システムズ 日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション FutureStage

標準機能

生産管理機能について、実際の作業の流れに沿って詳しく解説します。

生産管理の主な機能

業務イメージ

[作業指示書]を基に製造現場で実際の製造作業を行ったのち、作業員(またはオペレーター)が作業実績を入力すれば完了です。

作業指示書発行

MRP(確定)で作成された内製品の手配情報から、具体的な工程が書かれた[作業指示書]を発行します。
発行した[作業指示書]を製造現場の作業員に渡し、現場は製造作業に着手します。
作業指示書には、工程納期や作業時間、完成数、不良数などが記入できるようになっています。もちろんカスタマイズでのレイアウト変更なども可能です。
作業指示書と同時に、部品出庫指示書や工程別作業指示書、仕様書の発行もできます。

作業実績入力

製造作業後に、先ほどの[作業指示書]に記入した内容に基づき、作業実績を入力します。入力は作業工程単位です。
最終工程までの実績入力が登録されると、製品データが完成品として在庫となります。
完成品は、お客さまの納期に出荷し、出荷後は売上、請求、売掛を行う業務の流れになります。
また、POP実績入力も準備しておりますので、現場でのPOP端末(タッチパネルに対応した端末)による入力運用も可能となります。

POP実績入力

現場での実績入力は、キーボードだけではなく、タッチパネル搭載のタブレットPCによる入力も可能です。現場作業員の入力負荷を軽減します。

製品が完成したら、次は出荷、売上、請求、売掛・・といった流れになります。

FutureStage 製造業向け生産管理システム 機能一覧はこちらをご覧ください。

実際の画面を体験したい方は、オンラインデモをご覧ください。

日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション FutureStageに関する資料請求・お問い合わせは・・・

  • 資料請求・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ(フリーダイヤル)0120-346-401 受付時間9時から17時(土・日・祝日は除く)

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。