ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立システムズ

音声こころ分析サービス

オンセイココロブンセキサービス

もっと気軽に、もっとカンタンに心の健康状態を数値で見える化

日常の声から心の健康状態を手軽にチェックできるクラウドサービスです。
利用者のセルフメンテナンス効果を期待できます。
管理機能(アラート送信や組織単位の抽出・分析支援など)で多くの利用者を確実にケアできます。

対象の企業/団体さま

働き方改革や健康経営に関心のあるお客さま

※本サービスは企業/団体さまを対象としています。個人でのご利用はできません。

お知らせ

2018年5月24日

2018年3月30日
  • 音声こころ分析サービスの流れ

    ご好評につきキャンペーン期間が延長になりました。
      ●詳しくはリーフレットをご覧ください。
      ●お申し込みはコチラからお願いします。

概要・特長

音声こころ分析サービスとは

音声こころ分析サービスとは、「声」で心の健康状態を見える化するクラウドサービスです。

近年、生活習慣病やメンタル疾患の増加により、健康管理は社会的な課題となっています。うつ病などの気分障害(感情障害)の総患者数は約112万人(2015年12月厚生労働省発表)に達し、休職などによる経済的損失も生じています。
企業や団体においては、メンタル疾患の早期発見に努めていますが、自記式によるストレスチェックや問診・面談だけでは実態を見極めることが困難なケースも。本人の意図に左右されずに手軽に心の状態をチェックできる仕組みが求められています。音声こころ分析サービスは心の状態を見える化し、メンタル疾患の予防や早期発見を促します。

音声こころ分析サービスの流れ

音声こころ分析サービスの特長

「音声こころ分析サービス」お手軽クラウドサービス

お手軽クラウドサービス

スマートフォンや固定電話・携帯電話があれば、ご利用いただけます。専用機器を用意する必要はありません。※1

「音声こころ分析サービス」こころの状態を見える化

分析エンジン「MIMOSYS」※2が心の健康を見える化

日常発する音声を分析し、数値化することによって、本人でもわかりにくい心の状態を捉えます。

「音声こころ分析サービス」こころの不調の自覚と予防

"こころの不調"の自覚と予防(セルフメンテナンス効果)

自ら傾向を把握することにより、メンタル疾患に陥る前に自覚と予防を促します。

「音声こころ分析サービス」医学的根拠に基づいた客観的な分析結果

医学的根拠に基づいた客観的な分析結果

東大COI※3と東大音声病態分析学講座※4が医学的検証を行っています。

  • ※1 :ご要望に応じて専用機器での導入も可能(有償) 
  • ※2 :音声から脳神経状態や病態を分析する機器の開発や医療機器としての認定、普及をめざすPST株式会社が開発した音声未病分析技術(Mind Monitoring System)
  • ※3 :文部科学省が「10年後の日本がめざすべき姿」の実現に向けて支援する、東京大学「自分で守る健康社会」COI拠点(The Center of Innovation Program)。重点テーマのひとつとして「音声感情・病態分析による予防・未病イノベーション」を掲げ、産学連携で研究開発から社会実装し、国民一人ひとりが健康維持を“自分ごと化”していくことをめざしている。
  • ※4 :東京大学大学院医学系研究科 音声病態分析学講座

分析結果の表示方法

音声こころ分析サービスは、2つの指標で”こころの不調”の早期発見を促します。

音声こころ分析サービス
[拡大表示]

楽しい気分や嬉しい気分の場合は数値が上がり、寝不足や疲労などで体調が優れなかったり、つらいことがあったりすると下がります。元気圧は、その時々の状態によって数値が大きく変動します。
2週間前~現在のデータを基に心の状態を表します。横ばい傾向の時は、心の状態が安定しています。下降傾向にある場合は、心が弱ってきているので注意が必要です。

充実した管理機能

管理者が大勢の利用者をモニターする場合のサポート機能を搭載。条件に合致した利用者がいると、自動的にアラートを表示したり、情報をメールで送信することができます。

音声こころ分析サービス

「音声」の分析から、心の状態がわかる理由

音声こころ分析サービス

人がストレスを感じると、感情をつかさどる脳の大脳辺縁系(だいのうへんえんけい)から体のさまざまな部位にシグナルが送られます。この大脳辺縁系と神経で直接つながっている声帯にも、自分ではコントロールできない変化(不随意反応)が現れます。例えば、リラックスした状態では声帯は緩んで声の周波数が低くなり、緊張した状態では固くなって周波数が高くなります。音声こころ分析サービスは、このような変化を解析して数値化し、心の状態を「見える化」します。また、言葉の違いに依存しないことが多くの言語で確認されています。

音声こころ分析サービス 活用例

お問い合わせ窓口
ストレスの多いコールセンターや対面窓口。始業前に電話で音声を登録して、心の健康をチェック。
電車・バス・タクシーなど交通機関
乗客の命を預かる運転手。毎日のアルコールチェックに加え、音声で心をチェックしてから安全運行。
産業医や組織のリーダー部門
管理機能により、多数の利用者を確実にケアし、休職・離職を抑制。組織ごとのデータを抽出・分析し、人員配置やローテーションの検討を支援。
製造現場
離れた現場のスタッフの心の健康もサポートして、正確な作業を後押し。元気な心で業務効率向上。

音声こころ分析サービス 1年パックの概要

中小企業のお客さまが導入しやすいように、必要なサービスをパッケージにしました。
ぜひこの機会に購入をご検討ください。

料金:610,000円(税抜)

導入初期費 環境構築サービス
ライセンス利用料 100名までの年間利用料が含まれています。
サポート サービスのご利用にあたっての問い合わせ対応を行います。

* 100名以上のご利用の方は、お問い合わせフォームからお問い合わせください。

  • 資料請求・お問い合わせ
  • 3か月お試しキャンペーン
  • 本商品はIT導入補助金の対象です。

詳しく知りたい方はこちら

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。