ページの本文へ

Hitachi

日立システムズ 日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション FutureStage

企業の成長や外部環境に合わせて柔軟に変化するシステム

日立システムズでは約25年前から業務パッケージを手がけており、「FutureStage 製造業向け生産管理システム」はその豊富な導入実績から、さまざまな業種や業務形態でのノウハウが凝縮された生産管理システムです。

3つの特長

ハイブリッドで対応
「見込み生産」、「受注生産」、「個別受注生産」、お客さまのさまざまな生産形態にハイブリッドで対応します。
特定業種向けシステム
業種特有の要件をあらかじめ実装した特定業種向けの各種生産管理システムを用意しています。
他システム連携
「スケジューラ」、「財務会計」、「EDI」、「BI」などの他システムとシームレスに連携します。

3つの特長「ハイブリッド対応」「各種生産管理システム」「他システム連携」

これらの特長から「FutureStage 製造業向け生産管理システム」は、お客さまの業務によりフィットした基幹業務システムのスピーディーかつ、確実な導入を実現します。

FutureStage 製造業向け生産管理システム の課題解決ソリューション

課題 事業拡大とともに生産形態が複雑化し、生産計画をシステム化できない

  • 短納期のリピートオーダー品と、特注仕様品の生産が混在している。
  • 内示と確定の切り替えができず、欠品や在庫過多が起こる。
  • 見込み生産と受注生産の混在で、現場が混乱する。
  • 納期の変動や急な注文、取り消し、変更などへの対応がすぐにできない。

次へ

解決 柔軟かつ細やかな生産計画を基にした所要量計画で変化への対応も迅速に

  • 製番管理とMRP(資材所要量計画)管理が併用できるため、個別受注生産の進捗管理や先行生産による納期短縮も可能になり、生産性向上につながります。
  • 見込み生産と受注生産、内示受注などの形態に柔軟に対応でき、適正在庫量の維持が可能になります。
  • 生産計画変更が発生した場合、現時点での生産計画の進捗状況から再度工程計算、所要量計算を行い、変更後の生産計画に基づいて、作業指示から発注まで連携するため計画変更に迅速に対応できます。

生産計画の自動化、発注手配の自動化により
生産効率の向上と適正在庫の維持をサポートします。

課題 実在庫とシステム在庫(帳簿在庫)が合わない

  • 在庫データが業務システム単位、または拠点単位に分散・重複している。
  • 在庫の正確な情報(品目、数量、場所、金額、入荷日など)が把握できない。
  • 在庫の推移(中間工程での在庫)が把握できない。
  • 在庫が見えないことが原因で無駄が生じ、コスト増になっている。
  • 低価法(評価替え)への対応ができない。

次へ

解決 在庫管理精度を向上し、在庫コストを削減!

  • 業務システムの統合により、分散した在庫データを一元管理できます。
  • 在庫場所別、所有者別、入出庫予定のほか、有効在庫、滞留在庫のステータスも把握できます。
  • 工程ごとに在庫受払を行うための、中間品の管理も可能です。
  • 在庫を「見える化」し、在庫推移情報から適正在庫量を把握することで、在庫の無駄を排除することができます。
  • 低価法を含む各種在庫評価方法をサポートし、コスト削減への舵取りをバックアップします。

FutureStageは、正確でタイムリーな在庫把握の仕組みを提供し、
在庫を「見える化」します。

課題 現場に「ムリ」・「ムラ」・「ムダ」が多発し、日々の業務に追われている

  • システム化できておらず、効率が悪くても人手で行っている作業が多い。
  • システムは導入しているが、他部署との情報連携ができていない。
  • 得意先から問い合わせがあっても、調べるのに時間がかかる。
  • 納期遅れや手配漏れなどが発生し、対応にも手間取ってしまう。

次へ

解決 作業効率化で、業務コストを削減。顧客サービスも向上!

  • システム化で作業を大幅に効率化し、人為的ミスを削減します。
  • データの一元管理と共有化により、部署間の情報交換がスムーズになります。
  • 得意先からの問い合わせにもすぐに対応でき、サービス品質が向上します。
  • 残管理や業務進捗情報の把握により早めのスケジュール管理ができ、納期短縮が可能です。

非効率な業務→スムーズな業務進行

データの一元管理、業務間連携により、無駄のない業務運用を提供します。
社員は単純労働から解放され、付加価値の高い業務への集中が可能になります!

課題 経営判断に必要な情報がすぐに得られない

  • 分散したデータを集計するため、タイムラグや集計ミスが発生している。
  • 分析資料の作成に手間がかかり、必要なときにほしい情報が得られない。
  • 売れ筋情報や細かい販売推移がつかめず、商機を逃してしまう。
  • 原価や粗利がつかめず、どの事業の利益率が良いのか分からない。

次へ

解決 経営指標となるデータを即時に分析、経営意思決定に活用!

  • 情報の一元管理で集計の手間がなく、正確な情報をリアルタイムに把握できます。
  • BI機能を用いて、さまざまな角度から売れ筋分析が可能です。
  • 取引先や品目など、さまざまな角度からの売上推移分析で、売れ筋をキャッチできます。
  • 見積段階から明細単位での原価や粗利を「見える化」し、「もうかる」事業が分かります。

豊富な実績データと集計・分析機能の提供により、
お客さまの売上拡大に貢献します。

課題 製造現場の工程進捗や滞留状況が分からない

  • 製造現場の状況が見えず、納期遅延を起こすことがある。
  • どの作業指示、どの購入依頼に対して遅れが起きているかが、タイムリーに把握できない。
  • 作業指示、購入依頼が手作業で作業量が多く、また煩雑になりミスも発生する。
  • 急な注文に応えたくても、納期回答ができない。

次へ

解決 工程進捗状況を一目で把握
互いに問題を共有できる環境で、現場のモチベーションも向上!

  • 受注・生産・発注と在庫が連携し、効率的でミスや漏れのない進捗管理が可能になります。
  • 受注を基点にして、その受注の生産手配から発生したすべての作業工程、購入依頼が展開でき、円滑に進捗状況を確認できます。
  • 進捗画面は見やすいインターフェースで、ボトルネック個所を早期に発見!
  • 納期遅延を未然に防止し、得意先の信頼度向上に貢献します。

1.業務進捗問合せ→2.進捗確認→3.詳細情報表示

FutureStage 製造業向け生産管理システムは、製造業の「現場の見える化」を実現。
部門間のコミュニケーションを促進し、強い現場作りのお手伝いをします。

課題 原価が把握できず、適切なコストダウン対策が打てない

  • 製品別・部門別などの細かな原価把握ができない。
  • 精度の高い原価を把握したいが、算出に時間がかかる。
  • 原価が分からないため、内製にするか外注にするかの判断ができない。
  • 不採算製品の生産を、中止するか継続するかの判断ができない。
  • 厳しい値下げ要求に対して、何%まで応じてよいか分からない。
  • 仕掛品原価、完成品原価がタイムリーに把握できない。
  • 原価があいまいなため、現場のコスト意識が低下する。

次へ

解決 原価計算を自動化し、精度の高い原価情報を経営意思決定に反映

  • FutureStageは標準原価計算(予定原価)、総合原価計算、個別原価計算をサポート。
  • 経費の配賦も自動計算で行えるため、短時間で精緻な原価情報が得られます。
  • 費目別に予定原価と実際原価を差異分析でき、経営上の問題点を明確にできます。
  • 仕掛原価や月中での原価も把握できるので、タイムリーな情報を経営に生かすことができます。

どんぶり勘定や勘を頼りにしたコスト管理を脱却し、
大切な経営判断の指標を得るためのサポートをします。

課題 データ漏えい対策や業務処理統制対策が十分にできているか、不安

  • 担当が伝票を入力するだけで手配ができるため、金額などでもめることがあった。
  • 過去にデータが改ざんされたことがあったが、原因がうやむやになったままになっている。
  • 取引先の与信管理ができていないため、不良債権化率が低下しない。
  • 誰でもデータにアクセスできるため、情報セキュリティが心配だ。
  • RoHS指令への対応が不十分だ。

次へ

解決 内部統制を想定した各種の業務処理統制機能をサポート

  • 見積、受注、発注時の決裁機能を利用して、上長による牽制が可能です。
  • データ更新履歴を参照できるので、いつ誰がどのような修正を行ったか一目瞭然です。
  • 与信管理機能を標準装備していますので、不良債権化を未然に防止できます。
  • ユーザーごとに使用できるメニューを制限できるほか、きめ細かなアクセス制限設定が可能です。
  • RoHS指令に対応した成分管理機能を搭載しています。

FutureStage 製造業向け生産管理システムは、
各種の業務処理統制機能により、企業の健全経営をバックアップします。

グローバル展開を行っているお客さま、または計画をしているお客さまもご相談ください。

関連情報

日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション FutureStageに関する資料請求・お問い合わせは・・・

  • 資料請求・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ(フリーダイヤル)0120-346-401 受付時間9時から17時(土・日・祝日は除く)

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。