ページの本文へ

Hitachi

日立システムズ 日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション FutureStage

食品卸売業に特化したテンプレート「FutureStage 食品卸向け販売管理システム」

食品業界では、従来の業務を効率化しながらお客さま満足度の向上を実現し、お取引先のファーストチョイスになる必要がある一方、「食の安全の確保」という業界ならではの課題や、「的確な利益の把握」といった経営的な課題を日々の業務の中でクリアしていく必要があります。
「FutureStage 食品卸向け販売管理システム」は、そうした食品卸業界のお客さまが必要とする数々の機能を標準実装しています。

こんなことでお悩みはありませんか?
その悩み、FutureStageが解決します!
賞味期限ごとの商品在庫数を把握できない。
賞味期限ごとの在庫管理が可能。
期限切れのものは出荷不能にするなど、食の安全に対応した管理が可能です。
賞味期限間近の在庫を把握できない。
賞味期限のほかに、出荷可能期限である「出荷期限」、販売可能期限である「販売期限」をサポート。
在庫一層のためのキャンペーンセール期間の判断などにお役立てできます。
賞味期限の逆転出荷など人的ミスが多い。
在庫引当の優先順位として、逆ロット可否判定や先入れ先出し、最低賞味期限判定などを実装。
ご要望に応じた柔軟な出荷指示をシステムで行うことができます。
輸入業務が別管理で二重入力が発生する。
外貨ベースでの輸入管理に加え、国内取引と合わせた邦貨ベースでの買掛管理も可能。
国内受注と海外オーダーとのデータ連動など、国内、海外の販売・購買業務のシームレスな連携を実現します。
問題が生じた時、入荷元や出荷先の調査が困難。
ロット別や賞味期限別に受払履歴が参照可能。
さまざまな切り口からのトレーサビリティに対応できます。
ロット別の原価が把握できない。
レートや輸入諸掛を考慮したロット別原価が把握可能。
精度の高い粗利管理を実現します。

FutureStage 食品卸向け販売管理システムには導入型(オンプレミス)クラウド型があります。
導入型の「FutureStage 食品卸向け販売管理システム」とクラウド型の「FutureStage クラウド型 食品卸向け販売管理システム」は同等の機能を備えています。

定期システム相談会

導入効果

食の安全性・信頼性の確保

  • 賞味期限管理、温度帯管理の徹底

業務効率化

  • 先入先出業務の自動化による人為的ミスや漏れを防止

ビジネスチャンスの拡大

  • 在庫適正化による欠品防止、販売機会逸失の防止
  • BI機能による経営意思決定の迅速化
  • お客さまにトレンドを提案できる、科学的な営業手法の実現

在庫の適正化

  • 賞味期限間近の商品の早期発見による不良在庫の削減や、売り切り戦略の実行
  • ハンディターミナルとの連携による入庫・出庫検品の機械化
  • 棚卸支援機能

経営コストの削減

  • ベンダーに作業を依頼しなくても現場で実績データを抽出し、活用できる「問合せ画面カスタマイズ機能」

内部統制の強化

  • 承認機能による不正取引防止対策
  • データ変更履歴機能による不正改ざん防止

【主な対応業種】

冷凍食品卸, レトルト食品卸, 飲料卸, 健康食品卸, 乾物卸, 菓子類卸, 缶詰卸, その他
(※生鮮・青果などの一部不定貫品を取り扱う業種を除く)

システム概要図

食品卸売業向けシステム概要図

画面サンプル

ロット番号別賞味期限別の在庫ステータス管理

ロット番号別ステータス管理

ロット番号単位のステータス管理を支援する機能を標準搭載しています。
ロット番号ごとにコメント情報を登録することができ、コメントの重要度は色で識別できます。
また、賞味期限ごとの在庫残数や出荷可能数の照会に留まらず、出荷期限や販売期限を把握できるため、賞味期限間近品の売り切り戦略立案などにも役立ちます。

「見える化」機能(業務進捗問合せ)

「見える化」機能画面サンプル

「見える化」機能は、受注から発注・入荷・仕入、出荷・売上までの進捗状況を赤・黄・緑の色別に表示し、遅延がないかどうかの進捗度合いをひと目で確認できます。

稼働環境

(1) サーバー環境
データベース Microsoft SQL Server 2012/2014
基本OS Microsoft Windows Server 2008 R2/2012/2012 R2
プラットフォーム アプリケーションサーバー/Tomcat 7.0.40
CPU Intel Xeon 3GHz(クアッドコア)以上
メモリ容量 4GB以上
ディスク容量 16GB以上(データベースサーバーは72GB以上)
その他 ディスクアレイ構成、DATまたはDVDなどのバックアップ装置
(DBサーバーの場合は必須)
(2) クライアント環境
基本OS Microsoft Windows Vista Business/Ultimate/Enterprise
Microsoft Windows 7 Professional/Ultimate/Enterprise
Microsoft Windows 8.1 Pro
CPU Intel Core 2 Duo 2GHz以上
メモリ容量 1GB 以上
前提ソフト Windows Internet Explorer 8/9/10/11
Microsoft Excel 2003/2007/2010/2013(BI機能利用時)

価格

FutureStage 価格情報はこちらをご覧ください。

日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション FutureStageに関する資料請求・お問い合わせは・・・

  • 資料請求・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ(フリーダイヤル)0120-346-401 受付時間9時から17時(土・日・祝日は除く)

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。