ページの本文へ

Hitachi

日立システムズ 日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション FutureStage

原価管理の重点化

金属表面処理製造業G社様イメージ

  • 業種金属表面処理製造業
  • 年商規模10億~30億
  • 特長原価管理

原価管理に重きをおいた解決事例。お客さまのご要望は、現行の独自システムの機能FORECAST(予測標準原価の入力機能)の機能継承を始め、既に重点化されている現行システムの原価管理機能を満たして勝る原価管理システムの実現。

その他の特長

経営計画の精度向上、データ入力の効率化、自社ルールの自動化、不良債権の回避、原価管理

導入前の
課題1
標準原価を原価要素別(労務費、材料費など)に把握したい。

導入後の
効果1
要素別の原価把握が可能になった。


導入前の
課題2
標準原価の予測精度を向上させたい。

導入後の
効果2
シミュレーションした予測原価との差異も把握することができた。
導入前の
課題3
仕入先からの納期回答の管理と、仕入実績管理をしたい。

導入後の
効果3
仕入先別の詳細な仕入実績把握により、優良仕入先の選定が行えるようになった。

担当営業・担当設計よりひとこと

G社様では、売上・作業実績から労務費、材料費、外注費、経費など原価要素別の標準原価管理を標準機能で実現できました。また、本番環境と同等の原価計算シミュレーション環境を設けたことで、予測原価を算出できるようになったことも高く評価していただいています。発注、納期回答、仕入データを仕入先ごとに詳細に管理する機能を追加開発で対応させていただき、仕入実績管理の強化にご活用いただいております。

システムイメージ

システム概要図

お客さま概要

取扱商品 金属部品(単品)
生産形態 受注生産(確定)
原材料の形態 単品部品
メイン工程 機械加工
内作/外作の比率 9:1

システム概要

導入システム FutureStage 製造業向け生産管理システム
クライアント数 15ライセンス
特長 原価管理に特化したシステム化

本事例に記載の情報は初掲載時のものであり、閲覧される時点では変更されている可能性があることをご了承ください。

日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション FutureStageに関する資料請求・お問い合わせは・・・

  • 資料請求・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ(フリーダイヤル)0120-346-401 受付時間9時から17時(土・日・祝日は除く)

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。