ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

NETFORWARD クラウド自動音声応答(IVR)サービス

受付とオペレーターの業務効率改善と24時間電話受付化

電話の自動音声応答システムを低コストで導入できるクラウドサービスです。
着信した電話の自動応答・転送により、電話受付業務の効率化を実現します。

概要・特長

企業における電話受付について音声による自動応答を月額サービスで提供

  • オペレータに代わって自動応答、適切な部門へ内線転送します。

導入効果

クラウドIVRサービスをご利用いただくことで、電話対応業務が効率化を図ります。
また、オペレータの負荷が軽減されることで、コスト削減が期待されます。

仕様

応答・転送(IVR機能)

音声で自動応答、お客様の選択番号により希望の部門へ転送

選択転送モード 1回の選択番号(プッシュ信号)をダイヤルするだけで希望の部署に転送。呼出先が話し中等で電話に出ない時は第2、第3の転送先を呼出します。
ツリー転送モード 最大3段階に分けて転送します。お客様は2または3回の選択番号(プッシュ信号)をダイヤルする必要がありますが、転送先を細かく指定することができます。呼出先が話し中等で電話に出ない時は第2、第3の転送先を呼出します。
ダイレクト転送モード 転送したい相手の内線番号を直接ダイヤル(プッシュ信号)してもらうことにより転送できます。

お待たせ機能

電話着信にすぐに対応できない時、効果的に電話受付

お待たせモード
  • すぐに対応できない電話に対し、「お待たせメッセージ」が案内でき、応対できるまで「お待たせ」ができます。
  • お待たせ中はお客様に保留音でお待ちいただき、お待たせ時間が長い場合は、第2のお待たせメッセージを案内することもできます。
お待たせ転送モード 電話受付者が対応できず、お待たせ時間が長いときはコールセンター等の第2、第3の転送先を呼出すことができます。

応答専用機能

営業時間外等応答専用機能に切替え

営業終了後や休日などの電話着信に対して、応答専用案内メッセージで自動応答することができます。

詳しく知りたい方はこちら

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。