ページの本文へ

Hitachi

日立システムズ 日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション FutureStage

ピジョンホームプロダクツ株式会社様

2013年4月、「TENSUITE(旧HICORE-Products)」は、日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション「FutureStage」に統合しました。 ※本事例に記載の商品情報は初掲載時のものです。

  • 業種化粧品・洗剤製造販売
  • 特長管理業務の効率化

ピジョンホームプロダクツ株式会社様(以下、ピジョンホームプロダクツ様)は、ベビーソープやベビーシャンプーなど、赤ちゃんを優しくつつむ商品を手がけています。ロゴマークには、「愛をカタチにする」想いが込められています。そんなピジョンホームプロダクツ様の今回のシステム構築の狙いは「お客さま第一主義の商品提供」でした。

(お客さま概要)

ピジョンホームプロダクツ様について

管理部企画担当マネージャー 佐々木典夫 氏

少子化が進む日本社会において、いかに成長企業でいられるか。

「愛を生むのは愛のみ」をグループ理念に掲げるピジョンホームプロダクツ様は、生産管理システムの導入にあたり、素早い経営判断と作業効率の向上を可能にする、日立システムズの「HICORE-Products」を採用しました。

今回は、ピジョンホームプロダクツ 管理部企画担当マネージャーの佐々木典夫氏に、システム導入に至った背景や、日立システムズを採用した経緯について詳しくお話を伺いました。

基本情報

お客さま名 ピジョンホームプロダクツ株式会社
事業内容
  • 洗剤・化粧品・医薬部外品の製造販売
  • 洗剤・化粧品・医薬部外品の企画開発
  • 洗剤・化粧品・医薬部外品の受託製造・販売(バルク製造・充填・包装)

(導入の背景)

浮き彫りになった「情報共有化ができていない」現実

― 生産管理システム導入のきっかけは何だったのでしょうか。

製造部化粧品担当 大竹氏
箱詰めの様子

そもそも生産管理システムの導入を考えるきっかけになったのは、現場で起きる問題の多くが、情報を十分に共有できていないことに起因していると分かったからです。
これまではデータを個人が各PCで管理していたため、部署間で作業の重複がたびたび発生していました。
これでは、社員から無駄な作業をしているという不満がでるのは当然ですし、作業の効率低下につながると感じたのです。

ロット・トレーサビリティや原価情報も同様にPCで管理しており、データの整合性が確実に取れているのか不安でした。
一方、オフコンの老朽化が常々問題視されていたことも、システム導入のきっかけとなりました。そこで新しいシステムの導入に踏み切ったのです。

(システム選定と構築)

仕事の流れに合わせられる柔軟性と充実した開発・保守メンテナンス体制が魅力

― 数ある生産管理システムの中から、日立システムズを採用した理由を教えてください。

結論からいえば、仕事の流れに合わせられる柔軟性と、充実した開発・保守メンテナンス体制が魅力だったので、日立システムズを採用しました。

採用に至るまでに、日立システムズを含め計4社のシステムについて、提案内容や製品の特徴、コストの観点からふるいにかけました。

仮に、日立システムズ以外の他3社を「独立系SIベンダーのA社」、「メーカー系SIベンダーのB社」、「独立系ソフトハウスのC社」とします。
A社は、名前の知られた実績のある統合パッケージでしたが、実績は会計システムが大半で、担当者も製造業の現場を理解しているのか疑問でした。
B社は、業務・運用に合わせてシステムが構築できると聞いていましたが、プレゼンテーションの際、スライド形式のデモンストレーションしかできなくて不安が残りました。
C社は、担当者の技術力や開発コストの点ではとても良かったのですが、基幹システムですから、長期安定稼働を考えると企業体力が懸念されました。

そんな中、日立システムズから、「業種テンプレート」+「部品活用型ソリューション」を提案してもらい、これなら仕事の流れに合わせて柔軟に対応できるシステムになると判断しました。

提案にあたっては、当社が用意した自社データを活用してデモンストレーションを行ってもらったので、最適なテンプレートでイメージをつかむことができました。
つまり、業務をシステムに合わせるのではなく、現行業務に沿ったシステムを使えることが分かったわけです。
また、開発・保守メンテナンスの一貫したサポートが受けられること、コスト的にも評価できたことで、採用を決めました。

― システムの構築にあたり、問題は生じませんでしたか。

いざシステムを導入しようという段階になると、さまざまな心配事が新たに出てくるものです。
現場独自の言い回しや暗黙知を日立システムズが理解できるのだろうか。要求仕様をまとめるのは困難な作業なのではないだろうか、などと懸念を抱いたことも。

ところが、統一された操作性設計やプロトタイプの機能・画面設計を、プロジェクトの進捗にあわせて実際の画面を作り込んでもらったことで、認識の相違などが早い段階で修正され、仕様のとりまとめがスムーズとなり社内でも好評でした。

また、テンプレートと部品によるシステムですので、仕事の流れにあわせたシステムが構築できました。そのため、実際に利用する社員にとっても、馴染みやすいシステムとなり、稼働まで非常にスムーズに進行しました。現場教育も軽減できましたし、社員への負担も最小限で済みました。

システムイメージ

システムイメージ

(導入効果)

現れた導入効果 -在庫管理の精度が上がる-

― 実際にシステムを導入して、導入効果は実感できましたか。

製造部洗剤担当 保科氏
製造部購買担当 菊池氏

「HICORE-Products」 を導入することで、受注から出荷までのモノや情報の流れを統合的に管理でき、販売競争力の強化や生産原価の低減などが可能になると聞いていました。そして、実際にシステム導入による効果が現れてきています。

まず、なんといっても管理業務が効率的になったことは大きいですね。
生産計画・在庫管理の精度が上がったことで、お客さまに納期をリアルタイムで伝えられるようになりましたし、所要量計算-作業指示-作業実績の各プロセスにおける所要量の違いをチェックできるようにもなりました。
また、製品―資材―出荷までの一連のデータがほぼ揃いつつあり、ロット・トレースにもスムーズに対応できるようになりました。

これらのことからも分かりますが、各業務の情報がシステム上で一元管理できるので、会社全体の業務の流れというものが明確に把握できるようになりました。
これは信頼できる経営判断の材料になります。

当たり前のことですが、これまで行っていた作業の重複も改善されました。
原価低減の側面もありますが、無駄な作業をしているという、業務担当者の不満を解消できたのが大きかったですね。
全体的に残業時間も減り、人的な余裕が出てきたことも確かです。作業の平準化が進んだため、人員の配置転換もできました。これは思わぬ導入効果でした。

(まとめと今後の展望)

お客さま第一主義の基盤 -『愛ある製品をつくるために』-

― 今後の展望についてお聞かせください。

片岡工場長、製造部化粧品担当 水口氏

実は、今回のシステム構築の狙いは「お客さま第一主義の商品提供」でした。
具体的には、人的ミスによる品質不良や納期トラブルをなくすなどといったことですが、今回のシステム導入で期待どおり、その基盤が整ったと言えるでしょう。

今後は原料開封後の期限管理などをさらに充実させたいですね。薬事法への対応は不可欠ですから、在庫情報の精度を今以上に向上させたいと思っています。

例えば、在庫区分を細分化した置き場所指定によるロケーション管理や在庫管理と、先入れ先出し管理との連携です。これによって、より細かな在庫状況が把握できるようになります。
こちらについては日立システムズのロット・トレースのノウハウをぜひ活用させていただきたいですね。

― 日立システムズに期待することはありますか。

日立システムズには、現場から乖離しない、本当に使いやすいシステムを構築してもらったと思っています。
現場で使えないシステムは必要ありませんからね。

今後も事業拡張の検討を進める中で、必要なときに必要なテンプレートと部品でシステム化できる「HICORE-Products」 の拡張性と柔軟性は、私どもが最も期待している点です。
また、計量器とシステムを連携し、計量や調合をチェックする仕組みの自動化を図りたいとも考えています。

これからも、「HICORE-Products」を活用しながら、私どもピジョングループの理念「愛を生むのは愛のみ」に則り、お客さまに愛を持って愛を込めた商品を提供していきたいと思います。

お客さまについて

社名
ピジョンホームプロダクツ株式会社
設立
1985年(昭和60年) 10月
本社所在地
静岡県富士市中里2608-31
URL
http://www.pigeonhomeproducts.com/

取材および写真撮影にご協力いただいたお客さま、ご協力ありがとうございました。

取材日:2006年10月

本事例に記載の情報は初掲載時のものであり、閲覧される時点では変更されている可能性があることをご了承ください。

日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション FutureStageに関する資料請求・お問い合わせは・・・

  • 資料請求・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ(フリーダイヤル)0120-346-401 受付時間9時から17時(土・日・祝日は除く)

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。