ページの本文へ

Hitachi

日立システムズ 日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション FutureStage

標準機能

【原価管理】標準原価計算・実際原価計算・標準実際差異管理・製番別原価計算・仕掛管理・経費配賦計算

「原価の見える化」でコストダウン対策強化
仕掛原価も把握でき、タイムリーな経営数値が得られます

FutureStage 製造業向け生産管理システムは、豊富な機能で、お客さまのシステム要件を広く細やかに実現し、業務と経営のスピードアップを強力に支援します。

原価管理 機能特長

  • 製品を製造するために発生した「製造原価」は、特定の製品にかかった「直接費」と、製品全体にかかった「間接費」に分類することが可能です。
  • 経費費目ごとに、部門別、工程別、品目別、製番別に配賦計算を行うことが可能です。
  • 品目別、製番別に配賦を行うことが可能です。
  • 直接費用だけではなく間接費用まで含め自動計算できるので、実際の製造においてかかった費用を正確に把握することが可能です。
  • 総合原価・個別原価両方のサポートにより、大量生産と受注生産両方の生産形態に対応します。
  • 直接費、間接費の費目別(材料費、労務費、外注費、経費)に予実差異分析が可能です。標準原価の見直しや原価低減に役立ちます。
  • 予定原価(標準原価)の把握は原価維持・改善の目標になります。さらに、実際原価との対比・差異情報によってVE/VA活動をサポートします。
  • 月中の実際原価の把握も可能です。

原価管理 機能詳細(利用イメージ)


[標準原価明細表]

製品品番ごとに標準原価の内訳を確認することができます。


[製番原価照会]

原価の進捗状況をひと目で確認できます。

原価管理システムの機能一覧はこちらをご覧ください。

日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション FutureStageに関する資料請求・お問い合わせは・・・

  • 資料請求・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ(フリーダイヤル)0120-346-401 受付時間9時から17時(土・日・祝日は除く)

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。