ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

導入事例スペシャル 大津市議会様 議会ICT化プロジェクト(お客さま編) タブレット端末&クラウドを活用した議会運営支援システム

大津市議会様導入事例動画

地方分権の時代に、先進の議会運営

~タブレット端末とクラウドによる議会の「見える化」「効率化」「BCP対策」を実現~

大津市議会様は、2014年11月の通常会議より、全国の自治体の中でも先進的な取り組みである「タブレット端末とクラウドを活用した議会運営」を開始しました。
これは、大津市議会様が進める「議会ICT化プロジェクト」の一環で、インターネット議会中継や電子採決システムの導入などIT化第1段階に続く取り組みです。「議会の見える化」「効率化」 に加えて、2014年3月に同市議会が策定した、地方議会初の策定となる「議会BCP(業務継続計画)」への対応も見据えています。

地方分権の時代に先進の議会運営で、開かれた市議会へ─。
日立システムズはワンストップサービスにより、大津市議会様の「議会ICT化プロジェクト」を支援しています。

大津市議会様 議会ICT化 プロジェクト サマリー

インターネット議会中継は臨場感UPでアクセス数2倍に


インターネット中継で市民に開かれた市議会へ

議場に150インチ大型スクリーンを導入し、議場内資料や議案への議員個別賛否をスクリーンに投影することで、インターネット視聴者にも臨場感のある議会中継を提供しています。議会ICT化後、1カ月当たりの議会中継の平均アクセス数は8,000から19,000と2倍以上増加しました。

IT化で災害に強い議会を実現 緊急・不測の事態にも即対応


「議会BCP」の運営にグループウェアを活用

災害に強い議会を実現するため、地方議会初となる「議会BCP」を策定し、運営手段の一つとしてクラウド型グループウェアを導入しました。タブレット端末とあわせて利用することで、緊急時における災
害情報の迅速な収集や、議員へのスムーズな緊急連絡を実施します。

ペーパーレス化で 年間200万円以上の経費削減


大量の紙資料をタブレット1台へ

議会で使用される資料はすべて電子化され、出席者は議場のWi-Fi通信を介してタブレット端末により閲覧します。議会事務局の試算では、ペーパーレス化により印刷費用だけでも年間200万円以上のコスト削減を達成する見込みです。

タブレット74台導入 全議員でIT化を推進

大津市議会様では全議員をはじめ執行部と事務局がタブレット端末を保有し、議会資料の閲覧や、スケジュール管理、メール送受信、連絡事項の確認など、日々の執務にタブレットを活用しています。議会が一体となり、IT化を積極的に推進しています。

タブレット、Wi-Fiを活用した 効率的な議会運営システム

大津市議会様が導入した「会議同期システム」「議場内通信システム」は、いずれもタブレット端末を利用して議場内のコミュニケーションをスムーズにする議会運営システムです。必要な情報を確実に、スムーズに共有することで、質の高い政策議論を実現します。

市庁舎内にWi-Fiを敷設 迅速な情報共有を実現

議場および市庁舎2F~4F内の各所にWi-Fi通信機を敷設、よりスムーズにインターネットおよびグループウェアにアクセスすることが可能になりました。タブレット端末さえあれば、議場内外の関係者たちとコミュニケーションが進みます。

大津市議会様 議会ICT化 詳細

大津市議会様 議会ICT化プロジェクト 全体像

大津市議会様の「タブレット端末導入等業務」は、公募型プロポーザル方式により募集され、使いやすさ、セキュリティ、メンテナンス、発展性、そしてワンストップサービスといった点が評価され、日立システムズが委託業者に選定されました。2014年9月に構築を開始、同年11月にはタブレット端末を利用した初の本会議が開催されました。日立システムズは、タブレット端末の調達からWi-Fi環境の構築、インターネット回線の提供、システムの構築、講習会の実施、保守サポートまで、議会ICT化をサポートしています。

Point 会議同期システム

発表者のタブレット端末に表示される内容が、聴講者の端末にも自動で同期される仕組みです。議会の進行をスムーズにし、伝えたい情報をより確実に提供・共有することができます。大量の紙資料をペーパーレス化することで、経費削減、環境保全にも貢献しています。

Point 議場内通信システム

議場における伝達事項を、Wi-Fiに接続したタブレット端末を通してメッセージとして送受信できる仕組みです。事務局から全参加者へ、個人から個人へなど、議場内外の関係者たちとの本会議中のやり取りが可能になります。質疑応答時のコミュニケーションや、議会全体の進行をスムーズにします。


※会議同期システム、議場内通信システムには、日本インフォメーション株式会社「スマートセッション」を採用しています。

Point グループウェア

グループウェアとは、組織内の情報共有やコミュニケーションを支援するソフトウェアです。スケジュール表やメッセージの送受信、掲示板やファイル共有など、豊富な機能を備えています。大津市議会様では、通常執務における利用はもちろん、「議会BCP」の運営にもグループウェアを利用する予定です。

大津市議会様 インタビュー

「IT化では、端末・通信・システムなど、個々の要素がお互いに影響しあうため、1社がプロジェクトのすべてを担当することが理想的な進め方だと思います」


議事調査課 課長補佐
藤野 隆太郎 氏


議事調査課 主幹
中島 真介 氏

──大津市が議会ICT化を積極的に推進している理由をお聞かせください。

中島氏:そもそもの出発点は、地方分権の時代に二元代表制がより機能するため、市民の議会への関心をもっと高めたいというところにありました。そのため、議会広報誌発行なども行ってきましたが、こういった従来活動だけでは、議会を知っていただくことがなかなか難しい。そこで、2008年に議会インターネット中継を開始、2014年には議場に大型スクリーンを設置するなど、ITを積極的に活用して、議会への関心向上に取り組んできました。

また、先の東日本大震災時に、被災地の一部では議会を招集できなかったという教訓を生かし、市民が最も必要としているときに機能する議会であるために、地方議会として全国初の「議会BCP(業務継続計画)」を2014年3月に策定しました。「議会BCP」運営のためにはグループウェアなどの情報共有システムが欠かせません。そのような背景もあり、議会ICT化を積極的に推進しています。

──議会ICT化の業務に日立システムズが選定された理由をお聞かせください。

中島氏:当初は、タブレット端末の調達、Wi-Fi機器敷設、ソフトウェア導入など業務をわけて、それぞれの分野を得意とする業者に委託することを検討していました。しかし、調査を進めるにつれ、大規模なIT化では、端末・通信・ソフトウェアなど個々の要素がお互いに影響を及ぼしあうため、1社がIT化のすべてを担当することが理想的な進め方であるとの結論に至りました。

そこで、公募の仕様には議会ICT化の全般に対応できることを条件として盛り込み、提案内容が最も優れていた日立システムズを選定しました。特に「議場内通信システム」については、私が知る限り大津市議会が全国初の事例となります。前例のないシステムにも関わらず、日立システムズは優れた提案をしてくれました。結果的に、すべてを日立システムズにお願いしたことは非常によい判断だったと考えています。

──最後に、議会ICT化の今後の展望についてお聞かせください。

藤野氏:インターネットやSNSの普及で、議会や議員よりも市民の皆さまがいち早く情報を得ていることが当たり前になりつつあります。そんな中、議会だけが旧来のやり方に固執しているわけにはいきません。マイナンバー法も成立しましたし、今後はIT化の領域が地方行政全般に広がっていくと思いますので、そこにはしっかりと対応をしていきたいと思います。

また、今話題となっている地方行政への権限移譲の進展次第では、地方議会への期待がさらに高まっていくものと思います。市民の声を政策立案にしっかりと反映していくためには、議員一人ひとりが情報化に対応していくことが必須だといえるでしょう。

市民ニーズに応える政策の立案機能や執行部に対する監視機能を強化するため、今後もIT化を推進していきたいと思います。

お客さまの概要

大津市役所ロゴ

大津市役所

滋賀県大津市御陵町3-1
http://www.city.otsu.lg.jp

世界遺産・比叡山延暦寺を要する日本屈指の古都・大津市は、滋賀県南西端に位置する県庁所在地です。大津市議会は、地方自治体や議会、首長などの先進的な活動や優れた取り組みを表彰する2013年第8回マニフェスト大賞では、全国の議会のトップとなる「議会グランプリ」を、2014年第9回マニフェスト大賞では、「審査委員会特別賞」を受賞するなど、多くの議会改革を進めています。

今回の取材にご協力いただいたお客さま

大津市議会事務局
議事調査課 課長補佐 藤野隆太郎氏
議事調査課 主幹 中島真介氏

ご協力ありがとうございました。
*本内容は2015年1月時点の情報です。
本事例に記載の情報は初掲載時のものであり、閲覧される時点では変更されている可能性があることをご了承ください。

導入事例スペシャル
大津市議会様 議会ICT化プロジェクト

 

メールマガジン

最新のイベント情報、商品情報など、お役立ち情報をご紹介するメールマガジンをお送りしております。

メールマガジン登録

  • 日立システムズFacebook 公式アカウント
  • Webから直接、クラウドサービスの注文・導入ができるオープンクラウドマーケットプレース

データセンター紹介ページへ

データセンター紹介
ゆるぎない信頼のパートナー 日立のデータセンター

ハイパーダイヤの専用サイトを別ウィンドウで表示します。

交通のことならハイパーダイヤ
乗換案内・路線情報検索サイト。英語・中国語にも対応。

日立システムズの
Microsoftソリューション
Microsoftとの力強い協力体制で、お客さまのソリューションを支えます。

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。