ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

明細書配信サービス

明細書を電子化し、配信。明細配布にかかる手間を削減します。

明細を電子化し、配信します。顧客に送付する請求書など明細書の印刷、封入、送付の手間、コストを削減します。SaaS型サービスのため、新たなサーバー導入や管理は不要です。

概要・特長

明細書配信サービスの概要

“明細書配信サービス”を利用すると、郵送よりも「速い」、FAXよりも「きれい」、個別メール送信よりも「安全」

導入前の課題

  • 明細書の印刷、封入、送付の手間、コストが大きい。
  • 明細書の送付先確認に時間がかかっている。
  • 送付後の到着確認の手間や送付漏れなどのミスを防ぎたい。

導入前の課題

  • 電子データでのやり取りにつき、印刷から送付における紙コスト、郵送コストを削減。
  • 送信先(メールアドレス)は取引先ごとにメンテナンスでき、運用の手間をかけず誤配信が起こらない仕組みで提供。
  • 管理機能により開封確認が可能。送信エラーなども確認できるため作業の抜け、漏れを防止。

明細書配信サービスでの自動配信サービスイメージ

担当者が作成する明細書データを本サービス(クラウド上のデータセンター)に登録し、明細書を電子化します。電子化された明細書データは、メールやブラウザー上で相手先(取引先など)に配信されます。

明細書配信サービス 自動配信サービスイメージ

電子化できる帳票例

提供可能な帳票の一例です。また、お客さま独自の帳票の作成も可能です。

  • 請求書
  • 請求書内訳
  • 売掛金(買掛金)明細書
    ※確認結果入力機能有り
  • お知らせ
  • お得意さま向け割引券(優待券)
  • アンケート

このようなお客さまにおすすめです

  • 明細書や請求書を多くの送り先に送付しているお客さま
  • 紙資源の削減など、ECO・環境配慮に取り組んでいるお客さま
  • 取引先に向けたクーポンや割引券の送付キャンペーンを行うお客さま

明細書配信サービスの特長

明細書送付の作業負担、コストを削減できます

CSVファイルで作成した明細書データを登録するだけで、電子化から配信までを自動的に行います。明細書の印刷や仕分け、封入、配送、配布などの作業にかかるコストが不要になります。

管理者目線で作られた機能

管理者の手間がかからず、やりたい事が簡単にできる操作性・機能をそろえています。

セキュリティも安心

明細書データのデータ登録時の通信およびデータセンターでの保管は、暗号化した状態で行われます。

機能詳細

明細化・配信機能

明細化・配信機能
明細配信
  • テキスト、CSVなどで作成された明細書データをPDFなどの配信用データに変換します。
  • データアップロード前にPDFファイル化して、事前確認・控え作成が可能です。
明細書電子化承諾取得 初回ログイン時に、相手先に対し、明細書の電子化送付に対する承諾を取得することができます。
閲覧状況確認 明細書の配信および相手先が閲覧したかどうかを確認できます。メールの配信結果(エラー有無)も確認可能です。
日時指定送信 明細の送信日時を指定することが可能です。
取引先メールアドレス取得 明細書の送付先となる相手のメールアドレスを取得します。メールアドレスの登録などのメンテナンスは明細書取得者(相手先)が自ら対応できるため、お客さまが事前にメールアドレスを収集することや担当者変更によるメールアドレスの修正などは不要です。

管理機能

管理機能
パスワード忘れ自動対応 利用者がパスワードを忘れても、自動的に再発行手続きが可能です。管理者の手間を増やすことはありません。
パスワードポリシー設定 取引先ユーザー、管理者、明細書送付担当者のパスワードポリシー、アカウントロックの有無を設定できます。
アカウントロック自動解除設定 パスワードを忘れてアカウントがロックされた場合でも、一定時間経過するとアカウントロックが解除されます。

価格・料金

月額料金(税抜)

1帳票 30円/月~

初期導入費(税抜)

初期導入費(税抜)
初期導入費 300,000円
お客さまPC設定作業・システム教育 50,000円

明細書配信サービス導入 1年パック

中小企業のお客さまが導入しやすいように、必要なサービスをパッケージにしました。
お求めやすい価格となっていますので、是非この機会に購入をご検討ください。

導入フロー

利用開始までの流れ(例)

イメージ図:明細書配信サービス 利用開始までの流れ

導入シミュレーション

A社様
年商:約10億円、請求書発行数:月平均500通

導入前の課題

  • 請求書の印刷~封入封緘~発送コストを削減したい。
  • 請求書の配送漏れ、紛失を防ぎたい。
  • 各営業が個別にメール送付している請求内訳データをシステムからダウンロードする方式に変えたい。

導入後の効果

  • 導入初年度から約170万円/年の削減に成功。
  • 閲覧状況確認機能の利用により、配送漏れの確認や未閲覧者への連絡を実施し、作業の確実性を向上。
  • ブラウザーからダウンロードする方式を実現。

さらに、導入前後のコストを比較すると…

導入前コスト:約2,250,000円/年

  • 1回の印刷コスト:22,500円×12回
    • 人件費:7,500円
    • 用紙/封筒/消耗品:15,000円
  • 1回の配布コスト(郵送代):40,000円×12回
  • データ個別送付(人件費):125,000円×12回

導入後コスト:約530,000円/年

  • 初期費用:350,000円
    • 設定費:300,000円
    • 教育費:50,000円
  • サービス利用料:180,000円/年
  • ※記載してある金額は、すべて税別金額です。

削減効果:初年度だけで、年間 約1,720,000円のコスト削減!

関連サービス

「モバイル給与明細配信サービス」ページへ

給与明細配信システム「モバイル給与明細配信サービス」

給与明細を電子化し、配信します。電子化された給与明細は、PCや携帯電話、スマートフォンなどから自由に閲覧可能です。SaaS型サービスのため、新たなサーバー導入や管理は不要です。

詳しく知りたい方はこちら

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。