ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

公共機関向け電子字典「五萬悦」

[イメージ]公共機関向け電子字典「五萬悦」 文字のデザインと属性情報から成る電子字典

文字のデザインと属性情報から成る電子字典

「五萬悦」とは、公共機関向けに開発された文字に関する電子字典です。
現在、約8万文字(*1)を搭載しており、ADWORLD 戸籍総合システムをはじめ、住民情報システム・介護保険事務支援システム・電子行政などの業務で幅広く利用されております。

*1「五萬悦」Web Unicode対応オプションを適用した場合。

「五萬悦」とは

「五萬悦」とは、公共機関向けに開発された文字に関する電子字典です。
現在、約8万文字(*1)を搭載しており、ADWORLD 戸籍総合システムをはじめ、住民情報システム・介護保険事務支援システム・電子行政などの業務で幅広く利用されております。

文字フォント(アウトラインフォント)と属性情報(読み、部首、画数、他)で構成されており、文字フォントは高精細(1,024×1,024のメッシュサイズ)で作られておりますので、美しく見やすい書体となっております。属性情報は読み、部首、画数などの一般的なもの以外に、「正字、俗字、誤字」などの字種や、その根拠となる法務省通達番号などの情報も豊富に搭載しております。

経済産業省より2011年10月に公開された、戸籍統一文字や住民基本台帳ネットワークシステム統一文字を網羅した「行政機関向け文字情報基盤」にも対応しています。
「行政機関向け文字情報基盤」は国や自治体における行政機関の手続きやサービス向上、外字(*2)登録の負荷軽減が期待されており、「五萬悦」には「行政機関向け文字情報基盤」に登録された5万8712文字の氏名漢字を追加収録しています。
氏名漢字を扱う住民情報システムなどにおいて、「漢字かなめ/文字情報基盤対応オプション」と連携させることで、これらの氏名漢字を効率的に検索できるようになります。

*1
「五萬悦」Web Unicode対応オプションを適用した場合。
*2
外字…業務システムにあらかじめ登録されている文字以外にユーザーが独自に作成した文字。

「五萬悦」Web Unicode対応オプションおよび外国人氏名正字化サービス

2012年7月に施行された「住民基本台帳法」と「出入国管理及び難民認定法」の改正に対応するため、住民基本台帳に移行される外国人氏名の正字化(漢字圏の外国人氏名を法務省が提示している正字対応表の文字に置き換える作業)にも対応しています。正字化に必要な字典および変換テーブルをオプション製品にて準備しています。

  • * 販売は日本国内限定とします。ご注文・納入先もすべて日本国内に限らせていただきます。

コンセプト

自治体で扱われる戸籍や住民記録のシステムでは、氏名や住所などで使用される文字の取り扱いが非常に重要となってきます。「五萬悦」は、これらの業務に対応するための電子字典として開発されました。

確かな出典だから安心です

文字の出典根拠を明確に表示していますので、安心してご利用いただけます。

的確・迅速な文字判断が可能になります

文字の属性情報は一般的なもの以外に、字種や法務省通達番号などを豊富に用意していますので、より迅速な文字検索、的確な文字判断が行えます。

新たな外字の作成作業が不要です

MS明朝などの標準フォントに登載されていない外字が発生した場合でも「五萬悦」登載文字を利用すれば外字作成作業が不要です。

円滑なシステム移行、システム間連携を実現します

「五萬悦」は多種多様なコード情報を保有。システム移行、システム間連携の対応コストを大幅に削減します。

読みがわからない文字でも検索が可能です(*)

手書き文字検索用の文字認識辞書を登載。読みが不明な文字でも容易に検索が可能です。

*
漢字かなめ/手書き検索オプションが必要です。

特長

美しいフォントを約8万文字以上搭載、外字作成作業から解放されます

コンピューターによる文字処理では、あらかじめ作られている文字形(JIS第一水準2,965字、JIS第二水準3,390字、非漢字他1,369字)以外の文字は、新たに作成して登録しなくてはなりません。「五萬悦」は、約8万文字を搭載していますので、新たに文字を作成する必要がほとんどありません。
「五萬悦」は戸籍業務を円滑に行うために開発された電子字典です。個人情報を扱う戸籍業務においては、点の向きや線の長さなど厳密な文字表示が必要とされます。出典の文字を忠実に再現するために、「五萬悦」のフォントは高精細(1,024×1,024のメッシュサイズ)で作成しています。クオリティの高いアウトラインを印刷時にも美しく再現します。

[イメージ]クオリティの高い文字フォント図解
クオリティの高い文字フォント

文字判断を力強くサポートします

「五萬悦」は、JIS規格文字や、多くの漢和辞典の基である「諸橋大漢和辞典(50,266文字)」、国字を多く搭載する「角川大字源(12,300文字)」、自治体で多く用いられる「新大字典(21,094文字)」から由緒正しい約5万字を収録しています。さらに、戸籍の氏名記載に関する「法務省通達文字(5200、5202、2842号[旧7007号])や「法務省制定の戸籍統一文字」、「住民基本台帳ネットワークシステム統一文字」、「外国人登録証明書調製システム特殊文字コード表(正字編)」、中国社会で一般的に使用されている「簡化字」も搭載。文字の出典根拠を明らかに表示しているので、安心してご利用できます。
文字の属性情報には、「読み・部首・画数」などの一般的なもの以外に、「正字・俗字・誤字」などの字種や「字義、名のり、人名用漢字としての使用可否」、その根拠となる法務省通達番号などがあります。「五萬悦」はそれらの判断材料を業務画面上にわかりやすく表示しますので、文字判断を正確かつ素早く行えます。

[イメージ]出典根拠図解 [イメージ]出典根拠図解 [イメージ]文字の属性情報

システムごとに管理していた文字環境を一元化

「五萬悦」と「漢字かなめ」を複数業務システムと連携させることで、外字データの共有など、複数のシステムに分散している文字環境の統合を実現します。

文字データの管理作業を削減します。

個々の業務システムで管理している外字データ。それらを統一し「五萬悦」を共通マスタとして使用することで、文字を統合管理できます。
またOSの違いによる文字化けや、変換エラー発生もなくなります。

[イメージ]文字環境の一元化

漢字統合管理システム「漢字かなめ」での適用

漢字統合管理システム「漢字かなめ」は、文字コードの異なる複数システムの外字環境の一元管理、各クライアントの外字環境のリアルタイム更新、「五萬悦」の活用による外字作成作業の負担軽減など外字環境構築、維持管理を支援するシステムです。「五萬悦」を「漢字かなめ」と組み合わせてシステムを構築することで、ホスト環境、クライアントサーバーシステム環境およびWeb環境における文字の管理が容易に行えます。

[イメージ]漢字統合管理システム「漢字かなめ」の適用図解

詳しく知りたい方はこちら

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。