ページの本文へ

Hitachi

日立システムズ 日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション FutureStage

関連ソリューション

サービス連携

工場現場の生産性向上を図ります。

多品種小ロット化、グローバル競争の激化、得意先からの要求の高度化に伴い、製造業では生産性向上が求められています。FutureStageは、生産現場の多種多様な設備・デバイスと接続しデータの収集・蓄積・分析・可視化を行なうIoT技術とデータ連携を行なうことで、工場現場の生産性向上を図ります。

IoT・設備資産管理ソリューション システムイメージ

IoT・設備資産管理ソリューション システムイメージ

IoT・設備資産管理ソリューション サービス概要

生産進捗のリアルタイムな把握

顧客・案件管理システム on kintone

機械設備から収集した実績データをもとに工程進捗をリアルタイムに把握し、問題点の早期発見、計画の見直しを行なうことで生産性の向上を図ります。

設備稼働分析

設備稼働分析

設備の稼動時間をデジタル化することで、工程の問題点を洗い出し分析を行なうことで、作業改善を図ります。

設備資産のデジタライゼーション

設備資産のデジタライゼーション

設備資産に対する現物確認や管理ラベル貼り付け、棚卸作業、データ整備など設備資産情報のデジタル化を支援します。
また設備管理システム(EAM)を活用した設備情報の一元管理、見える化によりPDCAサイクルを取り入れた保全業務の最適化を図ります。

金型ショット管理

金型ショット管理

ショット数や、振動数や保全に必要な各種情報をセンサーを通じ収集し活用することで、事後保全から計画保全へと保全業務を改善します。

日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション FutureStageに関する資料請求・お問い合わせは・・・

  • 資料請求・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ(フリーダイヤル)0120-346-401 受付時間9時から17時(土・日・祝日は除く)

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。