ページの本文へ

Hitachi

日立システムズ 対話型自動応答AIサービス CAIWA

CAIWA Service Viii

対話型自動応答AIサービス
「CAIWA Service Viii」とは

「探す」から「聞く」へ。
AIがもたらす新しいコミュニケーションのカタチ

Viiiとは"Virtual interactive intelligent interface"の略称で、
Webサイト上で「問い合わせ対応」「ページ案内」「お客さまの声の収集」を行う、
AI会話エンジン「CAIWA(カイワ)」を搭載した対話型自動応答AIサービスです。

お客さまの規模や運用コスト、セキュリティポリシー等でサービス提供形態(SaaS型/オンプレミス型)を
ご選択いただくことが可能です。

「CAIWA Service Viii」を動画で紹介

CAIWAでは、お客さまのビジネスにお役立ていただけるよう、動画コンテンツを用意しています。ビジネスのヒントや情報収集に、ぜひご覧ください。

「CAIWA Service Viii」の導入メリット

カスタマーサポート業務(ヘルプデスク)の効率化

サイトユーザビリティの向上と
24時間365日対応による顧客満足度向上

チャット形式による顧客接点(チャネル)の増加

ユーザーインサイトの引き出し(顧客分析)

「CAIWA Service Viii」の機能

主な機能 内容
スタート時発話 最初にチャットボット画面を立ち上げた際に、挨拶・利用方法の説明・よくある質問の表示など自由に設定可能
回答内容振り分け 同じ質問でも、時間・曜日・再訪問などの条件によって回答内容を変えることが可能
関連WEBページ表示 回答の際に詳細な内容が載っているWEBページを開く
画像・動画表示 回答の際に画像や動画を表示
絞り込み・関連情報提示 曖昧な質問が来たときや回答できなかったときなど、聞き返しをしながら候補を出して絞り込みが可能。また質問に関連性の高い情報の提示も可能。
サジェスト(入力補助) 2文字入力するとその文字を含んでいる候補Qを表示。入力の手間を省きます。
無ヒット時発話 回答できない場合の発話を設定可能。メールフォームからの問い合わせに誘導したり、電話番号を表示したりが可能。
問題解決評価 回答が役に立ったかどうか利用者から評価してもらう機能。正答率分析が可能。

「CAIWA Service Viii」の仕様

対応デバイス PC、タブレット、スマートフォン
対応ブラウザ
(知識管理画面:CAIWA Robot Manager)
Internet Explorer 11.0以降、Edge(最新版)、Chrome(最新版)
対応ブラウザ
(チャットボット画面:標準UI)
Internet Explorer 8.0以降、Edge(最新版)、Chrome(最新版)、Firefox(最新版)、Safari(最新版)
対応サービス提供形態 SaaS型、オンプレミス型
利用プロトコル HTTPS
その他 SharePoint連携、LINE連携、TEAMS連携、SSO認証、有人切り替えにも対応しています。

サポート体制

導入中は、知識の管理者向け教育だけでなく、お打合せの場で、知識準備方法、知識登録方法、
知識メンテナンス方法のノウハウを、ご提供させて頂きます。

導入後は、CAIWAに関する機能や操作方法、および知識メンテナンス(回答精度向上)方法に関して、
サポートが可能です。

「CAIWA Service Viii」の導入フロー

Step 1
独自のキャラクターやプロフィールなどシナリオを設定し、
ユーザーインターフェースの画面配置などを設計します。

Step 2
既存のFAQなどの情報を最適化し、知識データベースを作成します。

Step 3
独自用語や言い回しなど新しい知識を提供します。
(知識データベースチューニング)

Step 4
Webページに組み込み、公開します。

Step 5
定期的に自動応答結果や効果を測定し、新しい知識を提供します。
(知識データベースチューニング)

CAIWA その他製品はこちら

CAIWA Service Viii

「探す」から「聞く」へ。​AIがもたらす新しいコミュニケーションのカタチ​

CAIWA CoReDA

更新頻度の高いビッグデータをAIが自動正規化。​チャット型での高精度な情報検索を実現!

CAIWA Service for Medical

「探す」から「聞く」へ。AIがもたらす新しいコミュニケーションのカタチ

Top

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。