ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

【Webセミナー】第3回 コロナ禍の健康経営と健康経営支援サービス

健康経営推進のための施策、健康経営支援サービスの期待効果

本イベントは終了しました。ご来場まことに有難うございました。

第一部

タニタヘルスリンクが取り組む、「コロナ禍の健康経営」をご紹介します。
テレワークが進み、健康二次被害の対策は・・・?
タニタヘルスリンクが推進するテレワーカー向けの健康経営を是非ともご覧ください。
自宅で「はかる」から始まる健康づくりを紹介します。

第二部

「健康経営」が推進される背景、健康経営の進め方について解説します。「健康経営」を取り組みたいが、どうやって始めたらいいか分からない。来年の更新に向けての現状の取り組みが不安。そのようなお客さまに日立システムズはワンストップにてサポートします。
タニタヘルスリンクのノウハウをベースに2020年6月にリリースした「健康経営支援サービス」は、従業員の健康増進とその成果・効果を把握ができるサービスです。準備、運用および評価まで貴社の健康経営を支援します。

皆さまのご参加、お待ちしております。

本イベントは終了しました。

貴社の健康経営をワンストップでサポート

株式会社日立システムズでは、「健康経営支援サービス」で、お客さまの健康経営をワンストップでサポートします。
「健康経営支援サービス」は、株式会社タニタヘルスリンクのノウハウをベースに2020年6月にリリース。従業員の健康増進とその成果・効果の把握ができるサービスです。準備、運用および評価まで貴社の健康経営を支援します。

対象者

  • 経営者さま
  • 総務・人事・安全衛生部門ご担当者さま
  • 経営企画部門のご担当者さま

開催概要

開催概要
日程 2021年7月14日(水曜日)
【3回開催】
(1)10時30分~11時10分 (2)13時30分~14時10分 (3)15時30分~16時10分 
本セミナーの
受講形態
お申し込みいただいた時間帯の開催期間中に3セッションをすべてご自由にご覧いただくことが可能です。
※お申し込み以外の時間に開催されているセミナーは、ご視聴できません。
参加費 無料(事前登録制)
定員 各回10名
主催 株式会社日立システムズ
共催 株式会社タニタヘルスリンク
  • ※定員に達し次第、受付を終了いたしますので、あらかじめご了承ください。
  • ※SIer、同業他社などはお断りさせていただく場合がございます。

プログラム

プログラム
(1)10時30分~11時10分
(2)13時30分~14時10分
(3)15時30分~16時10分
第一部 タニタヘルスリンクの健康経営と健康経営支援サービスについて(20分)
活動量計が社員証。ちょっと変わった健康経営。「はかる」から始まる健康づくり。
タニタヘルスリンクが推進する健康経営を紹介します。
講演者:
株式会社タニタヘルスリンク 高見澤栄一氏
第二部 健康経営支援サービスの紹介(20分)
日立システムズが自社で取り組んだ実績を生かし、企業が健康経営推進に取り組むために必要な検討項目の提示や健康経営宣言の提案、推進体制づくりなど、ニーズに沿った提案・支援から健康経営方針策定をサポートする「健康経営支援サービス」を事例を交えて紹介します。
講演者:
株式会社日立システムズ 産業・流通システムサービス事業グループ
産業・流通情報サービス第一事業部 第五システム本部
未病・福祉事業推進プロジェクト 主任技師 小島久美子 担当 上嶋晴佳

※プログラムは変更が生じることがありますので、あらかじめご了承ください。

オンライン視聴までの流れ

オンライン視聴用URL入手方法

参加申し込み後、開催前日までに本セミナー事務局より視聴用URLをメールにてお伝えします。

オンライン視聴の事前準備について

アプリケーションのインストールは不要、URLをクリックいただくことでご視聴が可能です。スマートフォン・タブレットでもご視聴いただけます。 受講されるPC、およびモバイル端末の動作環境については、株式会社ブイキューブの推奨動作環境サイトに記載されている「受講者(PC/HTML5)」「受講者(モバイル)」をご確認ください。
1つのURLにつき接続可能な端末は1台となります。
(複数の端末で1つのURLへのアクセスは不可)

出展商品・関連製品

ヘルスケア関連サービス
企業価値・生産性を向上させる経営戦略として注目される「健康経営」。 日立システムズは「健康経営優良法人(ホワイト500)」認定企業として、お客さまの健康経営をサポートし従業員の心豊かなWork&Lifeの実現をめざします。
音声こころ分析サービス
「声」で心の健康状態を見える化するクラウドサービスです。自己診断とは異なり、本人の意図に左右されずに手軽に心の状態をチェックできます。メンタル疾患の予防や早期発見を促します。
疲労・ストレス測定システム
専用の測定器を使い、指先の心拍を測ることで自律神経を数値化し「疲労度」を評価します。わずか2分で気軽に測定でき、ケア・医療が必要な対象者を適切に抽出し、対応を促すことができます。

セミナー・イベントに関するお問い合わせ・お申し込み

健康経営支援サービス事務局
担当:宮本(みやもと)高橋(たかはし)

本イベントは終了しました。

日立システムズではお客さまに、最新のセミナー・イベント情報や商品情報など、お役立ち情報をご紹介するメールマガジンをお送りしております。

メルマガ登録

メールマガジン

最新のイベント情報、商品情報など、お役立ち情報をご紹介するメールマガジンをお送りしております。

メールマガジン登録

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。