ページの本文へ

Hitachi

日立システムズ 日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション FutureStage

FutureStage for AWS とは

「FutureStage for AWS」は、「FutureStage 製造業向け生産管理システム」と「FutureStage 卸売業向け販売管理システム」において提供するクラウドサービスです。
アマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)のクラウド環境を基盤として、FutureStage のシステム導入から運用まで、お客さまのニーズに合わせた柔軟性の高いシステムを構築し、提供します。
本製品を導入することで、オンプレミス(自社内設置・運用)と比較して、初期投資やランニングコスト、運用負荷が抑えられ、BCPの観点からも優れた基幹業務システムを活用することが可能となります。

FutureStage on AWS 利用イメージ図

FutureStage for AWS の特長

「FutureStage for AWS」は、クラウド環境を基盤とするためサーバー購入などの初期投資費用が抑えられ、料金体制も1時間ごとの従量課金であり、価格メリットが非常に高いサービスです。
また、柔軟なスケール制御によりスケールアップ/ダウンも即座に変更でき、システムは複数データセンターで自動的にバックアップされるため、BCP対策の観点からも効果的です。
さらに、監視・運用、ヘルプデスクサービスなどを組み合わせて活用することで、突発的な業務処理ピークや、可用性向上にも柔軟・迅速に対応することが可能となるほか、初期導入費用やランニングコスト、維持運用の業務負荷などを軽減でき、経営リソースを本来業務に集中することが可能になります。

サーバー機器類の設置・購入が不要

サーバー機器類の調達に伴う初期導入費用や、設置場所の心配、面倒なサーバー管理が不要です。

実際に使用した分だけお支払い

1時間ごとの従量課金のため、価格メリットが非常に高いサービスです。

スケールアップ/ダウンが容易

柔軟なスケール制御により、インフラ環境を容易に拡縮し、必要なリソースを提供します。

短期導入が可能

クラウド環境を使用するため、システムの短期導入が可能です。

FutureStage for AWS 対象製品

FutureStageのラインアップのうち、「製造業向け生産管理システム」と「卸売業向け販売管理システム」、および「特定業種向けシステム」が対象となります。

製造業向け生産管理システム/卸売業向け販売管理システム の特長

25 年以上にわたって基幹業務パッケージを手がけてきた日立システムズの経験・ノウハウが凝縮された「FutureStage 製造業向け生産管理システム」と「FutureStage 卸売業向け販売管理システム」は、お客さまの業務革新を強力にサポートし、次世代への競争力を生み出します。

お客さま独自の業務を柔軟にシステム化

ビジネスパラメーターや専用ツール、特定業種向けシステムのご利用により、お客さまの要望に合わせた柔軟かつ低価格なシステムの早期導入を実現します。

在庫、現場、経営状況を「見える化」

お客さまが抱える業務上の問題点を浮き彫りにし、BIのデータ分析機能によって、素早い経営判断につなげることを可能にします。

輸出・輸入も含めた国内外取引の一元管理が可能

FutureStage 卸売業向け販売管理システムでは、輸出入業務をメインで行う商社の方にもご利用いただける本格的な輸出入管理機能を標準搭載しています。

MRP(資材所要量計画)による手配計画サポート

FutureStage 製造業向け生産管理システムでは、高速・高信頼性のMRPエンジンによって、必要な時期に必要な数量が調達可能です。

*
アマゾン ウェブ サービス、Amazon Web ServicesおよびAmazon Web Servicesロゴは、Amazon.com,Inc.またはその関連会社の商標です。

日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション FutureStageに関する資料請求・お問い合わせは・・・

  • 資料請求・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ(フリーダイヤル)0120-346-401 受付時間9時から17時(土・日・祝日は除く)

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。