ページの本文へ

Hitachi

日立システムズ

株式会社日立製作所様 株式会社日立製作所様

新卒採用に「オンデマンド面談」を導入し、採用担当者の工数を劇的に削減
デジタルツール活用で、コロナ禍における選考プロセスの変更にも柔軟に対応

(写真左から)日立製作所 古田 祐一 様 丸谷 彩子 様

株式会社日立製作所は、2020年度のインターンシップ・新卒採用において、デジタル面接プラットフォーム「HireVue(ハイアービュー)」を導入しました。あらかじめ設定された質問に学生がスマートフォン等で撮影した動画で回答を行う「オンデマンド面談」を実施することで、採用に係る工数削減だけでなく、応募者数の増加などさまざまなメリットを実現しています。コロナ禍における内定者フォロー機会の減少も、HireVueを使った動画コミュニケーションでうまく補うことに成功しています。

1
採用活動に係る工数負担が増大している
選考プロセスに「オンデマンド面談」を導入することで、採用担当者の大幅な工数削減を実現
2
遠方に住む候補者が選考会に参加しづらい
いつでもどこでも撮影ができるパソコンやスマートフォンのカメラ機能を使った選考プロセスの導入により、応募者数が増加
3
内定者へのフォローを効果的に行いたい
動画やメッセージ機能を使った双方向コミュニケーションにより、内定後のフォローが効率的に行える

導入の目的

採用担当者の工数負担が増大
新卒採用プロセスの効率化を図りたい

日立製作所は新卒採用プロセスの見直しを進めています。背景にあるのは、採用に係る工数の増大です。例年数千人近くの学生から応募があるため、1次選考は人事部門以外からも人手を借りて総勢50名程度の体制で対応していました。面談担当者は約1カ月間ほぼ毎日面談に時間を割く必要があったことに加えて、日程調整を行う採用チームの工数負担も非常に大きなものでした。1次選考を書類のみとする改革案も検討されましたが、学生の話す力を確認したい会社の意向がありこれを断念。採用チームはそのほかの選択肢を模索していました。

選定のポイント

大手企業も多数導入する「オンデマンド面談」
高いセキュリティレベルで安心して使える

こうして検討されたのが「オンデマンド面談」です。これはあらかじめ設定された質問に対して、学生がパソコンやスマートフォン等を使用し動画を撮影し、回答を行う形式の面談です。会場の確保や面談日程の調整が不要になることに加え、書類だけではわからない部分が評価できる点や、遠方に住む学生も選考に参加しやすくなる点などが評価されました。オンデマンド面談のプラットフォームとしてHireVueが選ばれた理由は、大手企業を中心とする導入実績の豊富さに加えて、高いセキュリティレベルにありました。導入に向けて日立製作所はセキュリティ専門部門での細かな検証を行いましたが、HireVueは日立グループが求めるセキュリティ水準をクリアすることができました。

導入の効果

求人への応募者数増加など多数のメリット
工数削減により採用コア業務への注力も可能に

HireVueは2020年度のインターンシップ・新卒採用から利用が開始されました。例年面談を担当している社員は「評価時間を短縮できる」「自分の都合にあわせていつでも何度でも動画チェックができる」とHireVueを高く評価しています。学生からは「面談参加時の交通費負担が無くなった」「落ち着いて質問に回答できる」などの評価があり、例年に比べて求人への応募者数が増えるなど定量的な効果も現れています。採用チームでは、面談に係る工数が大幅に削減されたことで、学生への個別対応や採用プロセス設計など新卒採用のコア業務に多くの時間が割けるようになりました。最終的な合格率もこれまでと変わらぬ水準が維持できており、採用プロセスの効率化が実現しています。

コロナ禍に見舞われた2020年度新卒採用では採用プロセスの再検討が迫られましたが、 HireVueを既に導入していたことで予定を大きく変更することなく採用活動を実施できました。想定外の効果としては、内定者フォローにもHireVueが有効だった点が挙げられます。採用チームはHireVueに事業説明動画や先輩社員のインタビュー動画などを投稿することで内定者のモチベーションアップを図りました。コロナ禍における対面での内定者フォロー機会の減少をHireVueでうまく補うことに成功しています。

日立製作所は企業・学生の双方にメリットの大きいオンデマンド面談も新卒採用プロセスにおけるアプローチの一つとして組み入れることで、今後も優秀な人財の獲得をめざしていきます。

お客さまプロフィール

日立製作所様
  • 設立:1920年2月1日
  • 資本金:458,790百万円(2019年3月時点)
  • 従業員数:33,490人(2019年3月時点)
  • 代表者:代表執行役 執行役社長兼CEO 東原 敏昭
  • 事業内容:ITで高度化された社会インフラや、IoTサービスの基盤「ルマーダ」を軸に、IT、エネルギー、インダストリー、モビリティ、ライフ、日立建機、日立金属の7事業でデジタルソリューションを展開

学生も歓迎する採用プロセスのデジタル移行
来年度の採用でもHireVueを積極活用したい

日立製作所 丸谷 彩子 様
日立製作所
丸谷 彩子 様
日立製作所 古田 祐一 様
日立製作所
古田 祐一 様

2020年度の新卒採用はコロナの影響があったので、仮にHireVueを導入していなければ数千人近くの応募者にWeb会議ツールでの面談をセッティングしなければなりませんでした。セキュリティリスクや工数を考えるといち早くHireVueを導入していて本当に良かったと思います。面談方法に「オンデマンド面談」、応募者とのコミュニケーション方法に「動画」が加わったことで、採用プロセス各段階の目的やタイミング、シーンにあわせて適切な手段を取れるようになったこともメリットです。多角的な戦略に基づいた、より柔軟で効果的な採用活動を実現していきたいです。

担当より一言

ニューノーマルに向けた「ハイブリッド面接」の実現を支援いたします

日立システムズ 池田 徳一

近年は、オンライン面接と対面面接を組み合わせた「ハイブリッド面接」が注目されています。ニューノーマルに対応した効率的な採用プロセスの実現をご支援します。お気軽にご相談いただければと思います。

今回の取材にご協力いただいたお客さま

日立製作所
丸谷 彩子 様
古田 祐一 様

ご協力ありがとうございました。
*本内容は2021年3月時点の情報です。
本事例に記載の情報は初掲載時のものであり、閲覧される時点では変更されている可能性があることをご了承ください。

日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。